June 2010

【ディープ産駒 勝利】(本命ドリパス)

【ディープ産駒 勝利】

先週注目のディープインパクト産駒が福島で2勝を挙げました。
どんなレースだったのでしょうか。

【福島芝1200m】

12.5-10.9-11.2-11.4-11.3-11.9=1.09.2
(34.6-34.6) △2▼1△6 平坦戦

サイレントソニック
(母父Unbridled's Song ミスプロ系)

スタートはやや良くはなかったが二の足を使って1F通過時にはハナに立ちスピードに任せてそのまま逃げ切りというレース内容。
走破時計の1.09.2という数字は近年のこの条件では3番目に速いもの。
このレースの特徴は34.6秒という上がりの速さ。
スプリント戦なので加速は▼1しかなかったがラスト2Fの11.3-11.9はそれほど脚が止まっていない。
(ラストが11秒台というのがレアケース)
騎手のコメントから気性的に不安があるようだがスピードと瞬発力はありそう。

蛯名正義騎手
「これから色々教えていくこともあるし、精神的にどれだけ我慢できるかどうかですが、素質は十分にあります。追ってからもしっかりと伸びてくれました」

国枝栄調教師
「思ったより競馬で落ち着いていたし、馬体ももっと減るのかと思っていましたが、いい意味で裏切ってくれました。気性面が解決すれば、距離もこなせるようになると思います。フットワークに伸びがありますね」

【福島芝1800m】

12.8-11.1-13.0-14.3-13.5-12.5-12.0-11.5-11.8=1.52.5
(36.9-40.3-35.3) ▼5▼5△3 瞬発戦

ヒラボクインパクト
(母父メジロライアン)

こちらもスタートは良くなく後手を踏んで1コーナーを後方12番手で通過します。
(>コメントによれば騎手がソロっと出したようです)
向正面でペースが緩んだ際ポジションを6番手まで押し上げます。
4コーナーでは前を射程圏に捕らえて上がり最速の34.8秒で快勝。
レースレベルがお父さんに遠く及ばないものの内容的には近いものを感じました。
こちらも瞬発力&持続力はありそう。

北村宏司騎手
「パドックで落ち着いていたし、返し馬も行儀よかったです。スタートはまるで父のディープインパクトのようにゆっくり出ました。道中はしっかりハミを取っていて、長くいい脚を使ってくれました。終いは競り合いになりましたが、交わされる感じはありませんでした。コントロールしやすい馬です。このままいって欲しいですね」

国枝栄調教師のコメント
「注目されていたし、勝ててよかったです。全体的にまだ緩いところがあるので、ゆったり走れる1800mを使いました。次は北海道に行くか、放牧で秋に備えるか、オーナーと相談して決めます。ディープインパクト産駒は造りが軽くて、真面目で手がかかりません」

(コメントはラジオNIKKEI競馬実況webより)

2レースを見た限りでは軽い瞬発力がありそうでサンデー系種牡馬でもタキオンのような印象を受けました。
この2頭は社台系ではないので今後出てくる良血馬はちょっと期待出来るかも。

(本命ドリパス)

-----

両馬とも、この1勝で終わる馬ではなさそうな勝ち方でしたね。(岡村)



 21:48

宝塚記念回顧


阪神芝2200m           瞬5平4消1
1着 8番人気  ナカヤマフェスタ  瞬4平1消0
2着 1番人気  ブエナビスタ    瞬5平5消0
―――――――――――――――――――――――――
8着 2番人気  ジャガーメイル   瞬4平6消0

◎ドリームジャーニーの敗因は、4コーナー手前から馬群全体がペースアップして、まったくマクッて行けなかったこと。後半5ハロンのラップタイムは 12.3-11.9-12.1-11.9-12.5 。前が4コーナー手前でタメないと、ドリームジャーニーのマクリ(瞬発力)が活かせない。そういった意味では他力本願の馬なのだが、これは「流れが合わなかった」のひと言で片付けるべき負け方だ。

前年の宝塚記念も有馬記念も、ドリームジャーニーは4コーナーを回りきった時点で、すでに先団5〜6番手の位置にはいた。そして、今回その役割を演じきったのが勝ったナカヤマフェスタ。しかしその配役をもらったとしても、それを演じきれるほどの力があるとは思っていなかった。低レベルではない、堂々の勝ちっぷりに仰天。


 12:26

宝塚記念予想より、一部抜粋

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア
競馬最強の法則WEB ラップギア 宝塚記念予想より、一部抜粋

------

春競馬の総決算、豪華メンバーの宝塚記念。牝馬ながら現役最強の呼び声も高い(8)ブエナビスタが、意外にも“今度こそ”の頂点を目指す。これまでG1を4勝しながら、そのすべては牝馬限定戦。牡馬を相手にキッチリと勝ちきったのは、G2京都記念の1度だけという事実、ちょっとした盲点だろうか?

牝馬限定戦以外では、アンライバルドとリーチザクラウンに遅れをとった新馬戦の3着も含め、札幌記念2着、有馬記念2着、京都記念1着とドバイシーマクラシック2着。それが偶然なのか必然なのかは分らないが、少なくとも現役最強の呼び声高い(8)ブエナビスタは、現実には未だ1度も頂点を極めていない状態だということだ。

…とは言っても、(8)ブエナビスタが弱いと言っているわけではない。実際問題2009有馬記念で3着以下に付けた4馬身差は決定的だし、(10)ジャガーメイルには京都記念でキッチリと格の差を見せ付けた。ただ、(8)ブエナビスタを評価するなら、

------


 00:11

【2年生種牡馬データ】

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

先週「福島ダ1700を狙え」とコラムで書いたのですが、得てしてこういうことを書くと該当するレースがなかったりします。
今年の場合はまさにそれで比較的固い決着が多く申し訳なかったです。
一応、土曜の11Rで1番人気がストロングバサラ 【瞬5平7消1】だったので前走中京ダ17で敗退していたアドマイヤマジン【瞬2平1消2】を狙って単勝をゲットすることが出来ました。

またこういうデータがあれば懲りずに紹介していこうと思います。


先週から新馬戦がスタートしました。
昨年の新種牡馬だった成績をまとめてみました。

【2年生種牡馬データ】

【ゼンノロブロイ】
・芝
瞬発戦 22-14-23-113 勝率12.8% 連対率20.9%
平坦戦  9- 8-11- 61 勝率10.1% 連対率19.1%
消耗戦  2- 2- 1- 20 勝率 8.0% 連対率16.0%
・ダート
瞬発戦  5- 1- 5- 45 勝率 8.9% 連対率10.7%
平坦戦  6-10- 9- 55 勝率 7.5% 連対率20.0%
消耗戦  5- 6- 5- 27 勝率11.6% 連対率25.6%

代表産駒 サンテミリオン、ペルーサ

大成功と言ってもいい成績だと思います。
ダートも比較的好走しています。


【アルカセット】
・芝
瞬発戦  3- 3- 7- 94 勝率 2.8% 連対率 5.6%
平坦戦  1- 2- 1- 49 勝率 1.9% 連対率 5.7%
消耗戦  0- 0- 1- 8 勝率 0.0% 連対率 0.0%
・ダート
瞬発戦  3- 3- 1- 33 勝率 7.5% 連対率15.0%
平坦戦  2- 2- 6- 55 勝率 3.1% 連対率 6.2%
消耗戦  1- 0- 1- 28 勝率 3.3% 連対率 3.3%

かなり厳しい船出となりました。
キングマンボの産駒ですがキングカメハメハのような瞬発力は現状持ち合わせてません。


【デュランダル】
・芝
瞬発戦  2-12- 6- 98 勝率 1.7% 連対率11.9%
平坦戦  9- 5- 8- 69 勝率 9.9% 連対率15.4%
消耗戦  5- 5- 3- 24 勝率13.5% 連対率27.0%
・ダート
瞬発戦  1- 0- 3- 16 勝率 5.0% 連対率 5.0%
平坦戦  2- 4- 2- 40 勝率 4.2% 連対率12.5%
消耗戦  3- 3- 2- 31 勝率 7.7% 連対率15.4%

代表産駒 ジュエルオブナイル

短距離馬のそれですね。


【ストラヴィンスキー】
・芝
瞬発戦  3- 5- 7- 40 勝率 5.5% 連対率14.5%
平坦戦  2- 4- 5- 54 勝率 3.1% 連対率 9.2%
消耗戦  3- 1- 0- 17 勝率14.3% 連対率19.0%
・ダート
瞬発戦  1- 5- 4- 37 勝率 2.1% 連対率12.8%
平坦戦  2- 5- 5- 62 勝率 2.7% 連対率 9.5%
消耗戦  2- 7- 6- 36 勝率 3.9% 連対率17.6%

こちらも厳しい状況。


【バゴ】
・芝
瞬発戦  5- 8- 5- 59 勝率 6.5% 連対率16.9%
平坦戦  5- 4- 2- 30 勝率12.2% 連対率22.0%
消耗戦  1- 0- 0- 11 勝率 8.3% 連対率 8.3%
・ダート
瞬発戦  1- 1- 4- 17 勝率 4.3% 連対率 8.7%
平坦戦  3- 7- 3- 42 勝率 5.5% 連対率18.2%
消耗戦  2- 1- 2- 25 勝率 6.7% 連対率10.0%

代表産駒 オウケンサクラ

平坦巧者の傾向となっています。
ローカルがスタートしたので成績が向上する可能性を秘めていますね。


(本命ドリパス)

-----

現代のJRA競馬において、瞬発戦成績と種牡馬成績はかなりリンクしてくるはずなので、デュランダル産駒のそれが消耗にかたよっているのは残念に思えました。 (岡村)


 13:27

ラップギア・プロスペクト 60


土曜福島10R   福島芝1200m  瞬0平2消8
1着1番人気 (12) パドトロワ     瞬0平3消0
1着8番人気 (10) ダイワナイト    瞬0平2消2 単勝19.4倍
ダイワナイト
先週は久々に30倍額勝負したレースが見事に的中!!…のはずが、レースが確定しても一向に残高が増えない。もしや…と思って投票履歴を見てみると、見るも無残な買い間違え。ここで心が折れた。3日経っても立ち直れない。240ぐらい損した気分だ。倍額以上の時はいつも確認してるのに、こういう時だけ確認してないなんて…アホすぎて泣けてくる。


 17:22

ラップギア・プロスペクト 59


土曜京都07R   京都ダ1800m  瞬3平6消1
4着1番人気 (5) リリーストライカー 瞬1平0消0
1着4番人気 (1) エイユーブラッサム 瞬1平1消0 単勝10.6倍
買い忘れてた。


土曜東京12R   東京芝1400m  瞬6平3消1
17着1番人気 (14) クリールトルネード 瞬2平1消2
5着2番人気 (12) コウヨウサンデー  瞬1平3消0
1着9番人気 (2) マイネルプライゼン 瞬1平1消1 単勝27.8倍
マイネルプライゼン



日曜東京10R   東京芝2400m  瞬8平2消0
1着10番人気 (4) マイネルアンサー  瞬3平3消0 単勝28.5倍
マイネルアンサー
瞬発指数1位。


 09:34

函館競馬場リニューアル

今週からリニューアルした函館競馬が始まるとのこと。函館競馬場のラップギア、コース適性値は?というような質問を幾つか頂きましたが、今回の函館競馬場リニューアルは、スタンド改修のみで、コースは改修していません。ラップギア、コース適性値につきましても、昔のものがそのまま使えると思います。

JRA



 07:52

【福島ダ1700を狙え】(本命ドリパス)

【福島ダ1700を狙え】

今週から夏のローカルが始まります。
穴党の人に狙って欲しいのはズバリ「福島ダ1700」のレースです。
しかも開幕から2週間という期間限定です。
過去5年の福島ダ1700の前半2週間と後半2週間の単勝平均配当は以下の通り。

前半2週間 1656.8円
後半2週間 760.5円

かなりの差があります。
この最大の要因は「開催替わり」にあると思っています。
レーススケジュールからすれば前走出走したレースは「東京ダ1600」「東京ダ1400」「新潟ダ1800」「中京ダ1700」「中山ダ1800」の馬が多いはずです。
今年は中京の代替開催を京都で行ったので前走「京都ダ1800」も多いはず。
その各コースのラップギア適性はといえば

東京ダ1600 【瞬4平5消1】
東京ダ1400 【瞬2平6消2】
新潟ダ1800 【瞬4平5消1】
中京ダ1700 【瞬4平5消1】
中山ダ1800 【瞬1平4消5】
京都ダ1800 【瞬3平6消1】

そして福島ダ1700のラップギア適性は【瞬1平5消4】となっています。
唯一近い適性なコースは中山でその他はかなり異なります。
つまり、前走適性の異なるコースで出走した馬が多いため人気馬の信頼度は低いということです。
但し、福島ダ1700は未勝利戦のレースが多いのでラップギア適性で判断しづらい馬もいると思います。
その場合は血統編などを活用したりして穴馬を見つけましょう。
それも分からない場合は「中山組」をベタ買いとか。

後半戦になると「前走福島ダ1700組」という馬が多く出走してきます。
なので馬券は比較的固くなるという仕組みです。
穴党でない人は後半戦を狙って買った方がベターだと思われます。

同じローカルの函館ダ1700なのですがこちらは前半でも比較的固いです(単勝平均配当870.2円)
コースの適性が【瞬2平6消2】と福島に比べて若干瞬発寄りになっているのが要因の一つ。
そしてもう一つの理由が函館の場合は滞在競馬なので連闘する馬がかなり多いというのが挙げられます。
もし狙うなら開幕週のみです。
開幕週のみの単勝平均配当は1158.5円となっています。

(本命ドリパス)


 20:09

エプソムカップ回顧


東京芝1800m           瞬9平1消0
1着 1番人気  セイウンワンダー  瞬4平0消0
2着 3番人気 ◎シルポート     瞬7平1消1
3着 9番人気  キャプテンベガ   瞬8平4消1

◎シルポートが逃げ足りると踏んだのだが、ハナほど差されてしまった。前走のメイSもそうだったのだが、テンの2ハロン目が10秒台になるとさすがにキツい。スタート直後に(普段は後方にいるはずの)セイウンワンダーがハナ、トウショウウェイヴが3番手にいたので、2番手シルポートの鞍上がペース判断を微妙に誤ってしまったのかも。


 17:59

CBC賞回顧


京都芝1200m           瞬0平3消7
1着 4番人気  ヘッドライナー   瞬3平2消3
2着 7番人気  ダッシャーゴーゴー 瞬0平1消2
―――――――――――――――――――――――――
6着 1番人気  シンボリグラン   瞬2平6消5
14着 2番人気  ベストロケーション 瞬3平6消1

先行激化の差し競馬を予想していたのだが、まったくのアテ外れ。ウエスタンダンサーもセブンシークィーンもあまり行く気を見せず、スタート後200mの地点ではヘッドライナーが早くも単騎先頭。前半3ハロンの34秒3は京都芝1200mとしてはかなりのスローで、単騎楽逃げのヘッドライナーがそのまま押し切ってしまった。ハイペース差し馬想定でワンカラットに◎を打ったのだが、こちらは差して3着まで。このメンバーでスローの単騎なんて、こんなん読めねーよ。


 17:58

ラップギア・プロスペクト 58


土曜東京10R   東京芝1600m  瞬8平2消0
1着9番人気 (12) アドマイヤアモーレ 瞬2平0消0 単勝24.3倍
アドマイヤアモーレ



土曜京都12R   京都ダ1400m  瞬0平5消5
1着10番人気 (1) トウショウクエスト 瞬0平3消3 単勝29.4倍
トウショウクエスト



日曜東京08R   東京ダ1300m  瞬1平6消3
1着9番人気 (14) ブラッシュアップ  瞬3平4消2 単勝13.9倍
ブラッシュアップ



 23:39

【新種牡馬ラップギア適性】(現役時代) (本命ドリパス)

【新種牡馬ラップギア適性】(現役時代)

もうすぐ2歳戦がスタートします。
今年の注目はなんといってもディープインパクト産駒だとは思います。
新種牡馬の現役時代のラップギアをおさらいしておきましょう。

・ディープインパクト
【瞬11平2消0】
サンデーサイレンス×(Alzao)

ラップギア適性は瞬発戦に特化して平坦戦にやや不安があると数字からは取れますが平坦戦の成績は2戦2勝とパーフェクト。
本来ならば平坦戦になってしまうようなレースでもこの馬の末脚で瞬発戦にしてしまうレースはおそらく少なくないはず。
瞬発力が抜けて強い馬でしたがこの瞬発力が産駒に受け継がれるかどうかというのがポイントでしょう。
血統的には母父がリファール系なのでノーザンダンサー系の肌馬との配合が出来ないのがマイナス。
しかし、ディープにかける意気込みはハンパではないはずで相当優秀な肌馬が揃っているようです。

・スズカマンボ
【瞬3平4消0】
サンデーサイレンス×(Kingmambo)

サンデーにキングマンボという現日本競馬の2強とも言うべき血統を持つ種牡馬。
ラップギア適性が示す通り瞬発力にやや不安があります。
春天の勝ち馬ですが2歳時にレコード勝ちしてるようにスピードはある馬。
瞬発力を補強するような配合がベターかなと思われます。
母母はダンスインザダークの母ダンシングキイの全妹Key Flyerという血統構成であり良血といえる。
社台系の馬ではないので肌馬の質がポイントか。

・ハーツクライ
【瞬4平3消1】
サンデーサイレンス×(トニービン)

消耗戦だったJC2着という実績が特徴的。
瞬発力もあるが長くいい脚が使える平坦力というのもセールスポイントだと思われます。
これは母父のトニービンというのが大きく影響してるのかも。
但し、種牡馬となると母父にトニービンが入っているので配合相手が限られてきそう。
母母父がリファールなのでディープインパクトに比べても選択範囲は狭そう。
但し、現役時代日本馬で唯一ディープインパクトに土をつけた馬。
産駒対決でも数では負けても抜けて強い馬が一頭出現する可能性はあるかも。

・アドマイヤジャパン
【瞬3平1消0】
サンデーサイレンス×(Caerleon)

ディープインパクトを苦しめた馬、ということでこちらもディープ絡みの一頭。
しかし、最近ではブエナビスタの兄といった方が分かりやすいのかもしれない。
現役はキャリア僅か10戦なので適性ははっきりつかめません。
但し、妹のブエナビスタの戦績から推測すれば平坦適性はもっと上の可能性もあります。

その他の馬

・リンカーン
【瞬7平4消0】
サンデーサイレンス×(トニービン)

・ソングオブウインド
【瞬2平4消1】
エルコンドルパサー×(サンデーサイレンス)

・テレグノシス
【瞬6平4消0】
トニービン×(ノーザンテースト)

・バランスオブゲーム
【瞬2平8消1】
フサイチコンコルド×(アレミロード)

外国馬では
・ファンタスティックライト
Rahy×(Nijinsky)

・ロックオブジブラルタル
Danehill×(Be My Guest)
の2頭が注目でしょう。


(本命ドリパス)


 11:38

【ユニコーンS 回顧】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【ユニコーンS 回顧】

2010年6月6日

近年ではカネヒキリやシルクメビウスなどを輩出しているユニコーンS。
グレードはG靴任垢意味合い的にはG競譽戰襪冒蠹するはずで今後のダート戦線の主役の一頭を決めるレースと言えるでしょう。

1番人気には前走兵庫で5馬身圧勝のバーディバーディ
2番人気には端午S勝利のバトードール
3番人気には前走500万ながらもオール連対中のスターボード
オッズ的にはバーディバーディが1.6倍の圧倒的人気でした。

12.3-11.0-11.6-12.1-12.2-12.3-12.0-13.1=1.36.6
(34.9-24.3-37.4) △1▼3△11 平坦戦

レースは安田記念を快勝した後藤Jが乗るアースサウンドがハナに立ちます。
内枠を利してバトードールが2番手を追走、バーディバーディは4番手、スターボードは8番手の中団の位置という隊列になりました。

実際逃げたのはアースサウンドですがスタートでコスモセンサーの石橋脩Jが落馬していてアースサウンドの前にコスモセンサーが走っている状況。
乱ペースになる可能性もありましたが、テンの3Fは近年では最も遅い34.9秒。

中盤の3〜4コーナーでは24.3秒とやや速め。
この区間は正直コスモセンサーの影響があったかもしれません。
馬が勝手に脚を溜める戦法を取るとはあまり思えないので...。

直線に入って残り400mの坂の地点で▼3の加速で末脚勝負となります。
バーディバーディは馬なりで先頭グループの取り付くと必死で追っているバトードールに鞭も使わず並びかけます。
残り200m付近で先頭に立つとそのまま押し切って快勝という内容。
2着はバトードールが何とか粘りきり3着には中団から差してきた6番人気のサンライズクォリアという結果でした。

今回のメンバーではバーディバーディが一枚抜けて強かったという印象。
ラップの内容はカネヒキリが勝利した05年にかなり近いものでした。
その05年のラップは

12.5-10.8-11.4-12.1-12.3-12.2-12.1-13.1=1.36.5
34.7-24.4-37.4 ▼1▼1△10 平坦戦

というものでした。
位置取りも上がりもカネヒキリとほぼ同じ内容で現時点では名馬と肩を並べているといっても過言ではありません。
成長次第では秋のG祇鐇でも主役になれるかもしれません。
カネヒキリは地方交流G気鮴鐓,靴峠に突入しましたがバーディバーディはどのローテを選択するのでしょうか?注目です。
もうすぐ引退の池江泰郎調教師ですが最後に大仕事をするのはトゥザグローリーやリルダヴァルやフォゲッタブルではなく実はこの馬なのかもしれませんね。

1着 バーディバーディ  瞬3 平1 消0
2着 バトードール    瞬3 平0 消0
3着 サンライズクォリア 瞬1 平1 消1

あと余談ですが、落馬したコスモセンサーは最後まで抜かせず空馬1着でした。
斤量0なので当たり前といえば当たり前かもしれませんが賢い馬でダートの適性も高いのかもしれませんね。
但し、次にダート戦を使ってきたら人気なっちゃうんでしょう(笑)

(本命ドリパス)


 20:35

安田記念回顧


東京芝1600m          瞬8平2消0
1着8番人気  ショウワモダン   瞬8平5消2
2着6番人気  スーパーホーネット 瞬7平6消0
3着5番人気  スマイルジャック  瞬5平3消0

重賞凡走で人気を落とし、オープン特別でキッチリ走る。ショウワモダンとは2年前からそんな密約を交わしていたような気がしていたのだが、どうやら気のせいだったようだぜ。

「瞬4平0消0」◎キャプテントゥーレはショウワモダンと並んで叩き、競り落とされる力負け。安田記念にはかなりの平坦実績が必要なのでは?…という指摘、たしかに 単行本 の後ろのほうにそんなことを書いたけど、すっかり忘れてた。


 19:50

【目黒記念 回顧】(本命ドリパス)

【目黒記念 回顧】

2010年5月30日

今年の目黒記念は12頭と少頭数で行われました。
G兇覆里念銘嵒佞韻箸靴討亙塚記念の前哨戦の一つになるはずなのですがハンデ戦ということもあって次走宝塚記念に向かわない馬も結構多くいます。
近年ではここから宝塚記念で馬券になった馬は07年のポップロックの3着ぐらい。
今年の目黒記念は宝塚記念に繋がるようなレースだったでしょうか。

1番人気には重賞未勝利ながら堅実駆けが身上のトップカミング
2番人気には休養明けでも春天2着馬アルナスライン
3番人気にはダート戦から芝戦に復帰したステイヤー、モンテクリスエス

7.2-11.5-11.9-13.0-13.2-13.1-12.8-12.8-12.9-12.4-11.4-10.8-11.8=2.34.8
(37.1-45.6-38.1-34.0) ▼4▼3△3 平坦戦

春天でも逃げたミッキーペトラが今回も逃げるかと思われましたが騎手がウィリアムズに替わったこともあり2番手に控えました(>ダービーでも逃げて惨敗だったイメージのせいかでしょうか?)
替わってハナに立ったのは今年リーディングで7位まで上昇してきた丸山Jのイケドラゴン。

...とはいえ、まるでダービーの再現かと思われるような超スローペースでレースは淡々と流れました。
結局、このレースを制したのは5番人気のコパノジングー。
2着には逃げたイケドラゴン、3着には7番人気のフェニコーンとなりました。

今年の目黒記念はダービー同様上がり3Fだけのレースとなり一瞬の切れを持つ馬が上位に入選したというレース内容でした。
レースの上がりが34.0秒で近年最速でも35.4秒だったのでどれだけ例年の目黒記念と違った展開だったのかが分かるでしょう。
東京芝2500はコース適性が【瞬7平2消1】ですが、この様な超スローの上がりだけの展開になってしまうと平坦適性や消耗適性という要素は皆無で【瞬10平0消0】のような瞬発特化型の馬の方が有利になります。
それに加えて一瞬の切れが必要なレースでは斤量の差というのは結構重要になります。
つまり、今年の目黒記念は瞬発適性の高い馬で斤量の軽い馬を買えば当てることが出来たたということになります。

なので宝塚記念の阪神芝2200コースはコース適性【瞬5平4消1】と瞬発適性の比重は落ちるのでこのレースの上位馬が出走してきた場合は軽視していいかもしれません。
逆にこの流れで敗退したアルナスラインは全く気にする必要はなく、馬の状態さえ戻っていれば宝塚記念では好走も可能とみています。

1着 コパノジングー 瞬6 平3 消0 (斤量54kg)
2着 イケドラゴン  瞬4 平1 消0 (斤量51kg)
3着 フェニコーン  瞬2 平3 消1 (斤量53kg)

(本命ドリパス)


 00:36

マイル大好き

この土日、東京競馬場のレースは24レース中13レースが1600m戦なのですよ。特に特別戦は8レース中6レースが1600m。これって結構珍しいのでは?

 12:56

ラップギア・プロスペクト 57


土曜東京06R   東京ダ1600m  瞬4平5消1
7着1番人気 (2) プレシャスジェムズ 瞬0平0消1
1着8番人気 (5) アドマイヤオンリー 瞬1平1消0 単勝24.4倍
アドマイヤオンリー




日曜東京06R   東京芝1600m  瞬8平2消0
1着5番人気 (4) アースガルド    瞬3平0消0 単勝12.6倍
アースガルド
瞬発指数1位。



日曜京都09R   京都ダ1800m  瞬3平6消1
1着9番人気 (2) ラストアロー    瞬1平3消0 単勝21.2倍
ラストアロー



 04:21

【金鯱賞 回顧】(本命ドリパス)

【金鯱賞 回顧】

2010年5月29日

今年は中京ではなく京都開催で行われた宝塚記念の前哨戦の一つ金鯱賞。
今年の出走メンバーはG鞠呂「叩き」の意味合いで出てきた馬ではなく遅れてきた大物候補達が上位人気になりました。

1番人気には重賞連続連対中のアーネストリー
2番人気には春天4着のナムラクレセント
3番人気には重賞連勝中のアクシオン

12.5-11.9-12.6-12.1-11.9-12.4-11.9-11.5-11.2-11.5=1.59.5
(37.0-48.3-34.2) ▼4▼3△3 平坦戦

前に行く馬があまりいないメンバー構成ですんなりとドリームサンデーがハナに立ちます。
おかげでテンの3Fは37.0秒と古馬G兇砲靴討呂なり遅い。
2番手にはアーネストリーとナムラクレセント、アクシオンはその少し後方の6番手、4番人気のスマートギアは例によってほぼ最後方という隊列。

このスローで痛かったのは気性的に難のあるナムラクレセント。
スタート時は3番手も1〜2コーナーで引っ掛かってハナに立つほどの引っ掛かり具合。
向正面で押さえ込み位置取りを下げるというちょっとチグハグなレース内容。

前半のスローで楽出来たということもあり残り800mからのロングスパート戦に突入します。
3番手グループも4コーナーでは前の2頭(ドリームサンデーとアーネストリー)を射程圏内に捉えたかに思えましたが直線に入って▼3の加速で突き放します。
アクシオンも直線に入って3番手まで詰めるが脚がそこから伸びない。
アーネストリーがドリームサンデーをあっさり交わし、どうやら1、2着はこの2頭で決まり。
体勢が決着したところで直線大外から突っ込んで来たスマートギアが3着という結果だった。

スローペースからのロングスパート戦でレースレベルとしてはそれほど高くない印象。
但し、宝塚前の前哨戦ということからすれば勝利したアーネストリーは上々の内容でした。
金鯱賞といえば佐藤哲三Jと佐々木調教師のコンビで3連覇したタップダンスシチーが思い出されます。
先行力と底力、アーネストリーもタップと似たような資質を備えていて先輩に続けとばかりに宝塚でも期待できます。
ちなみにタップが6歳で最初に金鯱賞を勝った時のラップギアは【瞬4平6消1】でアーネストリーは5歳で【瞬4平4消0】
タップの次走の宝塚は3着でしたがアーネストリーはどうなりますか。

2着は逃げたドリームサンデー。
今回は楽に逃げれた展開利もあったのは間違いないでしょうが中日新聞杯の再現と考えれば馬券的にはそんなに難しくなかったかも。
(中日新聞杯は逃げたドリームサンデーが2着、先行したアーネストリーが1着、上がり最速で追い込んだチョウカイファイトが3着という結果でコースは違えどコース適性は【瞬4平6消0】と全く同じなんです)

アクシオンは結局7着に沈みました。
休養明けで状態がイマイチだったか、マクリ気味に進出したレース内容が合わなかったか、というところが敗因ではないでしょうか。
この馬は【瞬7平3消0】で適性も若干ずれていたと思います。
宝塚記念の舞台は【瞬5平4消1】で適性的には前進の可能性はあります。

1着 アーネストリー  瞬4 平4 消0
2着 ドリームサンデー 瞬6 平5 消0
3着 スマートギア   瞬8 平3 消0

(本命ドリパス)



 19:50

ユニコーンS 登録馬 ラップギア適性値

ユニコーンS 登録馬 ラップギア適性値 不完全版

東京ダ1600m  【瞬4平5消1】
アースサウンド   【      】
アスカクリチャン  【瞬1平1消0】
エーシンリジル   【瞬0平1消3】
エイシンナナツボシ 【瞬1平4消0】
カホマックス    【瞬1平1消0】
コウユーヒーロー  【瞬0平1消0】
ココカラ      【瞬1平0消4】
コスモセンサー   【瞬1平1消1】
サンライズクォリア 【瞬1平1消1】
スターボード    【      】
スリーボストン   【瞬0平2消1】
セイリオス     【      】
ゼンノベラーノ   【瞬1平1消1】
ソリタリーキング  【瞬2平1消0】
タイムカード    【      】
トーホウプリンセス 【瞬0平1消1】
ドロ        【瞬0平2消0】
ナイトオブザオペラ 【瞬0平3消0】
ノボクン      【瞬1平2消0】
ノボプロジェクト  【瞬2平2消0】
ハニーメロンチャン 【瞬1平0消1】
バーディバーディ  【瞬3平1消0】
バトードール    【      】
バルーン      【瞬1平2消0】
ブルーソックス   【瞬0平2消0】
ブレイクチャンス  【瞬0平2消0】
ベビーネイル    【      】
ペガサスヒルズ   【瞬2平2消1】
ホクセツキングオー 【瞬0平1消1】
ホローポイント   【      】
メイショウツチヤマ 【瞬2平0消0】
メイショウトリノ  【瞬2平0消1】
メテオロロジスト  【瞬2平0消0】
モエレエンデバー  【瞬1平2消0】
ロングロウ     【      】

1番人気はバーディバーディかソリタリーキング辺り? いずれにせよ人気は割れそうだが、この2頭はちょっと瞬発力方面に向きすぎている感。多頭数で緩い流れにはならないだろうし。


 23:21
2017年12月18日発売!!
『デジタル競馬最強の法則Vol.3』
デジタル競馬3表紙2

スマホ&フリーソフトでバカ勝ちできる!
まるごと一冊【超穴・大穴馬券】的中の法則
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール