ワイルドシャウト JRA登録抹消

ワイルドシャウト 牡9  【瞬0平7消9】
父:Rahy
2010/12/1 抹消

・ダートでのデビューから2着、2着、1着。順風満帆のスタートに見えたが、その後もダートでは2着が多い馬だった。

・それでも着実に3勝を挙げ、ダート13戦で準オープンに昇格。

・しかし準オープン昇格直後、突然芝路線に転向。血統的にはダートならではの馬のようにも見えたのだが、5歳になり、降級した1000万下から突如芝1200mを4連勝でオープン勝ち。

・4連勝後の重賞挑戦2006CBC賞でも2着に入り、短距離芝重賞で主役級の活躍も期待された。しかしそのCBC賞から13ヶ月の休養に入ることに。

・13ヶ月の休養直後にも2007函館SS4着、2007キーンランドC3着など好走を繰り返すが、勝ち切るまでには至らず。

・結局先手がとれるかどうかが好走の鍵だったが、年齢とともにダッシュがつかなくなってしまった。最後に先手が取れた(逃げた)のは2006年の5歳時、準オープン勝ちのレース。オープンでは1度も逃げることができなかった。

・2006年のオープン入りまではかなり贔屓にしていた馬だったと、いま思い出した。

◎を打ったレース
2003 未勝利       1番人気 1着 単勝 1.4倍
2004 500万下     1番人気 1着 単勝 1.9倍
2006 1000万下    3番人気 1着 単勝 7.0倍
2006 1000万下    3番人気 1着 単勝 5.7倍
2006 1600万下    1番人気 1着 単勝 3.8倍
2006 CBC賞      2番人気 2着
2007 尾張S       5番人気 9着
2008 淀短距離S     6番人気 6着
2008 バーデンバーデンC 4番人気 3着

ベストパフォーマンス
2007 キーンランドC 3着
12.0-10.7-11.2-11.3-11.4-12.0
△1△1△6

 ブログ内 関連記事
 【函館スプリントS 回顧】(本命ドリパス)10.07.10
 今週の主なレースの過去成績10.01.06
 スワンS 登録馬 ラップギア適性値09.10.27


 19:35

ジャパンカップダート2010回顧 ぼくとトランセンドの深刻な相性問題

ジャパンカップダート2010回顧 ぼくとトランセンドの深刻な相性問題

阪神ダ1800m           瞬4平5消1
1着 1番人気  トランセンド    瞬3平5消0
2着 8番人気  グロリアスノア   瞬3平1消2
3着 11番人気  アドマイヤスバル  瞬1平9消2

12.5-10.7-12.7-12.0-12.1-12.3-12.0-11.8-12.8
レースレベルは、100点満点中 65点。

万全の態勢で4コーナーを回っても失速することがある馬、そんな1番人気に◎は打ちたくないとして、瞬発指数1位でも嫌ったトランセンドが勝利。いや、勝ちはしたものの、楽勝ペースで一杯一杯。同馬にしては凡走の部類に入るレースだったのではないかと思う。

でも今まで 「凡走でG1を勝てた馬は皐月賞でのアグネスタキオンだけ」 と言い張っていたのだが、もうそんなことは言えなくなってしまうのか? しかしこのトランセンドにしても、能力を出し切ったとも思えない。

2番人気5着のシルクメビウスは、こういう競馬しかできない馬の宿命。キングスエンブレムについては前走のペース経験が糧になるかと期待したのだが、逆にその流れのキツさを思い出してしまったか、勝負所からは馬が頑張ることをあきらめてしまったように見えた。

トランセンド自体は 高く評価している のだが、この馬とは本当に相性が悪い。◎を打つと惨敗、嫌ったときにばかり勝たれてしまう。確認してみると、トランセンドがダートで連対を外した3レースはすべて◎を打っていた。そういう相性の悪さを認識してしまうと、◎を打つのは躊躇してしまうね。しかも勝たれたりなんかすると余計に悔しい。

問題は、今回のG1勝率で今後ますますトランセンドが人気になるということだ。どうしよう。どうせ本命にすると来ないんだぜ、コイツ。

 ブログ内 関連記事
 ラップギア・プロスペクト 4010.02.02
 根岸S予想全文10.02.02
 レパードS回顧 脱帽のトランセンド09.08.28


 22:37

重賞を勝つような馬と未勝利で終わるような馬が一緒に走るレース

そう、それが新馬戦。

例えば競馬なんかだとよく 「新馬戦は、重賞を勝つような馬と未勝利で終わるような馬が一緒に走るんだから簡単だ」 なんて話も出るんですけどね、アレってどうなんですかね?

まぁ概数で半数ぐらいのサラブレッドは未勝利で一生を終えるワケですし、1/4ぐらいのサラは1勝しただけでその後勝てずに引退みたいな感じなので、そりゃその中に重賞を勝つような馬が混じってれば、能力がまるで違うという話も理解できないではありません。

そんじゃいっちょ岡村が検証してみましょうか。

1986年以降、芝、ダートの重賞を勝った日本馬は延べ1230頭ぐらいだとします。正確なところまでは分からないけど、大体それぐらいです。

そのうち1番人気でデビューした馬は397頭 (32.3%)
    1番人気で勝った馬は237頭 (19.6%)

おやおや? 後に重賞を勝つような馬も、意外に人気になってないし、大して勝ててもいないような。

-----

第一 「重賞を勝つような馬」 なんてデピュー前に分かるんですかね? たまに単勝1.5倍とかの馬がいたりしますけど、ひょっとしてアレがソレだったり?

■デビュー戦で単勝1.5倍以下だった馬の最終クラス
未勝利          9.1%
500万下         26.5%
1000万下または1600万下 30.6%
オープン        33.8%

調べてみると、重賞勝ちどころか6割ほどは1000万下でアタマ打ち。いや、3頭に1頭がオープンに出世しているのは、それはそれで凄いことだけど。

それに、重賞勝ち馬の8割は未勝利戦にも出走している計算になるのだから、新馬戦が簡単だと言うなら未勝利や500万下だって簡単なはずですね。そもそも 「後に重賞を勝つような馬」 の約6割はデビュー戦を勝てていないんだから、この説の信憑性は薄いと思うんですよ。

-----

オマケ
G1馬のデビュー戦列伝

・1992、1993の安田記念や1993天皇賞(秋)を勝ったヤマニンゼファーは12番人気、単勝69.1倍でのデビューだった。

・2008ジャパンカップを勝ったスクリーンヒーローは13番人気、単勝239.3倍でのデビューだった。

・1991有馬記念勝ち馬のダイユウサクはデビュー戦10番人気、単勝56.1倍で13.0秒差のタイムオーバー。2戦目も13番人気、単勝81.3倍で7.3秒負けのタイムオーバー。


 ブログ内 関連記事
 なんと動物の育成なども無償で行なっている09.10.16
 線を引くとこはできる。しかし引かないという選択肢もある。09.02.17
 100万人に1人の人材08.11.06


 04:16

シルクネクサス JRA登録抹消

シルクネクサス 牡8 【瞬5平3消3】
父:グラスワンダー
2010/12/1 抹消

・デビュー戦から芝、ダートを含め試行錯誤しながら使われていたようだが、初勝利は6戦目。しかも初戦、2戦目とまったく通用していなかった芝1600mの距離で、好時計6馬身差圧勝という内容だった。この辺りからもムラ馬の片鱗が伺える。

・3歳春にはオープン特別のベンジャミンS快勝も、大して注目はされずダービーは17番人気12着。

・そのまま賞金加算できず、4歳夏に1000万下まで降級。しかしさすがに2クラス落ちると力の違い、5戦2勝で早々にオープン馬に復帰。

・その後はオープン特別2勝も含め、AJCC3着、オールカマー2着など、随所に存在感を見せ、重賞勝ちも期待された。

・しかしそんな折、故障で2年間にも及ぶ長期休養に入ることになる。

・6歳馬が8歳になった2010年夏、2年ぶりに復帰したが6走して復活の兆しは見えず。オープン特別では別定で60kgを背負って出走していた。

◎を打ったレース
2004 500万下     1番人気 1着 単勝 3.6倍
2005 シンザン記念    7番人気10着
2007 巴賞        3番人気 1着 単勝 6.0倍
2008 アメリカJCC   5番人気 8着
2008 新潟大賞典     5番人気 4着

ベストパフォーマンス
2007 オールカマー 2着
12.6-11.5-12.4-12.3-12.2-12.6-11.8-11.8-11.3-11.4-12.6
▼5△1△12

 ブログ内 関連記事
 シンザン記念 プレイバック(本命ドリパス)10.01.08
 今週の主なレースの過去成績10.01.06
 シンザンの全レースラップ09.05.30


 19:47

不発弾多数

先週 「3連単ならではの狙い方が、分かってきた」 …なんて書いた途端、この体たらく。

ニイハオジュウクン
3連単 327.2倍。
◎(12)ニイハオジュウクン → ▲(14)ハーイスマイル → △(13)ビットプレスト

タガノジンガロ
3連単 102.4倍。
◎(15)タガノジンガロ → △(5)ディアトウシロウ → △(4)エクセルフラッグ

どちらも◎は1番人気。

ディアブラーダとかクレバートウショウとかワンズガーホッドとかレイナカスターニャとかヒットジャポットとかサリエルとかトウショウロジックとか、3番人気以下の◎の仔たちが頑張って勝ってくれたのに、うまく3連単にしてあげられなくて申し訳ないのですよ。

 ブログ内 関連記事
 先週は良かったよな気もするし、ダメだったような気もする10.11.26
 ラップギア・プロスペクト 5010.04.15
 さて木曜日か09.09.10


 08:24

メイショウレガーロ JRA登録抹消

メイショウレガーロ 牡6 【瞬7平0消0】
父:マンハッタンカフェ
2010/11/28 抹消

・2歳晩夏の札幌で未勝利勝ち。年明けには4戦4連対で京成杯2着馬となり、クラシック路線に乗った。しかし弥生賞4着で人気を落とし、皐月賞では11番人気に(5着)。

・クラシック王道路線は断念してトライアル路線に回るも、そこでも3~6着が続き、2歳時以来の3勝目は4歳夏の函館、降級した1000万下のレースだった。

・1000万下を勝つやいなや、再び函館記念と札幌記念の重賞路線に挑戦するが、その札幌記念でも5着。通用しそうな素振りは見せるのだが、勝ち負けにまではならない。

・次の活躍はさらに1年後の5歳夏。函館記念、札幌記念連続3着。そして1年骨折休養を挟んでの巴賞2着。いよいよオープン、重賞勝ちに手が届き始めた折、靭帯を断裂してしまった。

・重賞未勝利であり、重賞5着以内が8回。思えば「瞬7平0消0」の瞬発特化型の割に、良績が夏の函館と札幌に集中。平坦コースでは稀な瞬発力勝負になった時にしか全能力を発揮できなかったのが悔やまれる。

◎を打ったレース
2006 未勝利       1番人気 1着 単勝 1.7倍
2007 京成杯       1番人気 2着
2008 1600万下    2番人気 4着
2009 新潟記念      12番人気 3着

ベストパフォーマンス
2008 1600万下 1着
13.0-12.6-12.4-12.0-11.5-12.2-12.1-11.2-12.3
▼1▼9△11

 ブログ内 関連記事
 ↓追記09.09.02
 新潟記念、キーンランドC回顧 逃げ想定もすべては及ばず09.09.02
 種牡馬系がキテタ!!09.01.29


 20:45

【2歳馬データ ハーツクライ】

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【2歳馬データ ハーツクライ】(本命ドリパス)

今日は前回のディープインパクトに引き続き5位のハーツクライに関してです。
(集計は2010.11.28までの成績)

【ラップギア別成績】

瞬発戦 8-8-7-37 勝率13.3% 連対率26.7% 複勝率38.3%
平坦戦 2-6-4-10 勝率 9.1% 連対率36.4% 複勝率54.5%
消耗戦 4-0-0- 4 勝率50.0% 連対率50.0% 複勝率50.0%

明らかにディープとは違う傾向ですね。
平坦戦の勝率が悪いですが連対率や複勝率を見る限り
「瞬発戦<平坦戦&消耗戦」
という成績になっています。
ハーツクライ自身のベストパフォーマンスは国内では△1△1△4の消耗戦となったJCだったと思います。
ハナ差で2着となったのですが走破時計は2.22.1というレコードレース。
ダービー2着時も超ハイペースによるダービーレコードでしたし、この馬がGⅠ馬に登り詰めた最大の要因は底力だったと思います。
産駒にもその傾向は伝わっているということなのでしょう。
1200m以下のスプリント戦の成績が
4-2-2-4 勝率33.3% 連対率50.0% 複勝率66.7%
とかなり良い成績を収めています。
これは距離適性というよりも平坦戦消耗戦適性の高さから来るものなのでしょう。

あと、ハーツクライ産駒はコースで差があります。
場所別の成績は以下の通り。

【場所別成績】(中央4場所限定)

東京 0-3-2-17 勝率 0.0% 連対率13.6% 複勝率22.7%
中山 2-2-0- 3 勝率28.6% 連対率57.1% 複勝率57.1%
京都 1-3-5-22 勝率 3.2% 連対率12.9% 複勝率29.0%
阪神 4-2-0- 2 勝率50.0% 連対率75.0% 複勝率87.5%

凄く分かりやすい傾向で東京京都<中山阪神という結果になっています。
平坦適性の高い小回りコースというのが狙い目と言えそうです。
ちなみに先週から小倉開催がスタートしてますが夏の小倉はかなり優秀で
4-2-1-1 勝率50.0% 連対率75.0% 複勝率87.5%
という成績でした。

血統的に見るとハーツクライは自身の母父にトニービンが入っているので東京京都に相性の良いトニービンの肌馬と配合出来ないということも上記の傾向に繋がっているかもしれません。
来週の朝日FSに登録のあるリフトザウイングスは数少ない東京コース連対経験馬ですが、この馬の母父はCozzene(グレイソヴリン系)となっていてこの手のアシストが必要なのかもしれません。
というよりも東京スポーツ杯2歳Sが平坦戦になったことの方が好走に繋がった可能性もありますね。
中山へのコース替わりはプラスかも。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 勝てんよ10.10.08
 【新種牡馬ラップギア適性】(現役時代) (本命ドリパス)10.06.10
 有馬記念 プレイバック(本命ドリパス)09.12.24


 09:17

鳴尾記念2010回顧 新味を見せたルーラーシップ

鳴尾記念2010回顧

阪神芝1800m           瞬9平1消0
1着 2番人気  ルーラーシップ   瞬4平0消0
―――――――――――――――――――――――――
2着 1番人気  ヒルノダムール   瞬2平3消0

12.5-11.0-11.6-11.7-11.7-11.6-11.4-11.3-12.1
レースレベルは、100点満点中 95点。

今まで経験したことないほど速い流れを無理なく先行し、そのまま押し切ったルーラーシップが文句なしの強さ。2着ヒルノダムール、3着リルダヴァルも含めて、かなりレベルの高いレースを見せた。4着シルポートも、このペースで粘れるなら復調気配? 適性面も含め、今後を占う上で非常に興味深いレースとなった。

 ブログ内 関連記事
 【毎日杯 回顧】(本命ドリパス)10.03.30
 【アルメリア賞 回顧】(本命ドリパス)10.03.12
 【若駒S 回顧】(本命ドリパス)10.01.27


 01:23
2017年12月18日発売!!
『デジタル競馬最強の法則Vol.3』
デジタル競馬3表紙2

スマホ&フリーソフトでバカ勝ちできる!
まるごと一冊【超穴・大穴馬券】的中の法則
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール