October 2009

天皇賞(秋) 一ヶ月前見解

毎日王冠前に撮影した動画が ウマニティ で公開されているのですが、その収録に際して言いたいことをメモにしておいたので、それを公開します。自分用の走り書きなので、誤字脱字や文章的に変なところがあるかもしれませんが、そんなことはお構いなしに。

-----

・ウオッカ
東京専用と言われるほどの東京巧者、ラップタイムからもそれは明らか。心配な点は、マイルにも対応できるほどのスピード。つまりは、その副作用。2009ヴィクトリアマイルも安田記念も、速い馬に引っ張られて助かった面もある。2008毎日王冠のように、行きっぷりが良すぎて逃げる形になってしまうと不安な面も。前年の天皇賞(秋)はダイワスカーレットが引っ張ってくれたが、今年引っ張ってくれる馬はいるのか? しかしこの馬には距離の壁のようなモノがある。3歳時にダービーを勝ってしまったことでかなりカモフラージュされているが、その成績は一般に思われているよりも、ずっと顕著。1600m9戦7勝、1700m以上13戦2勝。2008天皇賞(秋)はハイペースに助けられた面もある。むしろ東京を無視してマイルCSに行ったほうがいいのかも知れないと思えるほど。

ウオッカの距離別成績
1600m      9戦【7-2-0-0】
1700〜2000m 7戦【1-2-1-3】天皇賞(秋)1着
2100m以上    6戦【1-0-1-4】日本ダービー1着
※2009.6.7現在
※毎日王冠を消化して、現在1700〜2000mは8戦【1-3-1-3】

・シンゲン
瞬発戦7連対。東京芝2000に対して適性としては問題ない。G2オールカマーでも底を見せなかったのは収穫。ホワイトマズルの産駒は「ラップギア種牡馬系」★★★★、常軌を逸して走る傾向。

・ドリームジャーニー
東京は4戦未勝利も、適性的には問題なし。サクラメガワンダーと同じで、瞬発戦で好走し、平坦戦で凡走の傾向をハッキリと出している。例年の天皇賞(秋)では忙しすぎるかも知れないが。余裕を持って追走できる流れなら瞬発力が生きる。

・サクラメガワンダー
2歳時からずっと、瞬発戦で好走し、平坦戦で凡走、また瞬発戦に戻って快勝というパターンを続けている。平坦戦は9戦連対なし。東京は6戦0勝と散々な成績だが、ラップギア適性値を見ると、近年稀に見るほどの瞬発特化型。東京で勝てなかったときは東京でなくともどこでも勝てなかったと思われ、自分としてもこの馬に東京競馬場で印を入れたことは今まで1度もない。

・マツリダゴッホ
世間的には中山専用と言われているが、昨年のJCでは差のない4着。しかも直線早々に先頭に立ったにも関わらず、ウオッカの差しを凌ぎ、最後まで互角の叩き合いを見せていた。つまり、この馬の好走には距離とペースも鍵になるのではないかと。この馬がオープンに上がって以降、中山で走ったレースはすべて2200m以上。中山以外でのレースは香港でのレースも含めて6戦あり、実はこれがすべて2000mだったりする。2000m天皇賞(秋)では用なし、2400mジャパンカップなら東京コースでも有力。

・キャプテントゥーレ
1988年皐月賞と1990年天皇賞(秋)を勝ったヤエノムテキのパターン? ヤエノムテキの皐月賞は東京競馬場だったが、ラップギアを通した流れは今年の皐月賞も同じ。ただ、能力的に足りるか?

・スクリーンヒーロー
年明けには阪神大賞典〜天皇賞(春)を連勝する馬だと思っていたのだが、この春は案外な結果に。平坦志向の強い春のG1では期待していたのだが、瞬発力勝負の続く秋のG1では全般的に狙いを下げる。

・アサクサキングス
2000mでも、2008産経大阪杯でダイワスカーレット、エイシンデピュティと僅差の競馬。先行馬なので分かりにくいが、瞬発力は相当なものがある。昨年の天皇賞(秋)は流れに乗れず8着だったが、それよりもペースが緩み、うまく先行できれば。


 14:37

瞬発指数1位馬2009年10月までの成績

2398戦【485−343−248−1322】
勝率20.2% 連対率34.5% 複勝率44.9% 単勝回収率89%
という成績でした。まだイマイチかな…。勝率は目標をクリア(2番人気の勝率=約19%)をクリアしているものの、回収率がなかなか上がってこない。◎の成績はそれを絞り込んだ形になる(ことが多い)ので、勝率21.6%、単勝回収率91%といったところ。あれ? あんま変わんない?

でもね、これは未勝利戦の影響が大きいんですよ。提供全レースで未勝利戦の占める割合が約41%。未勝利戦というのは、勝率は高いものの、回収率が上がらないモンなんです。なぜって、同じ荒れるにしても未勝利戦の荒れ方と1勝以上クラスでの荒れ方はまったく違うから。

1勝以上クラスでの波乱は指数的な予兆が見えるのに対し、未勝利クラスでの波乱の多くは指数的な予兆が無いことが多い。激走理由を探せば 「今回は調教が良かった」 とか 「今までは体調が整わなかった」 とかあるのかも知れないけど、何せ 「レースを対象とした指数」 にはまったく関係のない話。つまり指数予想は未勝利戦の波乱には対応しにくいはずなんです。だから未勝利戦では的中率ばかりが上がって回収率が上がってこない。

未勝利戦の◎成績   勝率24.1% 単勝回収率85%
未勝利戦以外の◎成績 勝率19.9% 単勝回収率96%

あとは未勝利戦以外の成績から、いつも言ってる 「1番人気の多くは過剰人気、1番人気を買っはダメ」 という意見を実行し、1番人気だった馬の成績を除くと…

1番人気の成績   勝率35.8% 単勝回収率 81%
1番人気以外の成績 勝率13.5% 単勝回収率103%

うーん、まぁ…こんなもんですかね。欲を言えばこの時点で105%ぐらいは欲しいところではありますが…もっと精進します。もう木曜なので、とりあえず今日から!


 17:47

天皇賞(秋) 登録馬 ラップギア適性値

天皇賞(秋) 登録馬 ラップギア適性値 不完全版

東京芝2000m   【瞬9平1消0】
アサクサキングス   【瞬 平 消 】
アドマイヤフジ    【瞬2平6消0】
ウォータクティクス  【瞬2平2消2】
ウオッカ       【瞬 平 消 】
エアシェイディ    【瞬11平4消1】
エイシンデピュティ  【瞬3平9消1】
オウケンブルースリ  【瞬 平 消 】
オフィサー      【瞬1平4消5】
カンパニー      【瞬 平 消 】
ガブリン       【瞬2平3消3】
キャプテントゥーレ  【瞬 平 消 】
コスモバルク     【瞬3平5消0】
サクラオリオン    【瞬3平5消1】
サクラメガワンダー  【瞬 平 消 】
サンライズマックス  【瞬3平4消0】
シンゲン       【瞬 平 消 】
スクリーンヒーロー  【瞬4平6消0】
スマートギア     【瞬 平 消 】
スマイルジャック   【瞬5平2消0】
ソルジャーズソング  【瞬1平4消3】
ダンスアジョイ    【瞬5平2消1】
トーセンジョーダン  【瞬3平1消0】
トーホウアラン    【瞬3平3消0】
トウショウウェイヴ  【瞬5平3消0】
トウショウシロッコ  【瞬6平4消0】
ドリームジャーニー  【瞬 平 消 】
ナムラクレセント   【瞬 平 消 】
ハイアーゲーム    【瞬6平0消0】
ホッコーパドゥシャ  【瞬8平7消0】
マイネルスターリー  【瞬4平3消0】
マツリダゴッホ    【瞬 平 消 】
ヤマニンキングリー  【瞬4平5消0】
ワールドハンター   【瞬1平5消4】


 16:15

スワンS 登録馬 ラップギア適性値

スワンS 登録馬 ラップギア適性値 不完全版

京都芝1400m外  【瞬2平6消2】
アーリーロブスト   【瞬 平 消 】
アップドラフト    【瞬3平5消2】
アドバンスウェイ   【瞬3平1消1】
エイシンタイガー   【瞬2平2消2】
オースミダイドウ   【瞬2平2消0】
キンシャサノキセキ  【瞬 平 消 】
クラウンプリンセス  【瞬 平 消 】
グラスキング     【瞬1平3消1】
ゲットフルマークス  【瞬1平0消1】
コスモベル      【瞬1平4消4】
ショウナンカザン   【瞬 平 消 】
ジョリーダンス    【瞬 平 消 】
スズカコーズウェイ  【瞬 平 消 】
スピードタッチ    【瞬5平2消1】
タマモホットプレイ  【瞬2平4消3】
ダイワマックワン   【瞬0平7消3】
トーホウドルチェ   【瞬0平5消2】
トウショウカレッジ  【瞬 平 消 】
ドラゴンウェルズ   【瞬 平 消 】
トレノジュビリー   【瞬 平 消 】
ナスノストローク   【瞬2平7消0】
ハギノトリオンフォ  【瞬0平3消6】
ファイングレイン   【瞬 平 消 】
フィフスペトル    【瞬 平 消 】
ブラックバースピン  【瞬5平1消2】
プレミアムボックス  【瞬0平4消3】
ヘイローフジ     【瞬2平3消2】
ホッカイカンティ   【瞬4平1消0】
ボストンオー     【瞬0平4消5】
マイネルレーニア   【瞬 平 消 】
マルカフェニックス  【瞬 平 消 】
メイショウトッパー  【瞬0平3消3】
メリッサ       【瞬3平4消3】
モルトグランデ    【瞬2平5消3】
ユウキタイティ    【瞬2平9消1】
ラインブラッド    【瞬1平1消1】
レジネッタ      【瞬 平 消 】
ワイルドシャウト   【瞬0平7消9】
ワンダーポデリオ   【瞬0平6消2】


 16:12

ラップギア・プロスペクト 26


土曜東京02R   東京芝1600m  瞬8平2消0
1番人気2着 (3) ウォンビーロング  瞬1平1消0
9番人気1着 (18) ラインジェシカ   瞬0平0消0 単勝29.8倍
ラインジェシカ
土曜日は単勝9番人気の瞬発指数首位馬快勝で、ホクホクのスタート。でもこのラインジェシカ、確定オッズは単勝29倍だけど、締切3分前までは単勝42倍ぐらいだったんだよね…。そしてそのあと、なかなか大きめの配当に恵まれず…


土曜京都11R   京都ダ1200m  瞬0平2消8
1番人気1着 (2) ダイワディライト  瞬0平6消4
11番人気2着 (1) サンエムパーム   瞬0平1消6 単勝63.6倍
サンエムパーム
やっと来たと思った単勝63.6倍のサンエムパームが最後まで粘ったのに、1番人気のダイワディライトに内からスルスルと来られて2着に惜敗。まぁ今日は土曜だし、これぐらいで勘弁してやるか。


日曜福島05R   福島ダ1150m  瞬0平1消9
1番人気2着 (10) イルドロール    瞬0平1消0
8番人気3着 (15) シルキーキュート  瞬0平0消2 単勝29.6倍
シルキーキュート
しかし日曜、この単勝29倍シルキーキュート3着から始まって、


日曜福島06R   福島芝2000m  瞬2平6消2
1番人気1着 (10) サクラデジタル   瞬1平0消0
9番人気2着 (8) タガノバッチグー  瞬0平1消1 単勝25.6倍
タガノバッチグー
単勝25倍のタガノバッチグー2着、


日曜福島08R   福島芝1200m  瞬0平2消8
1番人気7着 (2) サクライダテン   瞬1平4消2
13番人気2着 (8) ウスイ       瞬1平1消3 単勝77.4倍
ウスイ
単勝77倍のウスイも2着と、あと一歩が届かない!! 単勝25倍は許せるけど、単勝77倍での2着は許せない。


日曜京都08R   京都芝1400m内 瞬1平6消3
1番人気11着 (15) ファイティングピサ 瞬0平0消1
7番人気1着 (5) コスモセンサー   瞬1平0消0 単勝 25.8倍
13番人気2着 (2) フェブスカイ    瞬0平1消0 単勝199.8倍
フェブスカイ
そして極めつけは、この2歳500万下特別、かえで賞。単勝199倍のフェブスカイが差してきてゴール直前で抜け出すも、ゴール5mほど前でさらに後ろのコスモセンサーに交わされ…また2着!!

まぁ、勝ったコスモセンサーは瞬発指数1位馬で単勝25.8倍、こっちも持っていたのでトータルの補てんぐらいはできたのだが、ぜんっぜん嬉しくない。相手が単勝199倍だけにショックのほうが遥かにデカい。

結局、日曜もこの京都8Rで店じまい。実は日曜惜しかった4レース、全部瞬発指数1位馬が勝ってるんだよね。強いと評価した馬が勝つのは喜ぶべきことなのだが、神様とか、もうちょっと TPO (Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)) をワキマエてくれないとねー。人間って欲深きモノだからさー。この土日はストレスばかりだったよ。

※金額は一律で100円とします。


 05:59

誤差の範囲?

■芝、ダート重賞、年度別1番人気の成績

年度  1着 2着 3着 4下 合計 勝率
----------------------------------
2009年 27 20  6 44  97 27.8%
2008年 30 32 17 42 121 24.8%
2007年 32 19 13 57 121 26.4%
2006年 33 17 15 56 121 27.3%
2005年 48 14 16 40 118 40.7%
2004年 39 23 11 45 118 33.1%
2003年 38 22 11 47 118 32.2%
2002年 40 12 16 50 118 33.9%
2001年 34 23 16 45 118 28.8%
2000年 39 21 13 44 117 33.3%
----------------------------------
全成績 360 203 134 470 1167 30.8%
※2009年は、10月18日現在。

なんかここ数年、重賞の1番人気って勝率が低いような気がする。ちなみに一般的な1番人気の勝率は33%前後。勝率40%の年もあるので、これでも誤差の範囲内か? しかしさすがに4年続くと考えてしまうね。


 01:24

今日もあしたも仕事がない

よく 「競馬で勝つにはレース数を絞ることが重要」 みたいなことを言われていますけど、たとえば全レース予想して買えるのが1レースだけだったりすることが続くと、競馬がつまんなくなるんですよね。

加えて、遊びならそれで良いのかも知れませんが、馬券で生活することを考えた場合、 「買えるレースが少ない」 というのは、それ自体が致命的なんです。日雇い労働なんかで例えると 「今日もあしたも仕事がない」 という状態なワケで。

だから自分の場合、できるだけ精度を落とさず簡略化して予想数を増やし、買えるレースをできるだけ増やす必要に迫られました。1レースに何時間もかけていられない、そうして練り上げられた簡略化の方法が、ラップギアだったというワケです。


 13:22

菊花賞前の悩みどころ

8戦7連対なのに 「ムラのある馬」 と定義付けられている不思議ちゃん、リーチザクラウン。近3走も2番人気、5番人気、3番人気と実績の割に人気がない。ただ、実際に8戦7連対の成績が示すほど安定した能力で走っているワケではなく、2着に敗れるときは着順以上に大きく離されて負けている(4馬身、4馬身、2馬身)。

自分には「掛かりグセのある馬は(どれだけ人気になっても)古馬になってからはほとんど通用しない」という持論があるのだが、もうほとんど古馬戦の時期、3000mの長丁場である菊花賞はそれに該当するのではないかという不安。

とは言え、リーチザクラウンが実際に暴走気味のラップで逃げたのは 「12.6-11.0-12.3-12.2-11.8-12.0-12.3-12.3-12.3-12.9」 のラジオNIKKEI杯2歳Sだけだし、ちょっとでも掛かったような仕草を見せたのも、8戦して皐月賞の1レースだけ。

ダービー馬・ロジユニヴァースが不在、皐月賞馬のアンライバルドはマイラーではないかと思っている現状、能力的にはおそらく随一。リーチザクラウンの存在だけが唯一無二の悩みどころ。リーチザクラウン自身にとっても、ここは今後の競走馬生活を決定させる重要な一戦だ。


 13:22

ラップギア・プロスペクト 25

何かこういう続きモノって、一度休んじゃうと再開するのが億劫になりますね。がんばれ。…とは言え、対象8R、24頭で的中1。デイリー杯と秋華賞はダメでした。でもこのリッターヴォルトもそうだけど、近走適性違いのところで負けて人気を落としている馬は狙い目かと。


日曜京都08R   京都芝1200m  瞬0平3消7
1番人気2着 (13) セトノアンテウス  瞬1平5消3
12番人気1着 (10) リッターヴォルト  瞬0平1消6 単勝53.2倍
リッターヴォルト



 23:50

そして希望はここにある

悔恨の秋華賞 から364日。方法論はある。今年はこの1098万馬券に挑戦する。

2008秋華賞 京都芝2000m 瞬4平6消0
11番人気1着 ブラックエンブレム 瞬1平2消0
8番人気2着 ムードインディゴ  瞬1平1消1
16番人気3着 プロヴィナージュ  瞬1平2消0
13番人気4着 ブライティアパルス 瞬1平2消1
3連単1098万2020円



 14:43

なぜ競馬予想はこんなにも楽しいのか

人は不幸が怖いのではなく 、 不安が怖いのだ。
人は幸福が嬉しいのではなく、希望が嬉しいのだ。

不幸とは不安の到達点。
幸福とは希望の到達点。

幸福になればなったで、到達してしまえば数日で慣れてしまう。
不幸になればなったで、到達してしまえば数日で慣れてしまう。

不幸になってからではなく、不幸になるまでの過程、不安のほうが遥かに大きく重い。
幸福になってからではなく、幸福になるまでの過程、希望のほうが遥かに満ち足りている。

すなわち、過去や現在ではなく、真に重要なのは未来。その一点だけである。

競馬予想は楽しい。なぜって、ハズレることなんて微塵も考えない。
レースの前は、つねに希望に満ちあふれているのだから。


 22:57

なんと動物の育成なども無償で行なっている

Q:

こういうことをやっている人を見ていつも思うのですが、本当に儲かってるのならわざわざ理論や予想を公開したりしないのでは?何か騙しがあるような気がします。

A:

たとえば、あなたは何か趣味をお持ちですか?

なになに? 週末にゴルフを楽しんでいる?
…それってカネになるんですか?

なになに? ペットとして犬を飼っている?
…それってカネになるんですか?

なになに? 牛乳ビンのフタを収集している?
…それってカネになるんですか?

利益の追究だけではなく、実益の伴わない行動も取ってしまう、人間なんて多分にそんなモノでしょう。

動物

2007年夏の話ですが、私は1995年辺りから10年以上もひとりでラップギア的なモノ使用してきました。要請があれば公開してもいいかなと考えていた頃、需要があるなら供給したいと思う気持ち。それを考慮してもなお、私の行動が奇異に映りますか? 利益を永久に独占したいとか、そんな狭量な人間ばかりじゃないでしょう。

ラップギアの計算式は 「競馬 最強の法則」 や 「単行本ラップギア」 、それに WEB上 でも公開していますので、2〜3時間あれば誰でもラップギアが有用なものかどうかを検証できるはず。その計算式を見て、検証を終えてもラップギアがデタラメとか騙しだと思うなら、それはあなたが本質的に競馬を理解していないということだと思いますよ。


 04:45

打率の話

なにやら唐突に野球の話なんだけど、現在日本プロ野球の規定打席が446 (2007年〜) 、四死球や犠打が50ぐらいあるとして396打数。396打数で打率を割り出すと、打率.227の打者は年間90安打。打率.353の打者は年間140安打という計算になる。

見てるほうのイメージとしては、.227の打者はヒット打つトコなんて見たことないような感覚だし、.353の打者はほとんどいつもヒットを打っているよう感覚。でも、それでもヒットの数にすると年間で50本しか違わない。

そこまで極端な例にしなくても、396打数なら打率.328の打者 (首位打者クラス) は年間130安打であり、打率.252の打者 (レギュラーが危ういクラス) は年間100安打。年間100本ヒットを打ってる状態から、もう20本とか30本を上乗せできるかどうかが一流と二流の差ってことか。うーん、かなりシビアだね。


 22:48

スプリンターズS回顧 ゆとりじゃなかったローレルゲレイロ

競馬最強の法則WEB ラップギア スプリンターズS 予想より、一部抜粋
競馬最強の法則WEBラップギアラップギア

------

〜前略

参考URL
ラップギア☆ブログ スプリンターズS回顧 ゆとり世代
http://blog.livedoor.jp/lapgear/archives/422816.html

逃げ馬が32秒台で飛ばすスプリントG1なんて、もはや昔の話であり、今は「500万下クラスの平均」とほぼ同等のペースになってしまうレース。現在のG1級快速馬が本気で逃げれば31秒台も出る計算になると思うのだが、鞍上が他馬の末脚を恐れてそれをやらないのだ。今年も(13)ローレルゲレイロが逃げるようなら、前半3ハロンは33秒台の後半だろう。ちなみにそれは芝1200mの未勝利戦と同程度のペースだったりする。

条件級の瞬発馬や平坦馬ならそのペースで消耗して加速力を失ってしまうのだが、重賞クラス、G1クラスの加速型はその程度のペースではまったく消耗しない。つまりセントウルSと同じく前半3ハロンが33秒台の後半という想定なら、それを苦もなくこなした加速型(2)アルティマトゥーレの優位は動かないということになる。

(2)アルティマトゥーレの想定限界ペースは、現在のところ前半3ハロン33秒7辺り。それ以上の速度で追走すれば末脚を失くしてしまう可能性が高く、33秒9ぐらいで行けたとしても、他馬が32秒台で行けば射程圏外からの差しになると思われる。ところが(13)ローレルゲレイロは2009高松宮記念では(出来過ぎの)33秒1で逃げたものの、恐らく鞍上の意図としては33秒8〜34秒3ぐらいのペースにしたいはず。これは現在の(2)アルティマトゥーレにとっては「楽すぎるペース」としか考えられないのだ。

〜後略

-----

回顧。

◎アルティマトゥーレ自身が好スタートを切って突付いたこともあって、ローレルゲレイロが、かつてないペース(前半3ハロン32秒9)で逃げることになり、◎アルティマトゥーレは想定した「限界ペース33秒7」を遥かに超える推定33秒1での2〜3番手追走。完全に末脚を失くしてしまうことに。

勝ったローレルゲレイロも、ハナ差2着のビービーガルダンも、「想定限界ペース」という意味ではアルティマトゥーレよりも遥かに耐性があると思われた馬。ただ、このレースの前半3ハロンが32秒9なんて、どう考えても想定できなかった。

中山の芝1200mは下り坂からのスタートだからペースが上がりやすいという話も何度も聞いたのだが、それでも上記 参考URLの通り

■スプリンターズSの前半3ハロンタイムと勝ち馬
2008年 33秒6 スリープレスナイト
2007年 33秒1 アストンマーチャン
2006年 32秒8 テイクオーバーター
2005年 32秒9 サイレントウィット
2004年 33秒6 カルストンライトオ
2003年 33秒3 デュランダル
2002年 33秒7 ビリーヴ

近年この有様だったのだから。

予想時の想定ペース33秒8〜34秒3、特に34秒3の部分は確かにローレルゲレイロを甘く見すぎかも知れないが、…いやこれは完全に甘く見すぎだな。34秒3はナイわ。しかしそれでも33秒5〜34秒0だなぁ。アルティマトゥーレがそれを2〜3番手で追走するとして、33秒7〜34秒2。同馬の想定限界ペース33秒7を切ることはないという結論に変わりはなかったと思う。

ローレルゲレイロさん、33秒1で逃げた高松宮記念と言い、なんでG1だけそんなに張り切って逃げるの? もしかして鞍上は狙ってやってんの?


 00:19

そりゃそういう仕事だけど。

民主党 (たみ ぬしとう・仮名) は新進気鋭の競馬コメンテーター(解説者)。

「○○騎手はヘタクソ!」 「俺ならこう乗るね!」 みたいな威勢の良い発言で支持を得て、それじゃーお前やってみろってことで、今回 騎手を任されることになった。騎乗経験がないわけではないのだが、今までずっと騎乗批判することが仕事であったのに対し、今度はその批判内容を実現する能力を求められることになってしまう。

しかも、今までの 自民騎手(じたみ きしゅ・仮名)のように、悠長に構えてはいられない。遅くとも次回の総選挙までに結果を出さなければ、ほとんどの支持者は離れていくだろう。それ以前、来年夏の参議院選挙までにはタイトルの1つや2つは取らないと。さてどうしようなんて考えているヒマもない。常に有言実行が求められ、不言実行では実行の許可すらもらえない立場。心中察するに余りある。


 23:47

↓追記

お気遣いありがとうございます。書き忘れてたけど、そりゃまぁこんなご時勢ですしー?土曜の時点で検査はしてきましたよ。ウワサの新型インフルじゃなかったので、その点はご安心を。→関係者諸氏


 10:30

復帰

せっかくのG1開幕週だったのに、先々週から公私共に忙しく、それがひと段落ついたと思ったら、今度は体調崩して週末から寝込んでしまいました。いま思うとスプリンターズSの予想文なんかはほとんど意識がなかったのによく書けたものだな…と。ハズレてるけど。まぁ、やっと回復してきたので、またボチボチと頑張りますわ。

 00:17
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
アクセスランキング
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール