July 2010

ラップギア・プロスペクト 64


土曜函館11R   函館芝2600m  瞬3平5消2
1着9番人気 (8) エーケーサンライズ 瞬2平2消0 単勝 42.5倍
2着10番人気 (11) ギムレットアイ   瞬2平2消0 単勝107.8倍
エーケーサンライズ
アタマ差2着の、単勝107倍ギムレットアイが勝ってたらもっと良かったのに。



日曜新潟07R   新潟芝1400m  瞬2平6消2
1着4番人気 (6) コスモピアチューレ 瞬0平1消0 単勝15.6倍
コスモピアチューレ




日曜新潟08R   新潟ダ1200m  瞬1平5消4
1着9番人気 (12) ケージーアメリカン 瞬0平1消0 単勝37.9倍
――――――――――――――――――――――――――
3着1番人気 (8) ペシャルハート   瞬0平2消6
2着2番人気 (5) エイコオミリオン  瞬0平1消2
ケージーアメリカン
3連単659.8倍
瞬発指数1位のケージーアメリカンがLGP対象馬でもあり、それが単勝37.9倍での差し切り勝ち。直線半ばで15馬身ほどあった先頭との差が、みるみる詰まっていく様は爽快だった。競馬GPで出した買い目も三連単で659.8倍。ここ2〜3週間かなりいい感じ。好調時は週末が待ち遠しいね。



日曜小倉11R   小倉芝1200m  瞬0平3消7
1着6番人気 (3) ジョーリゴラス   瞬1平0消2 単勝24.3倍
――――――――――――――――――――――――――
4着1番人気 (11) スペシャルポケット 瞬0平6消1
ジョーリゴラス



※金額は一律で100円とします。



■ ラップギア・プロスペクトとは?

1番人気のラップギア適性が合っていないレースで、能力とか関係なしにラップギア適性の合っている人気薄を3頭ぐらい買ってみるという方法。全馬のラップギア適性値が把握できれば、あとはオッズ情報さえあれば30秒で買い目が決定。いわゆる「1番人気のコケやすいレース」での穴狙い、結構な確率で人気薄が来ます!!

ラップギア適性調べるのメンドクセーとか、やってらんねーよーって人には下記サイトに毎週全馬の 「最新ラップギア適性値付き出馬表」 を用意していますので、そちらを参照してみてください。

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア
競馬最強の法則WEB ラップギア


 11:31

ここ2〜3週の少頭数競馬は、過去へのタイムスリップ感

2010年7月25日の記事 「現代競馬は昔よりも馬同士の力が接近している」 という論の布石として、別視点からの記事を 単行本 『ラップギア 種牡馬系』 のP68〜に書いていたのを思い出したので、ここに軽く抜粋。表とかグラフは面倒いので、それは非掲載で。

-----

 年次別のラップギア分類数(瞬発戦、平坦戦、消耗戦)を調べていて気づいたのだが、なんと驚いたことにJRAの平均配当は年々上昇していたのだ。86年は単勝平均配当718円であったのに対し、08年は過去最高の1054円。複勝も86年には218円であったのに対し、08年はついに300円の大台に達してしまった。表を見てもらえれば、その傾向は誰の目にも明らかだろう。
 
 配当上昇の推移の中で、ひとつ指摘しなければならないのが、91年から92年にかけて、単勝も複勝も配当がグンと上昇している点。これは91年の10月5日から、単複の払い戻しに約5%分の「特別給付金」が上乗せさせるようになり、単複の実質控除率が約20%に引き下げられた影響によるものだ。しかしながら、その局面を差し引いても配当が上昇傾向にあるのは、ほかの年度の推移を見ても間違ってはいない。
 
 平均配当が上がるのは一見喜ばしいことのようにも思えるのだが、そう単純な話でもない。かりに平均回収値が変わらないまま平均配当が上昇しているなら、それは的中率が落ちているということにほかならない。つまり、年を追うごとに競馬は難しくなっていっているのだ。
 
 こういった配当の上昇傾向の理由を考えるに、出走頭数の増加がひとつの要因として思い浮かぶ。そこで出走頭数の推移も調べてみたのだが、たしかに8頭立て以下のレースは減り、17頭立て以上のレースは増加している。86年と08年を比較すると、8頭立ては618レースから58レースへと激減したのに対し、17頭立て以上は72レースから393レースへと激増。さらに1番人気馬の成績も調べてみると、86年に56・8%だった1番人気の連対率は、08年には51・1%にまで下落。複勝率も86年の69・1%から、08年は63・9%に下がっている。
 
 しかし理由はそれだけではない。サンデーサイレンス系をはじめとする国内血統レベルの飛躍的向上、通年均一に保たれるように整備された馬場状態、多くの馬が能力を100%に近い状態で発揮できるようになった調教技術、騎乗技術の向上……。すなわち、昔よりも名馬と駄馬の違いがなく、個々の能力差が少ない状態で行なわれているのが現在の競馬である。
 
 もしかすると、オールドファンは昔より当てづらくなったと感じているかもしれない。馬券の主流が枠連から馬連、そして3連複・3連単へと、的中が困難な券種に移り変わったからだけではない。レースそのものが、難しくなっているのである。予想する者に厳しい時代。しかし、そんな時代だからこそ能力予想とは異なるベクトルが注目されていくのではないかと考える。

-----

日々(無駄な)データを取ってたりすると、色々と思うところもあるワケですよ。


 11:40

【新潟ダ12 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【新潟ダ12 考察】

私はダート戦に関してあまり予想をしていません。
というのもダート戦では展開の利による波乱が芝レースに比べて少ないと思っているからです。
特に私の場合は「前残り」で高配当馬券を狙っているので基本的に前が人気になるダート戦は妙味が薄くなります。
とはいえレース数の約半分はダート戦なので攻略出来た方がベターなのは間違いありません。
今日は新潟ダ1200コースを考察してみます。

何故新潟ダ1200コースなのかといえば
ラップギア適性が【瞬1平5消4】とスプリントコースとしては異質な存在だからです。
(その他のコースは消耗戦に特化した適性がほとんど、【瞬0平2消8】【瞬0平3消7】など)

各馬のラップギア適性からこのコースに見合う馬をピックアップするというはもちろんですが、もっと簡単にピックアップ出切る方法があります。
それは「前走のコース」です。
このコースが異質なダートスプリント戦なのでいつもと走るリズムが違います。
なので前走で同様のリズムで走った馬が穴馬となるケースがあるのです。

(検索期間 2006.01.01〜2010.07.25)

【前走コース】

新潟ダ1200 72-64-58-374 勝率12.7% 単回収値 95 【瞬1平5消4】
福島ダ1150 27-36-37-325 勝率 6.4% 単回収値 52 【瞬0平1消9】
中山ダ1200 24-18-24-241 勝率 7.8% 単回収値 46 【瞬0平1消9】
阪神ダ1200 13-10- 9-118 勝率 8.9% 単回収値126 【瞬0平3消7】
東京ダ1400 13-10- 9-118 勝率 8.7% 単回収値109 【瞬2平6消2】
阪神ダ1400  9- 8- 6- 92 勝率 9.1% 単回収値116 【瞬1平4消5】

同コースが最も成績が良いのはある意味当たり前かもしれませんがベタ買いしても単回収値が95もあるというのはかなり使えそうなデータです。
頭数は多いものの単回収値はかなり低いのはやはり消耗戦特化コースの福島や中山。
平坦適性や瞬発適性が問われるコースになると単回収値が100を超えてきます。

【前走ラップギア】

瞬発戦  50- 35- 36- 413 勝率9.4% 連対率15.9% 単回収値93
平坦戦  86- 88- 97- 849 勝率7.7% 連対率15.5% 単回収値76
消耗戦 100-108-100-1188 勝率6.7% 連対率13.9% 単回収値42

前走で瞬発戦か平坦戦を狙うのがベターですね。
単回収値だけでなく勝率や連対率でも上になります。

特に未勝利戦は適性不明な馬が多いケースがあります。
前走というだけのファクターで買ってみてもいいかも。


(本命ドリパス)


 22:32

函館記念予想より、一部抜粋

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア
競馬最強の法則WEB ラップギア 函館記念予想より、一部抜粋

------

58kgトップハンデの(5)シャドウゲイトを筆頭に、57kgの馬がズラリと並ぶ2009年の函館記念。16頭中12頭が56kg以上ということで、ハイレベルということなのだろうか。調べてはいないのだが、これは何らかの新記録になるような気がしないでもない。

……誘惑に負けて、予想に関係ないのに調べてしまった。おそらくコレ(56kg以上が12頭)、1986年以降の平地ハンデ重賞では、2009年アルゼンチン共和国杯と2009年中山金杯に並ぶ最多タイ記録だと思われる。

登録頭数の多さからハイレベルになりやすい金杯や、18頭立てだった2009年アルゼンチン共和国杯はともかく、16頭立ての函館記念で、そのうち12頭が56kg以上とは。過去24年、函館記念での56kg以上は平均4.75頭出走なので、今年の函館記念は例年の2倍〜3倍近くも、56kg以上の馬が出走しているということになる。

あとひとつ調べていて気になったのが、近年の平地ハンデ重賞は、全体的に56kg以上の馬が増えているということ。

■平地ハンデ重賞での56kg以上の頭数
2010年 97頭 1レース平均 5.7頭
2009年 149頭 1レース平均 5.7頭
2008年 137頭 1レース平均 5.1頭
2007年 126頭 1レース平均 4.7頭
2006年 134頭 1レース平均 4.9頭
2005年 117頭 1レース平均 5.0頭
2004年 102頭 1レース平均 4.4頭
2003年 90頭 1レース平均 3.9頭
2002年 89頭 1レース平均 3.6頭
2001年 91頭 1レース平均 3.9頭
2000年 92頭 1レース平均 4.0頭
1999年 81頭 1レース平均 3.5頭
1998年 91頭 1レース平均 4.0頭
1997年 76頭 1レース平均 3.3頭
1996年 71頭 1レース平均 3.0頭
1995年 68頭 1レース平均 2.8頭
1994年 64頭 1レース平均 2.7頭
1993年 85頭 1レース平均 3.1頭
1992年 87頭 1レース平均 3.3頭
1991年 88頭 1レース平均 3.3頭
1990年 91頭 1レース平均 3.4頭
1989年 75頭 1レース平均 2.8頭
1988年 82頭 1レース平均 3.0頭
1987年 74頭 1レース平均 2.7頭
1986年 75頭 1レース平均 2.8頭

2010年は函館記念終了現在なので、このペースでいけばやはり150頭ぐらいになる。平地ハンデ重賞のレース数自体は1986年からそんなに変わっていないのだが、2005年辺りからハンデの付け方が変わったんだっけ?(うろ覚え) いやたとえそうだとしても、それが1997年辺りから徐々に増えていく理由にはならない。

これもある意味、 「現代競馬は昔よりも馬同士の力が接近している」 という論の裏づけになるのではないか? もし馬同士の力が昔よりも接近しているというのなら、どこで勝ち負けの差が付くのか? それこそラップギアをはじめとする、適性予想の出番なワケですよ。

(後略)

------


 00:03

これは天才、素晴らしいね。

さあ、iDishのある生活をはじめよう。
http://d.hatena.ne.jp/shiinaneko/20100714/1279080443

この発想はなかったわ。

 12:14

ラップギア・プロスペクト 63


先週は特に少頭数のレースが多かったね。普通に買う分には少頭数でも何も問題ないんだけど、このラップギア・プロスペクトみたいな配当の高さを求められるモノはキツい。頭数が少ないと、対象馬自体少なくなるんだよねー。


土曜函館07R   函館ダ1700m  瞬1平6消3
1着3番人気 (4) メルシーサイレンス 瞬1平1消0 単勝11.5倍
――――――――――――――――――――――――――
3着1番人気 (11) ヘリオスシチー   瞬0平1消2
消耗馬ヘリオスシチーが単勝1.7倍にまで人気していたレース。しかしこのレースに限っては対象馬が多く、メルシーサイレンスは買ってなかった。



日曜新潟10R   新潟芝1400m  瞬2平6消2
1着6番人気 (3) サクラミモザ    瞬1平1消1 単勝14.4倍
――――――――――――――――――――――――――
11着1番人気 (9) トーセンマドローナ 瞬4平0消0
7着2番人気 (4) サザンスターディ  瞬5平2消0
サクラミモザ
サクラミモザには思い切って◎を打ち、それが正解。2着も単勝37倍の対象馬サクラバレット。先週は対象馬少なく、収穫も少。ひとつ言えば小倉11R、単勝55倍でハナ差2着だったサンマルエミネムが勝ってれば…なぁ。人気薄を買っての僅差2着は血の涙が出るね。


 04:53

【新馬戦回顧 7/17】 (本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【新馬戦回顧 7/17】

先週はこれといったレースがなかったので新馬戦の簡単回顧を2つほど。


【小倉芝1200】

2010年7月17日

11.9-10.4-10.8-11.5-11.8-11.5=1.07.9
(33.1-34.8) △7△3▼3 平坦戦

ブラウンワイルド

父ワイルドラッシュ×母父ヤマニンゼファー

レースはスタート良く飛び出して先頭の馬から1〜2馬身後ろの3番手に付けます。
4コーナーでは並んで走っていた1番人気のキミニアエタキセキ(母テンシノキセキ)を突き放し、残り200mで先頭に立つと一気に6馬身差離してぶっちぎりのレコード勝ち。
今年の小倉はかなり高速馬場となっていて1秒ほど速い感じですがそれでもかなり速いです。
ラスト1Fで▼3をマークしてるのが象徴的なレースで、ラスト1Fで11.5秒というのはかなりの瞬発力がありそうです。
ワイルドラッシュは瞬発タイプのダート馬を多く輩出していますが配合次第で芝でもということでしょうか。
母父ヤマニンゼファーというのが個人的には泣けます。


【新潟芝1400】

2010年7月17日

12.4-11.1-11.2-11.7-12.0-11.7-12.3=1.22.4
(34.7-11.7-36.0) △3▼3△6 平坦戦

マイネイサベル

父テレグノシス×母父サンデーサイレンス

スタート後押して押して3番手に付けます。
3〜4コーナーでもそれほど緩めない一貫したスピードレース。
直線に入って逃げていたトウカイギアーの脚が止まりはじめると内で我慢していたマイネイサベルが抜け出して先頭に。
後方から内を突いて1番人気のポピュラーストックが上がり最速で追い上げ2頭の叩き合いになったが結局マイネイサベルがハナ差凌いだレース内容。
瞬発力はそれほど問われなかったが走破時計も速く、スピードの持続力と勝負根性は優秀だと思われます。

テレグノシス産駒はJRA初勝利。
テレグノシスは現役時代は【瞬6平4消0】というラップギア適性。
母父としては大成功を収めているトニービンですが種牡馬となるとジャングルポケットぐらいしかいません。
マイネイサベルを見る限り(産駒数は少ないですが)テレグノシスはトニービン系種牡馬として成功する可能性を秘めているように感じます。
テレグノシスの母父はノーザンテーストですが母母父はSecretariat(ボールドルーラー系)。
スピードも十分あるのではないでしょうか。
マイネイサベルもそうですがサンデー肌と相性が鍵を握りそうです。

(本命ドリパス)


 11:52

お詫び致します

さきほど 競馬最強の法則ラップギア の会員様からご指摘があって気付いたのですが、アイビスSDの予想コメント (本文) を掲載し忘れていました。

申し訳ございません。今後はこのようなことがないように、金曜土曜作業手順のチェックシートをつくって ○ を付けていこうと思います。


 19:59

アイビスサマーダッシュ回顧


新潟芝1000m           瞬4平4消2
1着 8番人気  ケイティラブ    瞬2平1消2

メリッサもサープラスシンガーも単勝8〜10倍で4〜5番人気辺りだろうと思っていたら、なんとメリッサは1番人気で、サープラスシンガーは18頭立ての18番人気だった。ナンデだ?

◎サープラスシンガーは2008年のアイビスSDと同じく 「テンの2ハロンを22秒7」 のスタートダッシュを決めたのだが、それでもハナを切れなかった。ハナを切れなければ二束三文の馬。ケイティラブが速すぎたよ。


 12:12

【瞬発指数1位 騎手データ】(本命ドリパス)

【瞬発指数1位 騎手データ】

以前、瞬発指数1位に関しての記事を書きましたが上半期が終了したので今日は騎手別に特化してまとめてみました。
瞬発指数1位のデータ
(500万下以上のクラス限定、2010.01.05〜2010.06.27)

総合成績
194-175-141-905 勝率13.7% 連対率26.1% 複勝率36.0%

【騎手別成績】

横山典弘 21-6-2-18 勝率44.7% 連対率57.4% 複勝率61.7%
武豊   11-2-5-19 勝率29.7% 連対率35.1% 複勝率48.6%
後藤浩樹 10-7-4-16 勝率27.0% 連対率45.9% 複勝率56.8%
内田博幸  8-5-7-22 勝率19.0% 連対率31.0% 複勝率47.6%
蛯名正義  7-6-0-37 勝率14.0% 連対率26.0% 複勝率26.0%
川田将雅  6-6-3-16 勝率19.4% 連対率38.7% 複勝率48.4%
藤田伸二  6-5-5-17 勝率18.2% 連対率33.3% 複勝率48.5%
岩田康誠  6-4-4-28 勝率14.3% 連対率23.8% 複勝率33.3%
安藤勝己  6-3-2-17 勝率21.4% 連対率32.1% 複勝率39.3%
三浦皇成  6-2-1-12 勝率28.6% 連対率38.1% 複勝率42.9%

とにかく横山Jの成績が抜けています。
勝率や連対率は年間通しての1番人気の成績(概ね勝率33%連対率53%ぐらい)よりもはるかに良い成績です。
ラップギア的には「瞬発指数1位マイスター」といってもいいかもしれません。
一方、トップ10の中でイマイチなのは蛯名Jと岩田J。
瞬発指数1位の馬に騎乗する回数が多いのでこの位置にいますが勝率や連対率はあまり良くないです。
横山J>>>武豊J、後藤J>三浦J>安藤J、川田J、藤田、内田J>岩田J、蛯名J
という順列になるでしょうか。

横山Jの成績だけを少し詳しく調べてみます。
【場所別】

東京  7-2-1-10 勝率35.0% 連対率45.0% 複勝率50.0%
中山 12-4-1- 4 勝率57.1% 連対率76.2% 複勝率81.0%

2つ以外のコースに関しては騎乗数が極端に少ないので省きます。
東京も悪くない数字なのですが中山の数字は凄いの一言。
つまり、平坦コースで瞬発指数1位の馬を持ってくる技術に長けている騎手と言えるのかもしれません。
ローカル開催でも横山J&瞬発指数1位馬には注目ですね。

ちなみにこのデータを使って先週3連単を的中することが出来ました。
瞬発指数だけで印を付けた訳ではないですが横山J&瞬発指数1位というコンビが最終的な決め手となったのは確かです。
2番人気→1番人気→4番人気で決着して32倍と配当は低いですがワーズワースを頭固定に出来たおかげで2点買いに絞り込むことが出来ました。

土曜函館12R ダート1700m


(本命ドリパス)


 09:25

七夕賞回顧

七夕賞回顧

福島芝2000m           瞬2平6消2
1着11番人気  ドモナラズ     瞬0平5消1
―――――――――――――――――――――――――
3着 1番人気  サンライズベガ   瞬5平4消1
3着 2番人気  バトルバニヤン   瞬6平4消0

平坦系の馬は16頭中「瞬0平5消1」のドモナラズと「瞬2平3消3」ブレーヴハート、「瞬2平10消4」エリモハリアーの3頭だけだったものの、まさかドモナラズが勝つとは! 能力とか力関係とか考えてたらほとんど手を出せない馬、それでも適性だけで重賞を勝ってしまった(?) ラップギア恐るべし。


 19:42

ラップギア・プロスペクト 62


土曜函館02R   函館ダ1700m  瞬1平6消3
1着6番人気 (1) チェルカトローバ  瞬0平1消0 単勝13.3倍
――――――――――――――――――――――――――
4着1番人気 (13) メイショウボヌス  瞬2平0消0
寝てて買えず。朝11時とか、普通は寝てるよねー。



土曜函館09R   函館ダ1700m  瞬1平6消3
1着6番人気 (5) ピースオブパワー  瞬1平2消1 単勝15.6倍
――――――――――――――――――――――――――
3着1番人気 (11) エアウルフ     瞬3平1消0
4着2番人気 (12) スズカフレーム   瞬2平1消0
ピースオブパワー




日曜福島11R   福島芝2000m  瞬2平6消2
1着11番人気 (8) ドモナラズ     瞬0平5消1 単勝19.8倍
――――――――――――――――――――――――――
3着1番人気 (9) サンライズベガ   瞬5平4消1
3着2番人気 (10) バトルバニヤン   瞬6平4消0
ドモナラズ
第46回七夕賞。このドモナラズには、買ってた本人も驚いた。



日曜函館11R   函館芝2600m  瞬3平5消2
1着12番人気 (1) グラスゴッド    瞬0平1消0 単勝100.1倍
――――――――――――――――――――――――――
12着1番人気 (11) ラストノート    瞬2平0消0
10着2番人気 (12) トモロポケット   瞬6平0消0
グラスゴッド
そしてその直後に来た、単勝100倍グラスゴッド。一撃必殺の単勝万馬券。
ラップギアの夏、平坦馬の夏!




■ ラップギア・プロスペクトとは?

1番人気のラップギア適性が合っていないレースで、能力とか関係なしにラップギア適性の合っている人気薄を3頭ぐらい買ってみるという方法。全馬のラップギア適性値が把握できれば、あとはオッズ情報さえあれば30秒で買い目が決定。いわゆる「1番人気のコケやすいレース」での穴狙い、結構な確率で人気薄が来ます!!

ラップギア適性調べるのメンドクセーとか、やってらんねーよーって人には下記サイトに毎週全馬の 「最新ラップギア適性値付き出馬表」 を用意していますので、そちらを参照してみてください。1レースあたり全馬の 「瞬発指数&ラップギア」 情報料は14円ぐらいかと。

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア
競馬最強の法則WEB ラップギア



 21:07

↓の追記

ちなみにタコのパウルくんはワールドカップを8連続的中。半丁バクチで8連勝する確率は1/256なので、現在日本の人口が約1億2800万人として、全員でテキトーに予想しても50万ぐらいの人数が達成できる確率。難易度で言うと、ジャンボ宝くじで1万円が当たる確率の1/4ぐらい。

ただね、1人だけ指名された状態で、8連勝できる人は256人に1人しかいないということ。ここ一番に勝負弱い自分としてはうらやましい話だ。その256回に1回を、人生で1度も引けない可能性のほうが大きいんだよね。自分の過去を振り返っても、もう数回は無駄にしてるし。

まー実際はタコの好む色と国旗の色とかが関係してるんじゃないかって話だけどさー。


 05:11

予想と結果の因果関係

タコのパウルくん、2010 FIFAワールドカップを全的中!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB_%28%E3%82%BF%E3%82%B3%29

100%的中ってのなら、次回からタコに試合結果をすべて決めさせ、それをワールドカップと呼べば良いのでは? わざわざ時間をかけて実際に試合をする必要はない。100%っつーのはそういうこと。

…しかしそうなると、今度は「的中率100%をキープし続けているのか」を調査するための検証(試合)が必要になるのですよ。検証のためのワールドカップが。もし仮に100万回予想して的中率100%であっても、100万1回目にハズレるかも知れないからね。


 23:20

【函館スプリントS 回顧】(本命ドリパス)

【函館スプリントS 回顧】

2010年7月4日

サマースプリントシリーズ第一弾、函館スプリントSです。
06年にこのレースで2着となったシーイズトウショウがスプリントチャンピオンになりましたが以後3年はこのレース不出走の馬がチャンピオンになっています。
このレース単体ではなくシリーズを通して見るというのも夏競馬の面白さではないでしょうか。
まず先手を取れた馬はどれだったでしょう。

1番人気には高松宮記念2着のビービーガルダン
2番人気には前走CBC賞3着、夏は牝馬ワンカラット
3番人気には前走京王杯SC3着アーバニティ
オッズ的には3強という構成です。

12.0-10.2-10.9-11.6-11.4-12.1=1.08.2
(33.1-35.1) △7▼2△7 平坦戦

前走出遅れてレースにならなかったケイアイアストン、逃げるしかない(逃げたこと以外ない)ラブミーチャン、前走テンの3Fを32.7秒でぶっ飛ばしたシンボリウエストなど流れが速くなる要素は十分揃っていました。
結果その通りになってテンの3Fは33.1秒とハイペース。
3F目が10秒台のラップになったのはキンシャサノキセキが勝った08年ぐらいで今回はそれに次ぐ速さでした。
ビービーガルダンは外枠で59kgの斤量を背負っていながらスタート良く前に付けることができ前から5番手の先行策。
ワンカラットは内枠を利して中団から徐々に進出といった感じで3コーナー通過時はビービーガルダンと並んで5番手に押し上げる。
アーバニティは前走で1400m戦を使った影響からか中団の8番手とやや後ろの位置。

4コーナーでワンカラットとビービーガルダンが併走してポジションを押し上げて先頭に並びかけて直線を迎えます。
直線に入って抜けたのはワンカラット。
ビービーガルダンは脚が止まった感じだが後方からの馬も前半のハイペースのため凄い末脚で追い上げる馬は見当たらない。
5番人気のアポロフェニックスと4番人気のキョウエイアシュラがジリジリ差を詰めてくるが詰めただけで精一杯。
結局ワンカラットが2馬身突き放してレコード勝ち。
2着にはなんとかビービーガルダンが粘りこみ3着はアポロフェニックスの方だった。
アーバニティは離れた5着で優勝争いには加われなかった。

前半これだけ速くなると底力&スタミナというのが必要となってくるはず。
こうなってくるとG気妊魯丙2着2回の実績を持つビービーガルダンは上位。
59kgと外枠で2着ということかもしれません。
勝ったワンカラットは1400m戦の阪急杯2着(消耗戦)という実績に持ち主で、それに加えて内枠と54kgという斤量も味方に付けた結果だと思われます。
しかし、それでもスプリント戦で2馬身差というのはかなり大きな差なので順調に行けば秋に大仕事をやってのける可能性は十分あると感じるレース内容でした。
サマースプリントは捨ててもいい覚悟でキーンランドC(セントウルS)→スプリンターズSというローテはどうでしょう?(次走も1着を取れば2戦だけの出走でもサマースプリントも取れるでしょうけど)

次のサマースプリントはアイビスSD。
次に名乗りを挙げるのはどの馬でしょうか?
私はバクシンオー産駒に注目します。

1着 ワンカラット    瞬1 平2 消0
2着 ビービーガルダン  瞬1 平6 消6
3着 アポロフェニックス 瞬1 平4 消4

(本命ドリパス)


 00:51

タマのありなし

7/10の土曜福島10R・・・
ニューホープ(牡5) と タマニューホープ(牡4) が
ついに・・・同じレースに!

 15:42

函館スプリントS回顧


函館芝1200m           瞬1平3消6
1着 2番人気  ワンカラット    瞬1平2消1
2着 1番人気  ビービーガルダン  瞬1平6消6
3着 5番人気  アポロフェニックス 瞬1平4消4
―――――――――――――――――――――――――
5着 3番人気  アーバニティ    瞬4平1消2

ワンカラットは「瞬1平2消1」のラップギア適性値ながら、消耗戦は2戦して1連対(阪急杯2着)。消耗戦をこなせる下地はあったのだが、前半34秒を切るようなペースに対応できるかどうかが不明で、その点を嫌ってしまった。

しかしレースが終わってからよく見ると、新馬戦とか2戦目の小倉2歳Sで、余裕で対応していたじゃないかーorz その代わりにと◎を打ったボストンオーは、こちらのほうが近走のような積極策が鳴りをひそめ、4角11番手から大外を通る競馬。ここでワンカラットをとれなかったのは悔しい!


 02:09

ラジオNIKKEI賞回顧

ラジオNIKKEI賞回顧

福島芝1800m           瞬2平7消1
1着 3番人気  アロマカフェ    瞬1平1消1
2着 2番人気  クォークスター   瞬3平2消0
3着 6番人気  レト        瞬0平4消0
―――――――――――――――――――――――――
5着 1番人気  トゥザグローリー  瞬2平1消0
6着 4番人気  リリエンタール   瞬4平0消0
13着 5番人気  ドリームカトラス  瞬0平0消2

人気どころでは最も平坦適性を示していたアロマカフェの勝利。1番人気トゥザグローリーのマクリに耐えて、なおかつ 「11.5-11.6-11.7-12.1」 の上がりをゴール直前まで粘ったレトは、勝ち馬にも匹敵する内容だった。◎ガルボに関しては、どうやら読み誤っていたようです。スミマセン。


 19:48

【ラップギア verオグリ】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【ラップギア verオグリ】

7月3日の午後、オグリキャップ(牡25歳)が放牧中に骨折。
その後、安楽死の措置がとられました。
最近の競馬ファンにはよく分からないかもしれません。
ラップギア的にはどんな馬だったでしょうか。

ペガサスS  1着 △6▼3△2 平坦戦
毎日杯    1着 △6▼4±0 平坦戦
京都4歳特別 1着 △8▼2▼4 平坦戦
NZT4歳S 1着 △1▼1▼5 瞬発戦
高松宮杯   1着 ▼2±0±0 平坦戦
毎日杯    1着 △3▼4△8 平坦戦
天皇賞秋   2着 △1▼3▼2 平坦戦
JC     3着 ±0▼3△4 平坦戦
有馬記念   1着 △1△2▼5 瞬発戦
オールカマー 1着 ▼2△5△1 平坦戦
毎日王冠   1着 ±0▼4▼1 平坦戦
天皇賞秋   2着 ±0▼2▼2 平坦戦
マイルCS  1着 △3▼1△1 平坦戦
JC     2着 △5▼3△4 平坦戦
有馬記念   5着 △1±0±0 消耗戦
安田記念   1着 △4▼2△2 平坦戦
宝塚記念   2着 △1▼2△2 平坦戦
天皇賞秋   6着 △3▼5△2 瞬発戦
JC     11着 ±0▼5△4 瞬発戦
有馬記念   1着 ▼1▼3△7 平坦戦

中央成績 12-4-1-3

ラップギア成績 【瞬2平14消0】

20年以上前の競馬なので現在とはレース傾向がかなり異なるため単純な比較は難しいかもしれませんけど...。
「凄く切れる末脚」というイメージが強いがラップギア適性から判断すれば平坦馬と言えます。
近年ではディープインパクト【瞬11平2消0】というよりはダイワメジャー【瞬4平8消1】やタップダンスシチー【瞬6平11消1】に近いタイプの馬だったと思われます。

1600〜1800mで無敗、JCの世界レコードタイということからスピードに長けた平坦馬でベストな舞台はマイルCSではなかったかと思われます。
そういう意味ではタップダンスシチーよりはダイワメジャーの方がしっくりくるか。

5歳の秋に天皇賞秋→JCと惨敗して「もうオグリは終わった」と言われていましたが実はその2レースは瞬発戦でした。
平坦馬であるオグリキャップが中山芝2500【瞬3平6消1】が舞台である有馬記念では巻き返し可能だったと今なら言えるかもしれません。
(とはいえ天皇賞&JCの最大加速度は▼5なので微妙と言えば微妙なんですけど)
ピーク期間中であれば適性外のレースでも好走可能ですがピークを超えると適性外のレースでは惨敗しても不思議はないというのが明確に表れたオグリキャップの生涯成績だと思います。

ラストランの有馬記念ではオグリを信頼していなかった私はオグリを外して馬券を買う予定でした。
しかし、オグリはメジロアルダン(2番人気)と同枠だったので代用馬券で的中することが出来ました。
今となってはいい思い出です。
(当時は馬連はなく単勝、複勝、枠連の3種類の馬券しか存在しませんでした)
オグリキャップよ永遠に...。

(本命ドリパス)

-----

自分も 単行本『ラップギア』 のP199〜に、オグリキャップの記したラップギアについて書きましたが、1989有馬記念の5着、1990天皇賞(秋)6着、ジャパンカップ11着、そしてラストラン有馬記念の復活劇、すべて適性面の問題だったと考えています。多くの人が 「強い馬はどんな条件でも強い」 と信じて疑わない、そんな時代でした。 (岡村)


 13:30

ラップギア・プロスペクト 61


土曜福島03R   福島ダ1700m  瞬1平5消4
1着7番人気 (1) マイネルナロッサ  瞬0平1消0 単勝23.7倍
2着1番人気 (14) パラダイスモデル  瞬0平0消1
マイネルナロッサ
単勝7番人気マイネルナロッサは、瞬発指数1位かつ、ラップギア・プロスペクト対象馬。



土曜函館11R   函館芝1800m  瞬3平6消1
1着8番人気 (5) メジロスプレンダー 瞬1平1消0 単勝20.7倍
6着1番人気 (8) サトノエクスプレス 瞬5平2消0
メジロスプレンダー



オマケ
競馬予想グランプリ にて、三連単予想を始めました。それに伴い、三連単というものを初めて買ってみました。2004年の三連単導入から遅れること6年、やっと時代に俺が追いついた。
ゼットサンサン
三連単54.7倍


ビラゴーティアラ
単勝10.5倍


アグネスナチュラル
単勝14.4倍


 13:18
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
アクセスランキング
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール