January 2012

◆【京都牝馬S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【京都牝馬S 考察】

07年 34.8-23.4-34.8 =1.33.0 ▼4△8▼ 1 平坦戦
08年 36.3-24.1-35.6 =1.36.0 ▼2△3▼ 1 平坦戦 重
09年 35.4-23.8-35.9 =1.35.1 △2▼3△11 平坦戦 稍重
10年 36.7-25.0-34.7 =1.36.4 ▼7▼4△ 7 瞬発戦 稍重
11年 35.4-24.3-34.0 =1.33.7 ▼4▼3△ 1 平坦戦

京都芝1600mは【瞬3平6消1】という平坦コースで近年はその通りの傾向となっています。
そして過去5年で4回は加速(▼)が2度生じています。
じわじわ伸びるという様な持続的な脚が使えるタイプの馬が狙い目といえるかなと思います。
血統的に見ても斬れ不足のダンスインザダーク産駒が0-2-2-3(連対率28.6%、複勝率57.1%)と勝利はないものの好成績を挙げていることもそれを証明してると思います。

では勝ち馬のラップギアを見てみましょう。

ディアデラノビア  【瞬2平2消0】
アドマイヤキッス  【瞬4平2消1】
チェレブリタ    【瞬0平6消0】
ヒカルアマランサス 【瞬3平1消0】
ショウリュウムーン 【瞬2平0消1】

平坦戦実績がポイントだとは思いますが昨年のショウリュウムーンは平坦戦実績なしでした。
平坦戦だった重賞での実績を調べてみると

ディアデラノビア  オールカマー3着(0.0秒差)
アドマイヤキッス  愛知杯1着
チェレブリタ    愛知杯2着(0.0秒差)
ヒカルアマランサス 愛知杯4着(0.1秒差)
ショウリュウムーン 桜花賞4着(0.2秒差)
 
となっていて平坦戦だった重賞で僅差4着以内というのが一つの目安になるかもしれません。
但し、この条件とクリアしていても敗退した馬は少なくありません。
適性以外の条件から絞り込みをしてもいいかもしれません。
過去5年で偏りのあるファクターは以下の通り。
・斤量は軽い方が有利(前走よりも斤量増加は不利)
・内枠有利(勝ち馬は2〜5枠)
・前走の距離が2000mの馬は好成績
これらの条件からすれば(枠順がまだ不明ですが)現状ではコスモネモシンが有力候補かなと思います。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 府中牝馬S 予想全文10.10.21
 ラップギア・プロスペクト09.04.28
 牝馬限定、能力不要?!09.04.17


 11:16

◆【菜の花賞 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【菜の花賞 考察】

前回は若駒Sの考察の記事を書いたのですがなんと5頭立て…
しかも推奨したダノンオリエントも回避…
これではちょっとという感じなので3歳戦の考察をもう一つやります。

07年 35.5-24.8-35.2 =1.35.5 ▼8▼2△5 瞬発戦
08年 34.6-24.3-36.6 =1.35.6 ▼1▼7△8 瞬発戦
09年 35.0-24.6-37.8 =1.37.4 ▼4△2△8 平坦戦 重
10年 36.4-24.4-35.4 =1.36.2 ▼2▼4△8 平坦戦
11年 36.2-23.9-35.5 =1.35.6 ▼1▼5△5 瞬発戦

近年は瞬発戦が3回ありますが基本的には特別大きな加速は生じないレース傾向です。
一つポイントとなるのはこの菜の花賞は07年08年はOPクラスのレースでしたが09年以降は(同コースでフェアリーSが新設されたため)500万下クラスに変更となっています。
重馬場だった09年は別としてここ2年はテンの3Fが36秒台とそれまでに比べると緩くなっています。
これは単純にOPと500万の違いと言えるかもしれません。

では勝ち馬のラップギアとその増減を見てみましょう。

ピンクカメオ    【瞬1平1消1】△8△3△ 1 ▼ 2△1△2 ▼6±0△6
デヴェロッペ    【瞬0平0消1】△8±0△ 7
ディアジーナ    【瞬2平0消1】△4△1△12 ▼ 4▼5±0 ±0▼6△6
イイデサンドラ   【瞬3平0消0】▼8▼1± 0 ▼10▼4△4 ▼2▼6△1
マヒナ       【瞬1平0消0】▼9▼2△ 7 1着入線→降着

勝ち馬のラップギアにもクラス変更となったことが表れています。
07年08年の勝ち馬には消耗戦実績があって1200〜1400mのスプリント適性が重要ということがいえます。
一方、10年11年の勝ち馬は瞬発タイプの馬となっています。
これはテンの3Fが緩くなったせいでスピードというファクターの重要度が下がったためでしょう。
ならば瞬発タイプの馬を狙っていけばOKと思われますが、今年は09年同様にフルゲートで重馬場(雪?)というレース状況になりそうなので10年11年とは異なる可能性があります。
09年のディアジーナを参考にすれば瞬発戦実績もありますが消耗戦実績もありました。
今年のメンバーでこの実績の馬はいませんが瞬発戦&平坦戦両方に実績のある馬は
サンキューアスクとミヤコマンハッタン
の2頭となっています。
天候同様難解なレースとなりそうですが一応この2頭を注目馬に挙げたいと思います。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【フェアリーS 考察】(本命ドリパス)12.01.08
 【NHKマイルC 回顧】11.05.11
 NHKマイルカップ回顧 参考資料09.05.12


 03:01

◆【若駒S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【若駒S 考察】

07年 38.1-52.4-34.7 =2.05.2 ▼ 7▼4△4 瞬発戦
08年 37.9-51.1-35.4 =2.04.4 ▼ 5▼5△4 瞬発戦
09年 36.2-50.4-35.6 =2.02.2 ▼ 2▼9△2 瞬発戦
10年 36.2-52.0-33.8 =2.02.0 ▼11▼6▼1 瞬発戦
11年 35.5-51.3-34.9 =2.01.7 ▼ 9▼3△4 瞬発戦

07年08年は超スローペースにも関わらずラストはそれほど大きな加速が生じていないレースでちょっと低レベル感が否めないです。
実際勝利したモチとジュウクリュウシンはクラシック戦線には乗れませんでしたし。
09年以降は若干道中のペースがUPしたにも関わらずラストで▼9〜▼11と大きな加速が生じていてアンライバルドやヒルノダムールというG鞠呂鯒攴个靴燭箸いΔ里眷柴世侶覯未世隼廚い泙后
過去のラップギアを見てみると連続加速があってその一つは大きな加速という傾向。
スパートが始まるのが4コーナーに突入してからということなのでコーナー区間で加速しなければいけなくなります。
やはり内回り向きの機動力は必要かなという印象です。
10年は勝利したのはヒルノダムール(現在【瞬3平6消0】)ですが2着はルーラーシップ(現在【瞬5平2消0】)でした。
これは適性の違いによる差だと思います。
では勝ち馬のラップギアとその増減を見てみましょう。

モチ        【瞬1平0消0】△4▼6±0
ジュウクリュウシン 【瞬0平1消0】△3▼1△1
アンライバルド   【瞬1平0消0】▼17△6▼9
ヒルノダムール   【瞬2平0消0】▼7▼3△5 ▼4▼2▼3
リベルタス     【瞬2平1消0】▼6▼5△3 ▼2△7±0 ▼7△1△8

上記に書いた通りモチとジュウクリュウシンはちょっと考察から除外すると考えて、残る3頭を見ると
・加速が2つあるレース実績
・ラスト1Fで減速していないレース実績
の2点が共通ファクターとなっています。

今年は登録頭数が9頭とかなり寂しい状況ですがダービー馬候補のワールドエースが登録してきました。
ワールドエースの新馬戦は▼10±0△3というレースで若干過去の勝ち馬と傾向は違うようです。
それでもダービー候補でこの頭数であれば圧勝してもおかしくはないのですが唯一上記の条件をクリアしているダノンオリエントに注目したいです。
前々走▼5±0±0で2着になっていますが前半から速い流れを2番手追走し3コーナーで逃げていたレッドバビロンが外に膨れる不利(レッドバビロンは降着)があっての2着。
前走は超超スローペースの逃げ切りだが圧倒的人気だったベールドインパクト(次走未勝利戦を快勝)を寄せ付けず上がり最速で勝利。
という2戦の内容から軽視は禁物という存在に思えます。
(とはいえ2番人気かな?)

(本命ドリパス)

-----

冒頭、モチやジュウクリュウシン、アンライバルド、ヒルノダムール辺りの下り、瞬発指数的な考え方ですね。緩い流れであるにもかかわらず勝負どころでほとんど加速できていないレースは低レベルである可能性が高く、締まった流れなのに勝負どころで大きく加速しているレースはハイレベルである可能性が高いはず。そういう考え方を一定の公式にあてはめたものを瞬発指数として公表しています。(岡村)


 ブログ内 関連記事
 【萩S 考察】(本命ドリパス)11.10.28
 根岸S予想全文10.02.02
 【若駒S 回顧】(本命ドリパス)10.01.27


 22:27

◆【京成杯 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【京成杯 考察】

07年 37.6-49.0-35.0 =2.01.6 ▼8± 0△8 瞬発戦
08年 35.8-50.5-36.6 =2.02.9 ▼9△ 4▼2 瞬発戦
09年 36.2-51.0-35.5 =2.02.7 ▼9▼ 1△6 瞬発戦
10年 37.2-51.2-35.2 =2.03.6 ▼2▼10±0 瞬発戦
11年 36.0-48.3-36.6 =2.00.9 ±0± 0△3 消耗戦

07〜10年は中盤が緩んで上がりで▼8〜▼10程度の加速が生じる瞬発戦でしたが昨年は中盤が速く流れる消耗戦でした。
昨年をレアケースと考えるべきでラストで一瞬の加速が使えるタイプというのがポイントになる気がします。

では勝ち馬のラップギアとその増減を見てみましょう。

サンツェッペリン  【瞬2平1消0】▼12▼ 5△4 ▼8▼6△3 △2▼3△3
マイネルチャールズ 【瞬2平1消0】▼ 6▼ 7△8 ▼3▼9△1 ▼2±0△9
アーリーロブスト  【瞬1平3消0】△ 1▼10▼1 ▼4▼3△2 △1±0▼3 ±0▼2△6
エイシンフラッシュ 【瞬2平0消0】▼ 5▼ 1▼2 ▼8▼7△4
フェイトフルウォー 【瞬1平0消0】▼13▼ 3±0

瞬発戦実績があるというのは当然の結果だと思いますが平坦戦実績がある馬が3頭います。
平坦戦実績はあった方がベターということでしょう。
そして予想通り▼8以上の加速が生じたレースでの実績がどの馬にもありました。
ここはやはりポイントになりそうです。
そしてこの5頭全てに先行しての勝利経験があり「先行力」というのも重要だと思います。

今年の登録メンバーでは
アーデント、アドマイヤブルー、サトノプライマシー、スノードン、ピタゴラスコンマ、ベストディール、マイネルロブスト、レッドシャンクス、ロジメジャー
の9頭が条件をクリアしています。

この中で平坦戦実績も持つ馬を重視するならアーデント、マイネルロブストの2頭が有力。
データ的に偏りのある「前走2000m」と「前走3着以内」を重視するならアドマイヤブルーが有力となります。
(データ的なものは勝ち馬に限ったものです)
おそらく人気3頭となるでしょうがやはりアーデント、マイネルロブスト、アドマイヤブルーというところになるのでしょうか。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 【京成杯 回顧】(本命ドリパス)11.01.19
 京成杯 プレイバック(本命ドリパス)10.01.15
 ラップギア・プロスペクト 2209.09.15


 11:00

■ 【フェアリーS 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【フェアリーS 考察】

09年 36.4-24.5-35.6 =1.36.5 ▼1▼8△6 瞬発戦
10年 33.8-24.0-38.0 =1.34.8 △8▼2△6 平坦戦
11年 34.0-23.1-36.6 =1.33.7 △2▼3△6 平坦戦

09年はゆったりと流れる瞬発戦だったがここ2年はハイペースでの平坦戦となっている。
1月末に同コースで行われる菜の花賞(牝馬500万クラス)はどちらかといえば09年の流れに近いのでフェアリーSがG靴箸いΔ海箸鮃佑┐譴个海2年のハイペース前傾ラップの方がむしろスタンダードかもしれません。

では過去3年の連対馬のラップギアとその増減を見て過去3年を比較してみましょう。

ジェルミナル    【瞬2平0消0】▼13△8▼10 ▼ 9△1▼1
アイアムネオ    【瞬1平0消0】▼ 1▼9△ 3
コスモネモシン   【瞬1平1消0】▼ 6▼2△ 6 ▼ 4▼4△1
アプリコットフィズ 【瞬1平0消0】▼ 8▼8△ 6
ダンスファンタジア 【瞬2平0消0】▼ 8▼9△ 5 ▼10▼7△8
スピードリッパー  【瞬2平1消0】▼ 6▼7△ 3 ▼ 5▼8±0 △1▼3△4

10〜11年は平坦戦でしたが平坦戦実績馬を狙うよりも瞬発戦実績馬を狙った方がベターという傾向のようです。
・▼5〜▼10ぐらいで連続した加速が生じたレース実績
・1600〜1800mでの実績
・父か母父がサンデー系の血統
の3点が好走率が高い傾向にあると思われます。

今年の出走メンバーでは
アイスフォーリス、トーセンベニザクラ、ラシンティランテ、(オメガハートランド)、シャンボールフィズ、チェリーメドゥーサ
の6頭辺りでしょうか。
オメガハートランドに括弧を付けたのは【瞬1平0消1】と消耗戦実績があるのが例年の傾向とはちょっと違うためです。
但し、中山芝1600は【瞬3平5消2】なので消耗戦実績があっても適性から外れてるとは言えないとは思えます。

どれも甲乙付けがたい印象ですがシャンボールフィズ、チェリーメドゥーサの2頭は8枠。
ちょっと割引が必要かもしれないのでアイスフォーリス、トーセンベニザクラ、ラシンティランテ辺りを上に取りたいところでしょうか。
但し、中山初日開催では真ん中辺りの枠が好成績でしたが開催が進んで月曜では外差し馬場となっても不思議はない訳で。
ならば最後のスパイスは「枠」ではなく「騎手」という手もありますね。
もちろん「瞬発指数」でもOKでしょう。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 【フラワーC 回顧】】(本命ドリパス)10.03.23
 新種牡馬3頭のラップギア成績(本命ドリパス)10.02.06
 ラップギア・プロスペクト 3710.01.13


 21:44

■ 6億円当たって翌週に5億9900万ツッコむとか?

出し抜けに、明けましておめでとうございます。

……で、早速。

JRA2連福(にれんふく)

今年は過去4年続けていた JRAプレミアム じゃなくて、 JRA2連福(にれんふく) を やるそうです。

「的中率が低くて高配当」 の馬単や3連系じゃなくて、馬連、枠連、ワイドに絞るという方向性は悪くはないはず。やっぱそっちが売れないとさ。だって例えばtoto−BIGなんかで6億円が当たったとして、100万だけ取っておいて翌週のBIGに5億9900万ツッコもうなんて思うはずがないもの。

上記の例はちょっと極端ではあるものの、低的中率高配当の馬券というのは、絶対的にJRAの販売機会の低下に繋がっていると思われるので。自分の予想の生命線は10倍以上の単勝がいくつとれるかであり、JRAの生命線は高的中率馬券の販売金額だと思うのですよ。

ただ方向性は悪くはなくともね、年間36/3400レースでどれだけアピールできるのかな。さっそく東西金杯からヤルらしいけど、年末・有馬記念の翌日に2/3の24レースを固めるのもどうかと。

関連記事
JRAプレミアムってさ…

 ブログ内 関連記事
 JRAプレミアム11.02.21
 伝説のハイセイコー09.12.30
 ラップギア・プロスペクト 1909.08.24


 10:37
2017年12月18日発売!!
『デジタル競馬最強の法則Vol.3』
デジタル競馬3表紙2

スマホ&フリーソフトでバカ勝ちできる!
まるごと一冊【超穴・大穴馬券】的中の法則
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール