November 2014

◆更新情報

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア

2014/11/30(日) の ラップギアWEB を更新しました。

競馬 最強の法則

『競馬 最強の法則2014年12月号』にも見解を書いた ジャパンカップ が楽しみなのは当然として、もう1つ気になったのは、東京9RキャピタルSに出走する、安田記念勝ち馬のリアルインパクト。

(3歳限定とか牝馬限定とか)何の限定も付かない芝のG1勝ち馬がオープン特別に出走するのはかなり珍しく、直近では2013年万葉Sのマイネルキッツ(2009年天皇賞(春)勝ち)があるものの、その前となると10年以上はいないはず。



 22:40

◆【ラジオNIKKEI杯京都2歳S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【ラジオNIKKEI杯京都2歳S 考察】

09年 38.0-49.4-34.2 =2.01.6 ▼2±0△6 平坦戦
10年 37.6-48.7-35.3 =2.01.6 ▼2▼3△5 平坦戦
11年 35.9-50.5-35.1 =2.01.5 ▼6△1△1 瞬発戦
12年 38.7-50.3-34.0 =2.03.0 ▼4▼4±0 平坦戦
13年 35.3-51.0-34.5 =2.00.8 ▼8▼3△3 瞬発戦

開催時期は昨年までと同じですが今年から「ラジオNIKKEI杯」の冠が付きG靴乏幣紊欧気譴燭里京都2歳S。
東京スポーツ杯の次の週ということもあって重賞にはなりましたが今年も例年同様少頭数のレースになりそうです。
登録は8頭ですが2戦2勝の馬が3頭もいてやはり例年よりはレベルが上がりそうです。
レベルが上がりそうというのが予想のポイントかもしれません。
過去5年では瞬発戦2回、平坦戦3回となっています。
前半&中盤はスロー必至という傾向なのでラスト4Fの瞬発戦or持続力勝負ということになるでしょう。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ヴィクトワールピサ 【瞬2平0消0】▼ 2▼8△1 ▼6▼3±0
マーベラスカイザー 【瞬0平1消0】▼ 2▼4△5
トリップ      【瞬1平0消0】▼12▼2▼1
エピファネイア   【瞬1平0消0】▼10▼3▼2
トーセンスターダム 【瞬1平0消0】▼10▼9▼3
2着馬
メイショウホンマル 【瞬1平0消0】▼ 2▼2▼6
プレイ       【瞬3平0消0】▼15▼7△3 ▼5▼8▼2
エーシングングン  【瞬1平0消0】▼ 4▼8△2
ダンツアトラス   【瞬2平0消0】▼ 2▼9△4 ▼8▼6▼2
アグネスドリーム  【瞬1平1消0】± 0△5▼3 ▼5▼6△2

平坦戦実績馬は僅か2頭なのでそれほど必要ではないでしょう。
それよりも全ての連対馬には連続加速がありました。
前半&中盤スローなのでラストでグングン加速していく適性というのは重要だと思われます。


データ的には
・前走1800m以上(5-4-4-18)
・前走上り3位以内(5-3-4-17)
・同騎手(4-3-4-10)
辺りの馬が有利になるでしょう。
スローなのでスタミナが必要というよりは折り合いが重要になると思われます。
そういうことから前走長めの距離で同じ騎手という馬が有利になるかと思われます。


今年の出走メンバーでは
シュヴァルグラン、ダノンメジャー、ティルナノーグ、ベルラップ
の4頭が有力ですがシュヴァルグランとベルラップは乗り替わり。
となると(おそらく)1&2番人気か…。
但し、人気はティルナノーグになるでしょうがスローでギアチェンジレースになると▼10▼3△10の野路菊Sを制したダノンメジャーの方に分がある気がします。


(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【京都2歳S 考察】(本命ドリパス)13.11.23
 【京都2歳S 考察】(本命ドリパス)11.11.25
 【京都2歳S 回顧】 (本命ドリパス)09.12.01


 00:42

◆更新情報

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア

2014/11/29(土) の ラップギアWEB を更新しました。

東京スポーツ杯2歳S。他の2歳重賞にはない、驚くべき特徴がある。
↓↓↓
東京スポーツ杯は1戦1勝馬だけ買っときゃOK。ベタ買いでも大幅に儲かる。
そんな2歳重賞、他にはないよ。
↓↓↓
1戦1勝サトノクラウンが4番人気で優勝。この傾向がさらに強固なものに。
↓↓↓
もしかすると京都2歳Sも同じような傾向の重賞になったりして。
↓↓↓
だがしかし、今年の京都2歳Sに1戦1勝馬はいなかった。(←いまココ)



ということで、昨年までオープン特別として施行されていた京都2歳Sが重賞に昇格。前年10月の発表時点では格付けなしの新設重賞となっていたが、年明けにはG3の格付けに変更されていた。

重賞昇格前から、2歳馬にとって初めての、オープンクラスでの2000m戦。近年ヴィクトワールピサやエピファネイアを輩出してきたこのレース、今後ますます重要性を増して行くことになるのだろう。

そういった側面からも、大きな期待を背負うのは(7)ティルナノーグ、(2)エイシンライダー、(3)ダノンメジャーと3頭がそろった2戦2勝馬か。特に(7)ティルナノーグは成績以外にも人気になる要素が目白押しだ。


 21:09

◆『競馬 最強の法則』 2014年12月号


競馬 最強の法則

チョイと私用が立て込んで告知が遅くなってしまいましたが、なんとか間に合った ジャパンカップ。11月13日に発売された 『競馬 最強の法則2014年12月号』 にて、 秋のG1 特集に協力させていただきました。見解を述べさせていただいたのは ジャパンカップ(G1) で、P22〜P23辺り。

ジェンティルドンナ、ハープスター、ジャスタウェイ、イスラボニータといった人気馬についての見解を2ページに渡って語らせていただいております。いや、みんな意外と色々あるんですよねー。あと、なぜかデニムアンドルビー。なぜなのかは、記事読んでもらえればワカリます。



◆2014 スプリンターズS 筆頭推奨 スノードラゴン 13番人気1着
http://lapgearblog.saikyo.k-ba.com/archives/1798995.html
◆2014 日本ダービー 筆頭推奨 マイネルフロスト 12番人気3着
http://lapgearblog.saikyo.k-ba.com/archives/1786033.html
こりゃ自画自賛もしたくなる。あくまで自賛だけど。



今ならまだ間に合う。
競馬 最強の法則

 ブログ内 関連記事
 ラップギア・プロスペクト 6410.07.29
 なんと動物の育成なども無償で行なっている09.10.16
 ラップギア・プロスペクト 1109.06.23


 11:09

◆【東京スポーツ杯2歳S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【東京スポーツ杯2歳S 考察】

09年 36.2-37.6-34.4 =1.48.2 ▼ 7▼ 2△6 瞬発戦
10年 36.2-35.9-35.2 =1.47.3 ▼ 2▼ 3△4 平坦戦
11年 37.5-39.3-35.9 =1.52.7 ▼10▼ 7△7 瞬発戦 不良
12年 w)�ヲ続貴鵜涯・慨・ぢ =1.46.0 ▼ 9▼13△5 瞬発戦
13年 35.8-35.7-34.4 =1.45.9 ▼ 3▼ 4△4 平坦戦

基本的には上りの方が速い後傾ラップにはなるが過去5年で2回も平坦戦がある2歳戦。
中盤が速い平坦戦が2回あるが中盤が緩く▼10以上の大きな加速が生じた瞬発戦も2回ある。
簡単な話しメンバー次第で展開が異なる二面性のあるレースというのが近年の傾向といえるでしょう。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ローズキングダム  【瞬1平0消0】▼ 7▼ 2△ 6
サダムパテック   【瞬2平0消0】△ 2▼ 8△ 1 ▼10▼8± 0
ディープブリランテ 【瞬1平0消0】▼ 9▼ 4△14
コディーノ     【瞬2平0消0】▼ 6▼ 4▼ 3 ▼ 8▼6▼ 2
イスラボニータ   【瞬3平0消0】▼18▼ 9△ 5 ▼13▼6△15
2着馬
トーセンファントム 【瞬2平0消0】▼ 8▼ 1△ 1 ▼11▼2△ 4
リフトザウイングス 【瞬1平0消0】▼ 5▼ 1△ 5
フジマサエンペラー 【瞬1平0消0】▼ 5▼10△ 9
レッドレイヴン   【瞬1平1消0】▼10▼ 2± 0 ± 0▼4△ 2
プレイアンドリアル 【瞬0平0消0】

展開的には瞬発戦平坦戦になったとしても連対した馬の傾向はどちらも同じ。
・瞬発戦実績
・連続加速実績
の2つです。
昨年の2着馬プレイアンドリアルは地方レース2戦後だったのでラップギア不明で候補に挙げることが出来ませんでした。


あとデータ的には
・前走上り2位以内
・前走1着
・前走2着馬に0.1秒以上の差を付けていた(おおよそ半馬身以上)
の3つです。
過去5年の勝ち馬は後に4頭がG鞠蓮1頭がG2着馬になっています。
つまり近年はなかなかレベルの高いレースということが言えるので前走で(クラスがどうであれ)完勝してる馬が有利ということでしょう。


今年の出走メンバーでこれらの条件にあてはまるのは
エミネスク、クラージュシチー、グリュイエール、サトノクラウン、ジャストドゥイング、ソールインパクト
の6頭です。
また前走4角5番手以内の馬の成績が5-2-3-33となっていて前走で後方に位置していた馬は不振傾向にあります。
となるとクラージュシチー、グリュイエール、ジャストドゥイングが有力と思えます。
グリュイエールがイチオシですがスローになればジャストドゥイングも侮れないかも。
サトノクラウンにムーアJ騎乗というのはやはり要注意か。
前走も後方まで下げましたがスタートは良かったし。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ディープブリランテ、フジマサエンペラー、マイネルディーン11.11.19
 我ら マルカシェンクを応援するの会10.11.29
 東京スポーツ杯2歳S予想より、一部抜粋08.11.21



 00:03

◆【デイリー杯2歳S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【デイリー杯2歳S 考察】

09年 34.5-24.3-34.9 =1.33.7 ▼3▼3△4 平坦戦
10年 34.5-24.5-34.6 =1.33.6 ▼5△1▼1 瞬発戦
11年 34.5-25.2-35.2 =1.34.9 ▼9△6▼2 瞬発戦 稍重
12年 35.7-24.7-34.3 =1.34.7 ▼8▼8△8 瞬発戦
13年 33.9-24.0-35.3 =1.33.2 ±0▼8△3 瞬発戦

過去5年では瞬発戦4回、平坦戦1回となっています。
12年は大きな加速が連続で生じた後傾ラップとなっていますが以外は後傾ラップ。
とはいえ極端な後傾ラップは昨年ぐらいです。
最近は10年に勝利したレーヴディソールが次走阪神JFを勝利しましたがどちらかといえばあまり出世レースとはいえない状況になっていますが、今年から開催時期が10月から11月に変更になったことでもしかしたら変わってくるかもしれません。
ドリームジャーニー、オルフェーヴルの全弟アッシュゴールドが出走予定となっているのも注目の一戦となりそうです。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
リディル      【瞬1平0消0】▼ 3▼ 5△ 5
レーヴディソール  【瞬1平0消0】▼ 7▼ 6▼ 1
クラレント     【瞬0平0消1】△ 3△ 1△10
テイエムイナズマ  【瞬1平0消0】▼ 2▼11△11
ホウライアキコ   【瞬0平1消1】△ 6△ 1△ 7 △3▼ 2△3
2着馬
エイシンアポロン  【瞬1平0消0】▼ 6± 0△ 5
アドマイヤサガス  【瞬1平0消0】▼ 8▼ 5△ 6
ダローネガ     【瞬2平0消0】▼ 7▼ 7△11 ▼9▼11△6
クラウンレガーロ  【瞬0平1消1】△ 7△ 3△ 1 △9▼ 2▼4
アトム       【瞬1平0消0】▼10▼15△ 4

瞬発戦実績のある馬が多く連対はしてますがクラレント、ホウライアキコは瞬発戦実績なしで勝利してるのもポイントでしょう。
ちなみにクラレントは消耗戦だった新馬戦を上り最速で2馬身半突き放しての圧勝、ホウライアキコは新馬戦小倉2歳Sを連勝、という実績でした。
また多くの馬に連続加速実績があったのも見逃せないポイントでしょう。


京都外回りのマイル戦は2歳馬にとってはなかなかタフなコースといえます。
中盤で緩んでの瞬発戦になりやすいですがその中盤に3コーナーの坂の上り下りがあります。
ラストの上りをしっかり使えるタイプの馬でないと勝つのは厳しいレースだと思われます。
前走上り1位の馬の成績が4-3-1-18(勝率15.4%、連対率26.9%、複勝率30.8%)となっていてなかなかのハイアベレージ。
(特に前走新馬戦or未勝利戦だった馬は前走上り1位は必須条件で2位以下だった馬は過去5年では1頭も馬券になっていません)
唯一前走上り1位以外で勝利したのは昨年のホウライアキコで前走小倉2歳Sで上がり3位でした。
基本的には前走上り1位、前走の距離が1500m以上という馬が中心になると思われます。
今年の出走馬では
アッシュゴールド、グレイスフルワード、ケツァルテナンゴ
の3頭ですがグレイスフルワードは連続加速実績がない(というよりも消耗戦実績のみ)なので若干マイナスか。
瞬発戦実績があったのはこの中ではケツァルテナンゴのみです。


あと前走距離1800m組でOP〜重賞レースだった馬の成績が0-2-2-2(勝率0.0%、連対率33.3%、複勝率66.7%)となかなかで軽視禁物でしょう。
なんですが今年は出走馬9頭と寂しいメンバーで該当馬なし。
このメンバーなら前走未勝利戦でも唯一の距離短縮組タガノエスプレッソも出番があるかも。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【デイリー杯2歳S 考察】(本命ドリパス)12.10.05
 ロジユニヴァース、レーヴディソールに続いたのはクラレント11.10.17
 【デイリー杯2歳S 回顧】(本命ドリパス)10.10.19


 23:57

◆【ファンタジーS 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【ファンタジーS 考察】

09年 34.5-12.0-34.7 =1.21.2 ▼1▼6△2 瞬発戦
10年 34.8-11.8-35.7 =1.22.3 ▼4△7△1 平坦戦
11年 34.1-11.8-35.4 =1.21.3 ±0▼2△4 平坦戦 
12年 34.7-11.2-34.9 =1.20.8 △6▼3△1 平坦戦
13年 34.3-11.5-35.3 =1.21.1 ▼2△7±0 平坦戦

外回りコースではありますがテン速く上がりが掛かる平坦戦になりやすいレースなので次走阪神JFでは不振傾向にあるのがこのファンタジーS。
とはいえ昨年以外の09〜12年では毎年1頭はこの組から馬券になる馬が出ているのでノーマークとまではいかないでしょう。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
タガノエリザベート 【瞬0平0消1】±0△4△3
マルモセーラ    【瞬1平0消1】△3△1△2 ▼6△2▼3
アイムユアーズ   【瞬1平1消0】△7▼1△3 △5▼5△2
サウンドリアーナ  【瞬1平0消0】▼5▼1△2
ベルカント     【瞬0平0消2】△6△1△7 ±0△3△5
2着馬
ベストクルーズ   【瞬1平0消1】▼4▼8△4 ±0△1△1
ホーマンフリップ  【瞬0平1消0】±0▼2△4
アンチュラス    【瞬1平0消0】±0▼5△7
ローブティサージュ 【瞬1平0消0】▼4▼6▼4
モズハツコイ    【瞬1平1消0】△1▼6△9 ▼1▼2△4

ラップギア的には瞬発戦のみの実績馬や消耗戦のみの実績馬がいてバラバラな傾向となっています。
ここから絞り込むのは厳しいかも。


今年最大のポイントになりそうなのはデイリー杯2歳Sが10月初旬から(次週の)11月開催に時期が変更になったことでしょう。
前走デイリー杯だった馬の成績が過去5年で2-1-0-1とハイアベレージだったのがいなくなるからです。
ここの組をないものと思って考察しないといけないでしょう。
前走デイリー杯組を除くと

【前走クラス別成績】
重賞   2-1-1- 9 勝率15.4% 連対率23.1% 複勝率30.7%
OP   0-0-1-13 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 7.1%
500万下  0-0-1-25 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 3.8%
未勝利  1-2-2- 9 勝率 7.1% 連対率21.4% 複勝率35.7%
新馬   0-1-0- 9 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0%

前走重賞組はまずまずの成績ですが未勝利戦だった馬の成績が侮れません。
500万下&OP組が不振傾向にあります。


最も顕著に現れた傾向が前走の着順です。

前走2着以内 3-3-5-38 勝率6.1% 連対率12.2% 複勝率22.4%
前走3着以下 0-0-0-29 勝率0.0% 連対率 0.0% 複勝率 0.0%

前走連対した馬しか馬券になっていないという傾向です。
前走3着以下から馬券になったのは前走デイリー杯組のみでした。


あと要注意なのは前走りんどう賞(500万下)組です。
同じ京都の1400mということで人気のあった馬も数頭いましたが09年にグレナディーンが3着のみという成績でした。
これは内回りから外回りコースに替わるというのが大きな要因でしょう。
あとは前走牝馬限定戦という馬も不振傾向にあります(1-0-2-29)
勝利したのは未勝利戦を4馬身差で圧勝したマルモセーラのみ。


これらから絞り込むと今年の出走メンバーでは
ウインソワレ、エフェクト、オールオブユー、ルアンジュ、レオパルディナ
の5頭が候補か。次点でペルフィカという感じです。
前走重賞2着のレオパルディナが人気でしょうが最有力候補といえるでしょう。


(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【黄菊賞 考察】(本命ドリパス)12.11.11
 新種牡馬 アドマイヤムーン11.06.03
 【白菊賞 回顧】(本命ドリパス)10.11.30


 00:55

◆【エイシンヒカリ】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【エイシンヒカリ】

今年の天皇賞秋で1番人気になりそうなのが3歳馬イスラボニータ。
凱旋門賞に挑戦したハープスターなど注目の3歳馬は結構いますが「注目」という点においてナンバーワンなのはイスラボニータでもなくハープスターでもなく重賞未出走のエイシンヒカリではないでしょうか。


デビュー戦でこそ先行しての圧勝でしたが2戦目以降は全て逃げての圧勝で現在デビューから5連勝。
未勝利→500万→1000万→1600万→OP、というレースで5連勝。
圧勝続きなので格上げクラスで出走してもいいと思いますが順に連勝を重ね次走はいよいよ重賞挑戦か?というところまで来ました。
(但し、今年は年内休養になったので次走は未定です)


逃げての圧勝で連勝ということでサイレンススズカにイメージをダブらせる人も多いようです。
サイレンススズカはラップギア【瞬7平2消1】です。
4歳になってから思い切って逃げの戦法に徹し7連勝(重賞6連勝)を記録しましたが中山記念以外は全て瞬発戦でした。
大逃げするのに瞬発戦というところがサイレンススズカの真骨頂でラストの上りの前に少しだけギアを落として脚を溜めます。
そして上りの入って再度ギアを上げて突き放すというものです。


一方のエイシンヒカリはラップギア【瞬2平3消0】となっています。
サイレンススズカの逃げとは異なり前半でそれほど大きくは逃げません。
位置を取ったらペースを落として脚を溜めます。
後は早めに動いて平坦戦に持ち込むか溜めて一気に突き放すかというレースでどちらの展開でも勝っているのは素晴しいと思います。
デビュー後の4連勝はこんな感じで全くサイレンススズカとは違う馬だなとは思ってました。
しかし、前走横山Jに乗り替わったアイルランドTでのレース振りはまさにサイレンススズカのそれでした。
レースラップは
13.2-11.3-11.3-11.0-11.4-12.0-12.3-11.4-11.6-12.8 =1.58.3 ▼9△2△12瞬発戦


サイレンススズカが圧勝した金鯱賞のレースラップは
12.8-11.2-11.2-11.5-11.4-11.4-12.0-12.4-11.7-12.2 =1.57.8 △4▼7△5 瞬発戦


レースレベルは流石にサイレンススズカには及びませんが今後の成長次第では十分可能でしょう。
今週、秋天が開催されるということはサイレンススズカの命日もくるということです。
もうあれから16年も経ちます。
来年4歳になるエイシンヒカリが秋天の舞台に立っているかどうか?
立っていたとしてそれまでどういうレースを経験してきてどういう人気でレースを迎えるのか?というのが今から非常に楽しみです。






まぁ、レース振りも話題に事欠かない馬です(笑)


(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 【ロックオブジブラルタル】(本命ドリパス)10.08.04
 【みなみ北海道S 回顧】(本命ドリパス)10.08.10
 先週の特殊ラップ08.10.22


 01:28

◆更新情報

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア

2014/11/02(日) の ラップギアWEB を更新しました。

天皇賞(秋)。

今後G1でイスラボニータに◎を打つことは、多分もう無いと思う。

の、イスラボニータ が1番人気で出走。
神戸新聞杯でも同じような素振りを見せていたね。

 20:20
2017年12月18日発売!!
『デジタル競馬最強の法則Vol.3』
デジタル競馬3表紙2

スマホ&フリーソフトでバカ勝ちできる!
まるごと一冊【超穴・大穴馬券】的中の法則
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール