November 2013

◆【金鯱賞 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【金鯱賞 考察】

12年 37.0-48.2-35.2 =2.00.4 ▼1▼2△5 平坦戦

新中京コースでこの時期の開催は今年で2回目の金鯱賞。
昨年はテンこそ37.0秒でスローに入りましたが5F目以降11秒台のラップがずらっと並ぶ速い流れで平坦戦となりました。
新中京芝2000mコースは今まで瞬発戦41回、平坦戦23回、消耗戦3回となっていてラップギア表記にすれば【瞬6平3消1】ぐらいになると思いますが消耗戦は12年の7月以降一度もないということからすれば【瞬6平4消0】で考えてもいいかもしれません。
では昨年の1〜3着馬のラップギアを見てみましょう。

オーシャンブルー  【瞬5平1消0】
ダイワマッジョーレ 【瞬5平0消0】
アドマイヤラクティ 【瞬6平4消0】

レースは平坦戦でしたが瞬発タイプの馬でワンツーとなりました。
しかし、この1〜3着馬はこのレース後重賞で連対したのはほとんど平坦戦でした。
今現在のラップギアはこうなっています。

オーシャンブルー  【瞬5平3消0】
ダイワマッジョーレ 【瞬6平5消0】
アドマイヤラクティ 【瞬6平5消0】

どの馬も昨年の金鯱賞出走時は重賞出走経験があまりありませんでした。
なので条件戦では瞬発戦で実績を残してきた馬が重賞クラスになると平坦戦で勝ち負けというタイプの馬と言えるかもしれませんが、これは昨年平坦戦になったのが理由かもしれないので決め付けては駄目かもしれませんね。
とりあえず【瞬6平4消0】タイプで考えたいと思います。

あと、昨年のこのレースでは前走上がり1位の馬が好成績。
12頭中5頭が前走上がり1位でしたが
1、2、3、6、8着
という着順でした。
1位のオーシャンブルーはこの5頭の中で唯一G興仭馬でした。
今年の出走メンバーで前走上がり1位の馬はシャドウバンガードのみ。
しかし、前走1600万下クラス2着なので微妙です。
その他では上がり3位だったのが
ラブリーデイ、ロードオブザリング
の2頭です。

それよりも今年のメンバーはどの馬が逃げるのか不明なぐらい前が手薄なメンバーなので前走上がり1位よりも先行馬でカレンミロティック【瞬7平1消1】に魅力を感じます。
昨年の牝馬限定の愛知杯は同じ中京芝2000コースで開催されましたがエーシンメンフィスがスローで逃げてまんまとそのまま逃げ切り勝利という展開でした。
人気馬の中ではメイショウナルトが先行馬ですが騎乗する武豊Jがレースを支配する気がします。
前有利の流れを作ってくれればハーツクライのワンツーかも。
あ、ウインバリアシオンもシャドウバンガードもハーツクライだな…。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 天皇賞(春)回顧 13秒9で流れた瞬間11.05.02
 5週ぶりに味わう敗北11.03.02
 金鯱賞 予想全文10.05.30


 23:56

◆【京都2歳S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【京都2歳S 考察】

08年 35.3-51.5-35.4 =2.02.2 ▼6△1△1 瞬発戦
09年 38.0-49.4-34.2 =2.01.6 ▼2±0△6 平坦戦
10年 37.6-48.7-35.3 =2.01.6 ▼2▼3△5 平坦戦
11年 35.9-50.5-35.1 =2.01.5 ▼6△1△1 瞬発戦
12年 38.7-50.3-34.0 =2.03.0 ▼4▼4±0 平坦戦

過去4年では瞬発戦2回、平坦戦3回となっていて最大加速も▼2〜▼6というレース傾向。
それほど瞬発力は必要としないレースということでやはり平坦戦向きの馬が有利でしょう。
では連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
イグゼキュティヴ  【瞬0平1消1】± 0△3△2 ▼3▼3△9
ヴィクトワールピサ 【瞬2平0消0】▼ 2▼8△1 ▼6▼3±0
マーベラスカイザー 【瞬0平1消0】▼ 2▼4△5
トリップ      【瞬1平0消0】▼12▼2▼1
エピファネイア   【瞬1平0消0】▼10▼3▼2
2着馬
ファミリズム    【瞬0平1消0】▼ 1±0▼2
メイショウホンマル 【瞬1平0消0】▼ 2▼2▼6
プレイ       【瞬3平0消0】▼15▼7△3 ▼5▼8▼2
エーシングングン  【瞬1平0消0】▼ 4▼8△2
ダンツアトラス   【瞬2平0消0】▼ 2▼9△4 ▼8▼6▼2

平坦戦向きといいながら平坦戦実績のあった馬は僅か3頭なので率としてはイマイチか。
結構ポイントとなりそうなのは連続加速実績。
そしてラスト1Fでの加速実績も多いです。

今年の出走メンバーで連続加速実績+ラスト1F加速実績があった馬は
トーセンスターダム
のみとなっています。
トーセンスターダムの前走は重馬場開催で超スローの上がりだけのレースで▼10▼9▼3で勝利。
爆発的な瞬発力での勝利なのでレース質とは若干異なりますが能力の高さで勝ち負け可能かと思います。
その他では重賞連続3着のピークトラムもいますが小倉の新馬戦で▼6▼9±0で逃げ切り勝利したシャンパーニュも外回りコース惜敗後で内回り2000mなら立ち回り次第で圏内かと思います。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 【京都2歳S 考察】(本命ドリパス)11.11.25
 【京都2歳S 回顧】 (本命ドリパス)09.12.01
 ラップギア・プロスペクト 2609.10.27


 09:36

◆【京阪杯 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【京阪杯 考察】

08年 34.2-33.9 =1.08.1 ▼1△6△3 平坦戦
09年 33.1-34.5 =1.07.6 △4△3△6 消耗戦
10年 33.9-34.1 =1.08.0 ±0△5△1 消耗戦
11年 34.6-33.5 =1.08.1 △1▼1△4 平坦戦
12年 34.3-34.2 =1.08.5 ±0▼1△2 平坦戦

09年以外は前半速くないので平坦戦になりやすいレース傾向です。
ラスト1Fも09年こそ12.0秒となっていますが以外の年は11.4〜11.7秒となっています。
先行してそのまま斬れる脚が使える馬というのが狙い目になるでしょう。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ウエスタンダンサー 【瞬0平3消3】
プレミアムボックス 【瞬0平4消3】
スプリングソング  【瞬0平3消3】
ロードカナロア   【瞬2平4消0】
ハクサンムーン   【瞬1平2消1】
2着馬
ファリダット    【瞬1平2消0】
レディルージュ   【瞬0平4消3】
ケイアイアストン  【瞬1平1消3】
グランプリエンゼル 【瞬0平2消4】
アドマイヤセプター 【瞬4平2消0】

やはり平坦戦実績は重要になると思われます。
その他で重視したいのは前走の着順と枠順。
前走1600万下〜OPクラスの馬が過去5回で4勝してるのでハードルの低い重賞といえるかもしれません。
そういう意味では前走重賞出走馬よりは1600万下〜OPクラスでも4着以内に好走していた馬の方がうまみがあるでしょう。
前走4着以内だった馬の成績は3-4-2-19(勝率10.7%、連対率25.0%)
前走5着以下からの巻き返しで勝利した馬は前走スワンS6着だったプレミアムボックスと前走京洛Sで15着だったハクサンムーンの2頭。
プレミアムボックスはテンが速かった09年の勝ち馬で展開がはまったパターン。
ハクサンムーンは前走33.1秒のハイペース逃げでの惨敗で京阪杯では34.3秒にペースを落としての逃げでまんまと逃げ切り。
テン34秒前後の平坦戦で予想するなら前走逃げだった馬は要注意となるかもしれません。
前走4着以内だった馬は
アースソニック、エピセアローム、サイレントソニック、ハノハノ、ブルーデジャブ、プレイズエターナル、マヤノリュウジン、リトルゲルダ
の8頭です。
過去5年で1〜3枠だった馬が4勝してるのでこの中から内枠引いた馬が有力かと思われます。
(外枠勝利だったのはやはり09年のプレミアムボックス)
前半スロー気味なので前有利と考えると
アースソニック、ハノハノ、リトルゲルダ
の3頭の中から本命を打ちたい感じです。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ある回答の一例11.11.30
 逃げ続けたその先に、君は何を見るのか?10.12.01
 ラップギア・プロスペクト 3109.12.02


 22:35

◆【福島記念 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【福島記念 考察】

08年 34.9-48.8-36.4 =2.00.1 ▼3▼4△12 平坦戦
09年 34.0-48.2-36.4 =1.58.6 ±0▼8△ 8 瞬発戦
10年 35.4-47.9-35.6 =1.58.9 △4▼4△ 1 平坦戦
12年 24.8-49.6-35.1 =1.59.5 ±0▼5△ 7 瞬発戦 稍重

過去4回で瞬発戦2回、平坦戦2回となっています(福島コースのみ)
どちらの展開でも共通なのはラスト2F目に加速が生じるということ。
ここは4コーナー出口〜直線入り口の区間に相当します。
ここでグイっとギアを上げれる馬が有力ではないかと思います。
もしくはコーナーを回りながら差してこれる持続脚を使える馬でしょうか。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
マンハッタンスカイ 【瞬6平2消1】
サニーサンデー   【瞬1平1消1】
ダンスインザモア  【瞬2平1消1】
ダイワファルコン  【瞬8平3消0】
2着馬
マイネルキッツ   【瞬8平1消1】
トウショウシロッコ 【瞬7平3消0】
ディアアレトゥーサ 【瞬3平1消0】
アドマイヤタイシ  【瞬2平7消0】

コース適性は【瞬2平6消2】ですが連対馬の多くは平坦巧者という感じではありません。
勝ち馬4頭中3頭に消耗戦実績があったのはポイントかもしれません。

やはり小回り内回り適性は重要で連対馬8頭中6頭には内回り小回りコースで開催された重賞で3着以内の経験がありました。
残りの2頭は紫苑S1着経験があったディアアレトゥーサと前走阪神芝2000mコースの1600万下のレースで勝利したアドマイヤタイシ。
重賞ではなくてもこれぐらいの小回り実績があれば2着ぐらいには入れるかもしれません。

今年の出走メンバーで内回り小回りコースで開催された重賞で3着以内の経験があったのは
コスモファントム、スピリタス、セイクリッドバレー、ダイワファルコン、トランスワープ、ネコパンチ、マイネルラクリマ、ミキノバンジョー
の8頭。
あと重視したいのは枠順と体重比

【枠順別成績】
1〜3枠 4-1-1-17 勝率17.4% 連対率21.7% 複勝率26.1%
4〜8枠 0-3-3-33 勝率 0.0% 連対率 7.7% 複勝率15.4%
【体重比別成績】※体重比=斤量÷馬体重
〜11.0% 3-1-0-13 勝率17.6% 連対率23.5% 複勝率23.5%
〜11.5% 1-2-1-14 勝率 5.6% 連対率16.7% 複勝率22.2%
〜12.0% 0-1-3-12 勝率 0.0% 連対率 6.3% 複勝率25.0%

枠順はまだ不明なので体重比だけで見てみると(前走の体重を仮に出走体重とします)
〜11.0% コスモファントム、トランスワープ、ミキノバンジョー
〜11.5% セイクリッドバレー、ダイワファルコン、マイネルラクリマ
辺りが有力候補か。
上段の3頭ではトランスワープ、ミキノバンジョーには消耗戦実績があります。
あと重賞実績はありませんがディサイファはディープ産駒ですが函館を連勝してきたようにパワーと機動力があるタイプで好戦可能でしょう。
ちなみにディサイファの体重比は11.3%です。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【福島記念 考察】(本命ドリパス)12.11.17
 福島記念回顧10.11.26
 ラップギア・プロスペクト 1209.07.02


 01:43

◆【東京スポーツ杯2歳S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【東京スポーツ杯2歳S 考察】

08年 35.0-38.4-34.3 =1.47.7 ▼ 8▼ 2▼1 瞬発戦
09年 36.2-37.6-34.4 =1.48.2 ▼ 7▼ 2△6 瞬発戦
10年 36.2-35.9-35.2 =1.47.3 ▼ 2▼ 3△4 平坦戦
11年 37.5-39.3-35.9 =1.52.7 ▼10▼ 7△7 瞬発戦 不良
12年 35.1-36.4-34.5 =1.46.0 ▼ 9▼13△5 瞬発戦

昨年は中盤が若干速くなりましたが「直線の手前の3〜4コーナーでは脚を溜める」傾向が強いレース。
故に瞬発戦+連続加速が生じやすいレースといえます。
前走新馬戦or未勝利戦の馬の成績が
4-2-5-28 勝率10.3% 連対率15.4% 複勝率28.2%
で格下でも即通用するレース。
ポイントは瞬発戦+連続加速です。
では1〜3着馬のラップギアを見てみましょう。

ナカヤマフェスタ  【瞬1平0消0】▼ 6▼ 9△ 8
ローズキングダム  【瞬1平0消0】▼ 7▼ 2△ 6
サダムパテック   【瞬2平0消0】△ 2▼ 8△ 1 ▼10▼8±0
ディープブリランテ 【瞬1平0消0】▼9▼ 4△14
コディーノ     【瞬2平0消0】▼ 6▼ 4▼ 3 ▼ 8▼6▼2
2着馬
ブレイクランアウト 【瞬1平0消0】▼ 7▼15△ 8
トーセンファントム 【瞬2平0消0】▼ 8▼ 1△ 1 ▼11▼2△4
リフトザウイングス 【瞬1平0消0】▼ 5▼ 1△ 5
フジマサエンペラー 【瞬1平0消0】▼ 5▼10△ 9
レッドレイヴン   【瞬1平1消0】▼10▼ 2± 0 ± 0▼4△2

連対馬全てに瞬発戦実績+連続加速実績があるというパーフェクトな傾向です。
これに
・前走上がり2位以内
・前走4角6番手以内
という条件を付け加えるとある程度絞られるはずです。

今年の出走メンバーでは
イスラボニータ、ウインマーレライ、クラリティシチー、ワールドマッチ
の4頭が条件をクリアします。
人気の一角であろうラングレーは前走上がり3位だったので条件はクリア出来ませんでした。
しかし、素質馬ベルキャニオン&ゼウスバローズが上がり1位で33.8秒、ラングレーは33.9秒で3位だったことからすれば無下に消すと痛い目にあうかも。
もう1頭の人気馬サトノアラジンは前走4角8番手で条件クリアならず。
サトノアラジンとラングレーは強力かなと思っていましたがもしかしたら荒れるレースかもです。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ほんの心ばかりのローズキングダム10.05.30
 【東京スポーツ杯2歳S 回顧】 (本命ドリパス)09.11.26
 東京スポーツ杯2歳S予想より、一部抜粋08.11.21


 00:58

◆【京王杯2歳S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【京王杯2歳S 考察】

08年 35.4-12.1-34.1 =1.21.6 ▼7▼4△ 7 瞬発戦
09年 34.6-12.0-35.4 =1.22.0 ▼3▼4△11 平坦戦 稍重
10年 35.1-12.4-34.3 =1.21.8 ▼7▼7△ 6 瞬発戦
11年 35.3-12.2-34.6 =1.22.1 ▼7▼3△ 7 瞬発戦
12年 35.6-11.9-33.7 =1.21.2 ▼6▼3△ 4 瞬発戦

テンより上がりが遅くなった09年以外は全て瞬発戦というレース傾向。
脚質的にも前半スローなら前有利、若干速く流れれば後ろも届くという展開になっています。
どんな流れになっても連続加速になりやすいということがポイントになるでしょう。
では1〜3着馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ゲットフルマークス 【瞬0平0消1】△ 2±w)�ヲ属△ 7
エイシンアポロン  【瞬1平1消0】▼ 3▼3△ 4 ▼6±0△5
グランプリボス   【瞬0平1消0】▼ 2▼4△ 4
レオアクティブ   【瞬1平2消0】▼ 3±0△ 5 ▼6▼2±0 △6▼1△ 1
エーシントップ   【瞬0平2消0】▼2▼1△13 ▼4±0△7
2着馬
フィフスペトル   【瞬1平0消1】△ 6△4△ 3 △1▼5△7
アニメイトバイオ  【瞬0平1消1】▼ 3▼4△ 5 ±0△1△2
リアルインパクト  【瞬1平0消0】▼17▼4△ 4
サドンストーム   【瞬0平0消3】△ 4△1△ 9 △5±0△9 △3△1△10
ラブリーデイ    【瞬2平0消0】▼ 4▼8△ 7 ▼6±0△4

連対馬10頭中7頭には連続加速実績があったのでやはりここはあった方がベターな条件。
しかし、半分の5頭には瞬発戦実績はなかったので瞬発戦になりやすいレースですが瞬発戦は必要不可欠というほどではない感じです。
1400mという距離なのである程度スピードが要求されるレースなので脚を溜めてどれだけ爆発出来るかということよりも「スピードに乗れて連続加速に対応出来る」という馬の方が対応可能ということだと思われます。

今年の出走馬で連続加速実績があった馬は
カラダレジェンド、クインズハリジャン、トーセンシルエット、ラブリープラネット
の4頭です。
次点はライアンセンスで連続加速ではありませんが▼1±0▼というラップ実績があります。
これは対応可能でしょう。
過去5年の勝ち馬は5頭中4頭には平坦戦実績がありました。
大きすぎない加速実績があった方がベターということでしょう。
となるとクインズハリジャンと次点のライアンセンスの2頭が浮上します。
これに前走4角5番手以内の馬の成績が
5-3-5-37 勝率10.0% 連対率16.0% 複勝率26.0%
となっていて後方の馬は流れに乗れずに終了というパターンからすればイチオシはクインズハリジャンということになるでしょうか。
但し、前走レコード勝ちのモーリスが一番のみどころのレースなのは間違いありません。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【京王杯2歳S 考察】(本命ドリパス)12.11.07
 【京王杯2歳S 考察】(本命ドリパス)11.11.11
 東京スポーツ杯2歳S予想より、一部抜粋10.11.19


 02:14

◆球史に残る契約更改



ヤンキー界でいうと、校内の実力者であるイバタ先輩が余裕でボッコボコにされるのを見て、もう誰も何も言えなくなった状態。妥当といえば妥当なんだけど、彼以外の人間が同じことをやっても保留者続出だったはず。

今年に入ってからはチームメイトとの不和確執も噂されていた人物。その問題を引退勧告でも自由契約でもなく、魔法のような一手で使える駒にしてしまった。

その金額を提示すれば相手がどう動くのか、金額を直前にリークした上での更改開始。たったの一手であるにも関わらず、もはやすべてがGMの手のひらの上。無慈悲といえば無慈悲だが、これはまさに神の一手。その手腕、古今東西比類するものなし。


 ブログ内 関連記事
 野球の話とかしよーぜ11.09.16
 打率の話09.10.15
 どうなの? ねぇ、どうなの?09.09.09


 12:44

◆【みやこS 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【みやこS 考察】

10年 35.7-37.3-36.8 =1.49.8 ▼4△1△6 平坦戦
11年 35.2-36.5-36.7 =1.48.4 ▼1▼2△8 平坦戦 稍重
12年 35.6-36.5-37.5 =1.49.6 △3±0±0 消耗戦

このレースは昨年書いた記事がそのまま使えると思われます。
こちら
簡潔にまとめると
・瞬発戦実績が重要
・内枠有利(3枠以内 3-2-2-11)
・前走4着以内 (3-3-3-23)
・休養明け2〜3戦目の馬が好走(2-3-2-12)
となっています。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
トランセンド    【瞬3平4消0】
エスポワールシチー 【瞬6平2消3】
ローマンレジェンド 【瞬4平3消1】
2着馬
キングスエンブレム 【瞬5平1消0】
トウショウフリーク 【瞬4平0消1】
ニホンピロアワーズ 【瞬2平7消1】

昨年ニホンピロアワーズを軽視してしまったのは瞬発戦実績が若干足りなかったためですが地方重賞レースでの実績が実際はありそれを考慮しなかったのが要因の一つでした。
地方重賞レースで実績のある馬は要注意かもしれません。

今年の出走馬で瞬発戦で重賞勝利のあった馬は
ケイアイレオーネ、グレープブランデー、ブライトライン、ローマンレジェンド
の4頭です。
次点にはナイスミーチューが2着が2回ありました。
上記5頭が1〜5番人気になる気がしますが一番不安材料の少ないのはブライトラインとなっていますがどうなるでしょうか。
ちなみにグレープブランデー、ローマンレジェンドの2頭はこのレース初の斤量59kgでの出走となっています。
過去58kgだった馬は1-1-0-0と良績を残しているのでこの1kgの差は関係ないかどうか。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ■ 気を付けているつもりでも、それでもやっぱりペース経験を気にしていた11.12.20
 やっぱりライバル10.09.06
 1−2−3番人気が、そのまま1−2−3着になる確率09.07.10


 23:06

◆【アルテミスS 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【アルテミスS 考察】

12年 34.5-24.4-34.9 =1.33.8 ▼7±0△1 瞬発戦

昨年が第1回で今年が2回目の2歳牝馬重賞。
阪神JFも1600m外回りコースなので重要なステップレースの一つといえるでしょう。
では1〜3着馬のラップギアを見てみましょう。

コレクターアイテム 【瞬1平0消0】▼10▼ 9△7
アユサン      【瞬1平0消0】▼ 8▼13△3
ウインプリメーラ  【瞬1平1消0】▼ 1▼ 4△8 ▼10▼9△7

やはり瞬発戦実績は重要で▼10の大きな加速実績があったのもポイントになるでしょう。
あとは今回と似た条件のレースとして東京コースもしくは外回りコースで上がり上位(3位以内)での実績が上記3頭にはありました。
但し、3着馬のウインプリメーラは実績があったとはいえ2着だったので連対馬との差をそこかもしれません。
あと、血統的にはコレクターアイテムはハーツクライ×Storm Bird系、アユサンはディープインパクト×Storm Bird系と配合としては近い分類になっていました。

今年の出走馬で外回りコースで▼10以上の加速実績があったのは(+上がり3位以内)
サクラパリュール、セレナビアンカ、ツクバアスナロ、ハッピーベリンダ
の4頭です。
この5頭以外なら人気になるであろうマーブルカテドラル。
▼9での瞬発戦実績しかなかったので該当しませんでしたが新潟2歳Sでも◎を打ったように東京マイルなら勝ち負けになると思います。
新潟2歳Sは差し追い込みが上位を独占するレース展開で2番手追走5着なら悲観する内容でもないでしょう。
函館2歳Sの勝ち馬クリスマスは先行して上がり最速なので抜けて強かったといえますがラップギア的には瞬発戦実績なしなので不安ですね。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【クイーンC 考察】(本命ドリパス)13.02.07
 【新種牡馬ラップギア】(本命ドリパス)11.06.15
 打率の話09.10.15


 22:57
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
アクセスランキング
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール