April 2010

【新潟瞬発コース攻略】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【新潟瞬発コース攻略】

今週から新潟開催がはじまります。
新潟コース、東京コースと瞬発コースでのレースが多くなります。
ラップギアを利用して予想する際、結構困るのが瞬発コースではないかと思われます。
単純にコース適性に合う馬が多いからです。

こちらで課金して瞬発指数が分かる人はラップギア適性+瞬発指数で瞬発コースの攻略はある程度出来ると思われますが、そうでない人は「こっからどう絞り込むの?」と思ってしまうに違いありません。
『ラップギア種牡馬系』を使って血統で絞り込むのも手の一つでしょう。
あとは以前に私が書いた『騎手編』を使ってもいいかもしれません。
但し、騎手というファクターはかなり多くの人が予想の中に組み込んでいるもので「トップジョッキー=人気馬」という方程式が出来上がっているので馬券的な旨味はあまりありません。
そこで今日は新潟コースでそれ以外の偏りのあるファクターをいくつか紹介します。
全て以下の通りにあてはまる訳ではないですが迷った際の活路の一つぐらいで使って頂ければと思います。
(検索条件 : 新潟芝コース、瞬発戦、1000mコースは除く、05.04.30〜09.9.27)

【枠番】

1枠  39-38-51-666 勝率4.9% 連対率 9.7% 複勝率16.1%
2枠  36-59-40-704 勝率4.3% 連対率11.3% 複勝率16.1%
3枠  57-56-56-708 勝率6.5% 連対率12.9% 複勝率19.3%
4枠  61-63-57-746 勝率6.6% 連対率13.4% 複勝率19.5%
5枠  72-79-64-734 勝率7.6% 連対率15.9% 複勝率22.7%
6枠  62-62-91-756 勝率6.4% 連対率12.8% 複勝率22.1%
7枠  84-86-72-921 勝率7.2% 連対率14.6% 複勝率20.8%
8枠 100-69-80-948 勝率8.4% 連対率14.1% 複勝率20.8%

内枠は不利という傾向になっています。
この辺りが東京コースとはイメージを変えないといけないでしょう。
これの最大の要因は3〜4コーナーのRのきつさにあると思われます。
内枠で窮屈になるのでスムーズなレースが困難になるということでしょう。

【調教師】

関東馬 341-378-370-4877 勝率5.7% 連対率12.1% 複勝率18.3% 単回収値62円
関西馬 170-134-141-1279 勝率9.9% 連対率17.6% 複勝率25.8% 単回収値77円

関東馬の方が出走頭数は圧倒的に多いのですが成績では関西馬の方が優秀です。
単回収値も関西馬の方が高いので上位人気の関西馬だけが結果を残しているのではなさそうです。
その関西馬でも注目の厩舎は音無厩舎です。

12-4-6-21 勝率27.9% 連対率37.2% 複勝率51.2% 単回収値103円

と抜群の成績を残しています。

【血統(母父)】

種牡馬ではなく母父の血統でやや偏りがあります。

ヘクタープロテクター 10-11-7-58 勝率11.6% 連対率24.4% 複勝率32.6% 単回収値105円
ジェイドロバリー   10- 3-3-48 勝率15.6% 連対率20.3% 複勝率25.0% 単回収値202円
サツカーボーイ     7- 6-3-46 勝率11.3% 連対率21.0% 複勝率25.8% 単回収値274円
Woodman        7- 2-5-54 勝率10.3% 連対率13.2% 複勝率20.6% 単回収値138円

何故かミスプロ系が多いですね。
王道ではやはりトニービンの成績がいいです。

(本命ドリパス)


 10:12

ラップギア・プロスペクト 52


土曜京都10R   京都芝1200m  瞬0平3消7
1番人気4着 (12) ファリダット    瞬1平4消0
8番人気1着 (8) サンダルフォン   瞬0平2消6 単勝12.1倍
サンダルフォン
ファリダットは瞬発想定のレースに出ても、消耗想定のレースに出ても、常に人気。しかし先週目ぼしい的中はこれだけだった。福島中央テレビ杯単勝104倍ボストンカラーズの2着とか惜しいところはあるけれど、かなり凹まされてしまった。年に何度かは必ずこういう時期があるのでそんな気にしてはいないが、特に福島なんかは こういうのが影響してたっぽい。春季一番の稼ぎどころが期待はずれに終わったのは残念だ。


 23:16

【アンタレスS 回顧】(本命ドリパス)

【アンタレスS 回顧】

2010年4月25日

今年のアンタレスSには注目の馬が3頭参戦してきました。
どの馬もG鞠呂箸覆覯椎柔を秘めた馬達で注目の一戦となりました。

1番人気には前走アルデバランSをレコード勝ちしたトランセンド
2番人気には同レース2着のフサイチセブン
3番人気にはJCD2着馬のシルクメビウス
注目の馬はこの3頭。

12.0-10.8-12.2-12.3-12.7-12.6-12.6-12.2-12.3=1.49.7
(35.0-37.6-37.1) ±0▼4△1 平坦戦

逃げ馬らしい逃げ馬はラッシュストリートぐらいでそれほど速くはならないだろうと思っていたレースですが...。
スタートしてラッシュストリートがハナに立ちます。
しかし、芝レースから参戦してきたドリームサンデーが果敢に前に行くとフサイチピージェイも前へ前へ進みます。

その結果テンの3Fは35.0秒でかなり速い。
重馬場の昨年を除くと近年の平均は36秒程度なので1秒近く速くなります。
トランセンドは先頭からあまりさのない(3〜4馬身差ぐらい?)5番手、フサイチセブンはトランセンドの2馬身ほど後方の6番手、スタートで出遅れ気味だったシルクメビウスはほぼ最後方のポジション。

向正面に入ってもペースは落ちなかったが3コーナー手前の上り坂でようやく12.7秒とペースが落ちる。
3コーナーの下り坂に入ったところで逃げていたラッシュストリートの脚がばったり止まり後退していく。
替わってドリームサンデーが先頭に立つがペースを上げずに4コーナーを回ります。
ドリームサンデーが直線で▼4の加速で逃げ切りを図るが前半使った脚の代償は大きく最後の最後でばったり止まります。
それは追走していたトランセンドにも同様のことが言えたのか直線の加速にも付いて行けません。
(もしくは4コーナーでフサイチセブンに差し込まれたことで走る気がなくなったという可能性もあるか)
フサイチセブンがトランセンドを抜いて先頭に立とうとするがその外から4番人気ダイシンオレンジが猛追してきます。
残り200m付近でフサイチセブンに並ぶ間もなくあっさり交わすとそのままの勢いでゴール。
最後方待機から直線一気のナニハトモアレが最後フサイチセブンを交わしての2着、フサイチセブンは3着という結果でした。

勝ったダイシンオレンジはこれで京都ダート戦4-2-1-0という成績。
コース相性と馬の能力ということももちろんありますが展開の利と直線で人気2頭が目標になる位置にいたという運もあったと思われます。
大抵アンタレスS組は次走東海Sに出走するケースが多いですが今年は中京ではなく京都で行われます。
なので京都コースに相性のいいこの馬は引き続き有力候補となりますが若干異なるのは距離が1900mと100m延びること。
この100mがどう影響しますか。

2着のナニハトモアレは脚質を後方にして脚を溜める戦法に変えてこれで3戦連続連対中。
もちろんスローで泣くケースが出てくるとは思いますが今後注目の一頭でしょう。

3着のフサイチセブンは早めにトランセンドを捕まえに行っての着順でさほど悲観する内容ではないと思います。
馬主変更などレース以外の事でごたごたしたのが影響したかもしれませんね。
まだまだこれからでしょう。

案外だったのは8着のトランセンド。
トランセンドの父はワイルドラッシュでダートの瞬発馬を多く輩出しているという印象です。
トランセンドは重馬場や稍重でレコード勝ちしているように湿った馬場で時計の速くなるレースの方がベターなのかもしれません。
前半の速いペースに飲み込まれたというのも敗因かもしれませんが、それでいて前のドリームサンデーをクビ差しか交わせていないというのもどうかという感じです。
ダート戦では1着か着外のどちらかという結果なので好走適性の幅は狭く負ける時はあっさりという馬の可能性もありますね。

東海Sではこの着順が展開次第で馬場次第でどうなるかと考えるのも楽しいかもしれません。
ちなみにラップギアのコース適性は
ダート1800m 瞬3 平6 消1
ダート1900m 瞬4 平5 消1
で今回よりも瞬発力がやや問われることになるのかも。

1着 ダイシンオレンジ 瞬4 平3 消0
2着 ナニハトモアレ  瞬1 平4 消0
3着 フサイチセブン  瞬2 平4 消0

(本命ドリパス)



 23:28

【マイラーズC 回顧】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【マイラーズC 回顧】

2010年4月17日

レース間隔は若干空きますが安田記念に向けてという点では重要なレースの一つ。
G鞠3頭、2着馬4頭とまずまずのメンバーが揃いました。

1番人気には前走六甲Sで復活の勝利を挙げたスマイルジャック
2番人気には昨年のこのレースの勝ち馬スーパーホーネット
3番人気にはここが正念場のリーチザクラウン
4番人気には有馬記念以来のセイウンワンダー
など単勝10倍以下の馬が6頭もいる混戦のレースとなりました。

12.5-10.9-11.4-12.0-11.8-11.3-11.1-11.9=1.32.9
(34.8-23.8-34.3) ▼5▼2△8 瞬発戦

逃げたのは大方の予想通りシルポート。
リーチザクラウンとの兼ね合いがどうかと思われましたが武豊Jの故障ため乗り替わった安藤Jに逃げる様子はありませんでした。
シルポートの逃げはテンの3F34.8秒とまずまず速い。
(外回りになってからは最速)
東京新聞杯からポジションを中団にシフトしたスマイルジャックは今回も6番手の中団。
スーパーホーネットはスマイルジャックの外側に並んだ位置。
リーチザクラウンは中団からレースをするつもりだったのかソロっとスタートしましたが大外枠で前に壁を作れず引っ掛かり気味に3番手まで上がって行きます。
セイウンワンダーとトライアンフマーチは後方待機策、キャプテントゥーレは4番手といういつもの位置取り。

中盤の2Fは23.8秒とここで緩みを作ります。
ほとんどの馬も動くことはせずじっと脚を溜めるといった感じ。
残り600〜700mになった辺りで後方の馬は動き始めますが先行グループは直線まで待ちます。
直線入って一気のスパートで▼5▼2という加速。
テンで脚を使っている分大きな加速ではなかったがそれでもこの加速に対応出来なかった馬はアウト。
スマイルジャックなど外を回している馬達はイマイチ伸びて来ません。
伸び脚が目立ったのは最内から追い込んできたトライアンフマーチ。
しかし、ラスト200m付近で脚が鈍る。
その外から先頭に踊り出たのはリーチザクラウン。
2頭の間をキャプテントゥーレが割って入ってくるが脚色もそれほどではありません。
結局最後まで脚が止まらなかったリーチザクラウンがきさらぎ賞以来の勝利。

今年は走破時計が1.32.9と速かったこともあり安田記念でも十分通用するレース内容になったと思います。
昨年のスローからの上がり勝負、一昨年の中盤速い平坦戦とはちょっと違いますね。

勝利したリーチザクラウンはもうここで勝たないと後がないというぐらいの状況でしたが最後に踏みとどまりました。
元々大跳びの馬なので小回り向きではなく広いコース向きの馬。
中長距離でも活躍できる馬だと思うのですが気性の悪さが邪魔をして距離を短くするしか手が無い状況でした(武豊Jもそういう意味で「距離が長い」とコメントしてたのだと思います)
となると残された道は阪神か東京か京都のマイル戦。
今回は見事それがハマッテの快勝で安田記念でも活躍可能だと思います。

2着のトライアンフマーチは最後脚が止まった印象であまり長くは使えないのかもしれません。
安田記念の好走条件は「直線だけのレース内容になってくれれば」でしょうか。
どちらかといえば3コーナーの下り坂+直線平坦のマイルCSの方が向いている馬かもしれません。

3着のキャプテントゥーレも善戦はしていますが安田記念ではどうかなと思います。
それほど瞬発力がある馬でもなく、かといって底力もそれほどある馬でもなく。
出来るだけスローで流れて前有利の展開から好走する、いわゆる先行チョイ差しタイプの馬だと思われます。
(展開的には)朝日CCのような2000mの方が向いている可能性もありますね。

以外では4着のセイウンワンダーは見直しが必要でしょう。
休養明けで一気の距離短縮でしたが上がり2位をマークしています。
直線入って外に出そうとしましたがスマートギアに寄られて進路を内に変更するというちょっとしたロスがあったのでスムーズに運べたら2着3着は十分考えられました。
3歳以降1勝も挙げていないのでソロソロ勝利が欲しいですね。

1着 リーチザクラウン  瞬6 平0 消1
2着 トライアンフマーチ 瞬5 平1 消0
3着 キャプテントゥーレ 瞬4 平0 消0

(本命ドリパス)



 11:38

ラップギア・プロスペクト 51


日曜阪神09R   阪神ダ1400m  瞬1平4消5
1番人気5着 (5) ワールドワイド   瞬3平1消2
7番人気1着 (4) メイショウセンゴク 瞬0平4消4 単勝26.9倍
メイショウセンゴク



日曜福島11R   福島ダ1700m  瞬1平5消4
1番人気2着 (15) エーシンビートロン 瞬2平1消2
6番人気1着 (10) バロンビスティー  瞬0平4消0 単勝20.9倍
バロンビスティー



 14:46

競馬予想グランプリ

私事にて恐縮ですが、このたび今週土曜日(4/17)より、競馬予想グランプリ さんのほうでも継続的に予想情報を提供させて頂くことになりました。

これで岡村が予想を提供するメディアは
サンケイスポーツ   1997年〜
ウマニティ      2006年〜
競馬最強の法則WEB 2008年〜
競馬予想グランプリ  2010年〜
の4つになります。

…やだ、まるで売れっ子の人みたい。ラップギアの威力すげー。

でもまぁ、これだけ長く続けられてるということは、それなりには評価はされてるのかなー。100万馬券的中!とか回収率800%!みたいなキャッチーなコピーはナイのだけど。あー、あとね、現場とかほぼ行ったことないから、裏情報とかイッコもないっすよ。そういうのは期待されても困るっす。ぜんぶ自分の頭の中。そこから始まり、そこで終わり。

サンスポに関しては競馬予想ソフトの買い目を集計して、それに対してあーだこーだ言う記事なので別ですが、他の3つに関してはすべて同じ予想であり、同じ指数 (ラップギア等)、同じ印です。異なるのは提供レースやレースの数とかですかね。なんで絞ってるかってーと、正直なところ重賞以外のレースは公開したくないんですよ。指数やデータにしても、自分のために出すデータ。それを流用してできるもの以外は引き受けないつもりです。

サンケイスポーツ   … 各場9R以降。2場開催時は7R以降
ウマニティ      … 基本的に平地重賞のみ
競馬最強の法則WEB … 新馬、障害を除く全レース
競馬予想グランプリ  … 特別以降の平地重賞を含む厳選3レース
ウマニティは文章に力を入れているつもりです。こんな感じ で。


競馬予想グランプリは毎日コミュニケーションズ(マイコミ)の運営するサイトで、コンテンツの本体は携帯電話専用となっています。重賞で言うと毎日王冠とか毎日杯の、あの毎日なのですよ。もしケータイとか持ってる人がいたら、ぜひ一度覗いてみてください。ケータイとか持ってて良かったって思える日がきっと来ますよ。

競馬予想グランプリ
競馬予想グランプリ


 21:32

ラップギア・プロスペクト 50


土曜中山09R   中山芝1600m  瞬3平5消2
1番人気1着 (6) クレバートウショウ 瞬1平0消1
11番人気1着 (2) スズカサンバ    瞬1平3消0 単勝46.5倍
スズカサンバ



日曜福島09R   福島芝1800m  瞬2平7消1
1番人気5着 (2) エイシンサクセス  瞬2平0消0
7番人気1着 (4) コハクジョー    瞬1平1消0 単勝14.1倍
コハクジョー
このレース唯一の対象馬(4)コハクジョー。ホント対象馬1頭のレースって50%ぐらいの確率でその馬が勝ってるんじゃないかしら? いや、50%は大げさだけど、30%近いはず。1番人気が適性不一致、人気薄の他馬も全部適性不一致なんだから、たった1頭の対象馬はレースがしやすいんだろうね。1ヶ月に1度ぐらいしかないけど、そんなレースは要チェック。


日曜中山10R   中山芝1800m  瞬5平4消1
1番人気3着 (5) クーデグレイス   瞬2平2消3
4番人気1着 (3) ダイワジャンヌ   瞬6平4消0 単勝11.5倍
ダイワジャンヌ
(3)ダイワジャンヌは瞬発指数1位でもあったので、このレースはかなり喜ばしいことに。(5)クーデグレイスは能力はあるんだけど、適性がヘンな馬だね。短距離向きなのではないかと。

※金額は一律で100円とします。



■ ラップギア・プロスペクトとは?

1番人気のラップギア適性が合っていないレースで、能力とか関係なしにラップギア適性の合っている人気薄を3頭ぐらい買ってみるという方法。全馬のラップギア適性値が把握できれば、あとはオッズ情報さえあれば30秒で買い目が決定。いわゆる「1番人気のコケやすいレース」での穴狙い、結構な確率で人気薄が来ます!!

ラップギア適性調べるのメンドクセーとか、やってらんねーよーって人には下記サイトに毎週全馬の 「最新ラップギア適性値付き出馬表」 を用意していますので、そちらを参照してみてください。1レースあたり全馬の 「瞬発指数&ラップギア」 情報料は14円ぐらいかと。

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア
競馬最強の法則WEB ラップギア


 17:15

【NZT 回顧】(本命ドリパス)

【NZT 回顧】

2010年4月10日

NHKマイルCのトライアルレースNZTが行われました。
マイル路線組とは畑の違うサンライズプリンスが参戦というのが注目となりました。

1番人気にはスプリングS4着のサンライズプリンス
2番人気には朝日FS3着のダイワバーバリアン
3番人気には朝日FS5着のニシノメイゲツ
4番人気にはアーリントンCの勝ち馬コスモセンサー
とりあえずこの4強。

12.4-11.0-11.5-11.8-11.3-11.7-11.5-11.7=1.32.9
(34.9-23.1-34.9) △4▼2△2 平坦戦

スタート良く飛び出したのはツルマルジュピターとケイアイブリザード。
しかしツルマルジュピターの江田Jはあまり行く気がない様子。
ケイアイブリザードがハナかと思われたところに外枠からコスモセンサーが一気にハナを奪う。
テンの3Fは34.9秒とそれほど速いペースではない。
サンライズプリンスは外枠発走から出負け気味だったので中団の8番手というポジション。
ダイワバーバリアンは好位の4番手、ニシノメイゲツは最内の8番手で脚を溜める作戦。

向正面から3コーナー入り口区間で「11.8秒」と一呼吸したのもつかの間。
サンライズプリンスが外からじわじわポジションを上げて3コーナー通過時には2番手まで来ていました。
このプレッシャーのためか3コーナーの残り800mから残り600m区間で「11.3秒」と▼5の加速が生じます。
流石にこれでは持たないと思ったか、4コーナーで△4と減速します。
これによって前の5〜6頭は横一線で直線に突入するが明らかにサンライズプリンスには勢いがありました。
残り300m付近で粘るコスモセンサーを交わすと突き抜けて1着でゴールイン。
内からダイワバーバリアン、外から7番人気のレトが必死で追い上げるが最後は脚色が同じとなってダイワバーバリアンが2着レトが3着という結果でした。

このレースはサンライズプリンスの強さが際立った内容でした。
過去10年で1.32.9という走破時計は2番目に速く、上がりが35秒を切ったのは今年だけです。
これを大外からマクリ気味に徐々にポジションを上げて上がり2位で押し切ったのだからこのメンバーでは抜けて強い印象です。
平坦戦で2戦2勝、メンバーはともかくどちらも圧勝で底力(平坦適性)という点においては世代屈指かもしれません。
これで瞬発力がイマイチとなればダービーではどうかなとも思われますが、肝心なのはこの馬『タキオン産駒』なんですよねぇ。
はっきりいって今までのレース内容はとてもタキオン産駒とは思えないものです。
タキオンといえば瞬発力というサブタイトルが付いてくるような種牡馬です。
実はサンライズプリンスはこれまでの4戦で一度も広い瞬発コースで走ったことがありません。
もしこの馬が「実は瞬発力は父譲り」だった場合、一躍ダービー候補の筆頭になるかもしれません。
アリゼオの皐月賞の結果如何では横山Jはダービーではこちらに乗って連覇という可能性も少なくないかも...。
とにかくサンライズプリンスの次走と皐月賞の結果には注目です。

1着 サンライズプリンス 瞬1 平1 消0
2着 ダイワバーバリアン 瞬1 平1 消0
3着 レト        瞬0 平4 消0

(本命ドリパス)


 13:49

ラップギア・プロスペクト 49


土曜中山11R   中山芝1200m  瞬0平2消8
8番人気1着 (3) リキサンファイター 瞬1平2消3 単勝19.3倍
リキサンファイター



日曜中山06R   中山芝1600m  瞬3平5消2
8番人気1着 (2) シーマーク     瞬1平1消0 単勝44.7倍
シーマーク


今週から春の福島開催が始まるらしいので、プロスペ的にはさらに期待できそう!


 16:41

【大阪杯 回顧】(本命ドリパス)

【大阪杯 回顧】

2010年4月4日

現状、芝中長距離路線で古馬のトップ3はブエナビスタ、レッドディザイヤ、そしてドリームジャーニーではないかと思われます。
ブエナビスタ、レッドディザイヤはドバイ遠征していましたがドリームジャーニーは大阪杯に出走。
今回は59kgという重い斤量ですが得意コースですし出走メンバーからすれば勝って当然というレース。

1番人気には単勝1.2倍のドリームジャーニー
2番人気にはJC後休養明けのヤマニンキングリー
3番人気には中京記念4着後の「ミスター堅実」サンライズベガ
オッズ的にはドリームジャーニー1強。

12.1-11.1-12.8-12.3-12.0-12.2-11.6-11.5-11.7-12.2=1.59.5
(36.0-48.1-35.4) ▼1△2△5 平坦戦

前走で逃げ切り勝利しているショウナンライジンがこのレースも外枠から積極的にハナに立ちます。
テンの3Fは36.0秒でまずまずの平均ペース。
ドリームジャーニーは後方から2頭目、サンライズベガは2番手を先行しヤマニンキングリーは中団5番手というポジション。
向正面に入ってもさほどペースを落とさずレースは進みます。
3コーナーを回って残り800mとなった地点で早くもレースが動きます。
3番手を追走していた12番人気のフィールドベアーが逃げていたショウナンライジンに並びかけます。
これによってラスト4F目のラップが「11.6」と一気に加速。
4コーナーで▼1と加速が生じるものの後はじわじわ減速するような消耗戦テイストな平坦戦、ロングスパート戦となりました。
逃げていたショウナンライジンと2番手のサンライズベガは直線に入った時点で既にアウト。
先頭に立ったのはフィールドベアー。
その他の馬はスパート地点が早かったためかなかなか伸びてくる様子がない。
それでも馬場の真ん中から4番手で先行していたテイエムアンコールが最後グイと伸びて先行に立ちます。
大外からドリームジャーニーが9番人気のゴールデンダリアと馬体を併せえて追い込んでくるもフィールドベアーを交わしたところがゴールだった。

勝ったテイエムアンコールはこれまでとは異なり先行策を取ってきました。
瞬発力がそれほどある馬ではないのでナイスな作戦だったと思われます。
それに加えて消耗戦テイストなレースになったのもこの馬にはプラスでした。
前走不良馬場の消耗戦だった中山記念に比べてば今回は楽に感じたのではないでしょうか。

ドリームジャーニーはまさかの3着。
池添Jがレース後
「58キロの時と比べて3〜4コーナーの反応が違いました。普通なら持ったまま上がって行く馬なのですが…。」
とコメントしてますが個人的にはちょっと違うかなと思います。
通常なら他の馬がまだトップスピードになっていない地点から早めに進出を開始しコーナーワークの上手さで減速することなく直線に突入できるのがドリームジャーニーの特長(いわゆるマクリ脚質ですね)
昨年の大阪杯や宝塚記念に比べてこのレースは明らかにスパートの開始が早いです。
3〜4コーナーでは既に各馬はトップスピードで走っていたために持ったままでは上がって行けなかったというのが本当のところではないでしょうか。
消耗戦テイストのレースになったことで59kgの斤量が堪えたことと4コーナーで若干外に膨れたこと、この2点が敗因だったと思われます。
但し、それでも負けてはいけない立場だったかなとも感じますけど。
元々ドリームジャーニーはちょっとしたことで負けてしまう馬(好走条件はあまり広くない)なんですよね。
なのでドリジャファンは落胆するレースではないと思います(>私も含めてね)

馬券にはなりませんでしたが4着のフィールドベアー@秋山Jは上手く乗りましたね。
出走メンバー中「消耗戦連対が2つあるのはこの馬だけ」なのです。

1着 テイエムアンコール 瞬7 平4 消1
2着 ゴールデンダリア  瞬5 平1 消0
3着 ドリームジャーニー 瞬9 平2 消0

(本命ドリパス)


 19:21

ラップギア・プロスペクト 48

今週はHDDが2つが壊れたり、その直後にはネットワーク機器が壊れたりで、修復作業に追われた一週間でした。何とか週末に間に合ってよかった。48週目のプロスペは単勝15.8倍とか27.0倍とかあるのですけれど、もう疲れたので口頭報告のみにします。当たったよー。


 04:05
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール