January 2016

◆【若駒S 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【若駒S 考察】

11年 35.5-51.3-34.9 =2.01.7 ▼9▼ 3△4 瞬発戦
12年 38.9-52.5-33.9 =2.05.3 ▼8▼10△8 瞬発戦 重
13年 35.1-51.6-35.0 =2.01.7 ▼3▼ 6△5 瞬発戦
14年 36.2-49.3-34.5 =2.00.0 ▼4▼ 4△2 平坦戦
15年 36.9-50.1-34.1 =2.01.1 ▼9▼ 1△1 瞬発戦

14年こそ平坦戦でしたが基本的にはスローの瞬発戦で連続加速が生じるレース傾向です。
コース適性は【瞬4平6消0】ですが過去5年でキンカメ産駒2勝、ディープ産駒1勝、ステイゴールド産駒1勝とやはり瞬発力(>瞬時のギア上げ)がポイントのレースとなりそうです。
もちろん瞬発戦、平坦戦の両方で実績がある馬は有利だと思われます。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
リベルタス    【瞬2平1消0】▼ 7△ 1△8 ▼2△ 7±0 ▼14▼5△ 3
ゼロス      【瞬4平0消0】▼ 7▼ 3△3 ▼1▼ 5△7 ▼10▼4△11
リヤンドファミユ 【瞬2平0消0】▼ 8▼13△8 ▼1▼ 6△9
トゥザワールド  【瞬2平1消0】▼ 4△ 2±0 ▼8▼10△5 ▼11▼5△ 3
アダムスブリッジ 【瞬1平0消0】▼ 5▼10△4
【2着馬】
ユニバーサルバンク【瞬3平0消0】▼ 7▼ 8△4 ▼7△ 2△2 ▼12▼7± 0
ワールドエース  【瞬1平0消0】▼10± 0△3
マイネルクロップ 【瞬1平0消0】△ 5▼ 7△3
ミヤビジャスパー 【瞬1平0消0】▼ 9▼ 3△4
ストーンウェア  【瞬1平1消0】▼ 7▼ 7△2 ▼3▼ 1△1

過去5年では勝ち馬全てに▼10以上の大きな加速実績があったのでやはり瞬時に加速出来る馬は勝ちやすい傾向にあると思います。
2着馬になるとなくてもOKという傾向です。
13年2着のマイネルクロップ以外の馬には連続加速実績があったのでこれもあった方がベターだと思われます。

今年の出走メンバーで有力候補となるのは
ブラックスピネル、ロスカボス
の2頭(登録馬の時は5頭いたのに…)
ブラックスピネルは前走のホープフルSが案外だったのでここは仕切り直しですが半信半疑といったところでしょう。
ロスカボスは前走の東スポ2歳Sはドスローの瞬発戦で▼19▼6△4のラップギアで斬れ負け。
瞬時のギア上げはどちらかといえば不得意なレースだと思います。
引き続きミルコJが騎乗するようなので早めスパートで勝負するような気がします。
(先週の土曜未勝利戦で同コースでのヴァンキッシュランの騎乗内容が参考になるかと)

上記の有力候補には入りませんでしたが今年の若駒Sの最大の注目馬はマカヒキでしょう。
1戦1勝の身ですが新馬戦の内容が圧巻。
新馬戦にしては中盤が速かったにも関わらず▼7▼5△1という瞬発戦で2馬身半突き放しての圧勝。
ゴール前に既にミルコJが馬のクビを撫でているほどの余裕のレース振り。
京都芝1800mコースで1.47.7の走破時計は過去5年の2歳戦同コースでは文句なく最速です。
ブラックスピネル、ロスカボスのOP馬が前走負けていることもあってどうやら1番人気に推されそうな感じ、…大器の予感です。
私はマカヒキの単勝100円買って見守るレースとします。

もしマカヒキが怪物クラスだとすると思い出すのはやはり05年の若駒S圧勝のディープインパクト。
前2頭の大逃げでそのうちの1頭のブービー人気のケイアイヘネシーが粘って2着になり単勝1.1倍のディープで7頭立てながら馬連は2560円の高配当となりました。
ケイアイヘネシーは【瞬1平2消0】で父ヘネシー(父父Storm Cat)でした。
今年のメンバーではアメリカンヘブンが【瞬0平1消0】で父Gio Ponti(父父父Storm Cat)で人気なさそう…まさかそんなことにはならないか、まぁ妄想の世界です。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆3歳馬が10月以前に芝・準オープンを勝つのはかなり珍しい312.04.06
 ジャパンカップ2010、ブエナビスタの降着に対して引き続き愚痴る。10.12.01
 【若駒S 回顧】(本命ドリパス)10.01.27


 22:56

◆【京成杯 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【京成杯 考察】

11年 36.0-48.3-36.6 =2.00.9 ±0± 0△3 消耗戦
12年 35.1-50.3-35.2 =2.00.6 ▼5▼1±0 瞬発戦
13年 36.2-50.6-35.5 =2.02.3 ▼8▼3△4 瞬発戦
14年 36.3-48.0-36.8 =2.01.1 ▼1△4△3 平坦戦
15年 36.3-50.3-35.7 =2.02.3 ▼3±0△6 平坦戦

皐月賞と同舞台とはいえ有力馬(と思われる)馬達はここよりは弥生賞orスプリングSというケースが多いのでメンバーは若干落ちる。
そのためか試すというよりも先はともかくここで全力で勝ちに行く馬が多い重賞だと思われます。
必ずしもスローの瞬発戦という流れにならないのはそういう馬がいるということでしょう。
とにかくその年のメンバーによって展開はバラバラの傾向となっています。
今年のメンバーは先行馬が多いので平坦戦の可能性が高いのではと思われます。
過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
フェイトフルウォー 【瞬1平0消0】▼13▼3±0
ベストディール   【瞬2平0消0】▼13▼4△7 ▼ 9▼ 5▼ 4
フェイムゲーム   【瞬0平1消0】▼ 3±0△2
プレイアンドリアル 【瞬0平1消0】▼ 3▼4△4
ベルーフ      【瞬1平2消0】± 0▼2△5 ▼ 7▼ 9△ 8 ▼4▼2±0
【2着馬】
デボネア      【瞬0平1消0】▼ 2▼2▼3
マイネルロブスト  【瞬2平1消0】△ 1▼3△2 ▼ 4▼14▼ 2 ▼5▼3▼3
アクションスター  【瞬2平0消0】▼10▼7△6 ▼ 2▼ 8± 0
キングズオブザサン 【瞬1平1消0】▼ 4▼2△1 ▼ 2▼ 9± 0
ブラックバゴ    【瞬2平0消0】▼10▼7△7 ▼14▼ 7△13

瞬発戦、平坦戦のどちらかがあればOKという感じなのでこれだけだと絞り込むのは困難でしょう。
大きめの加速実績もなくても可で連続加速実績だけはあった方がベターという傾向です。

時計の掛かるレースでタフな流れになりやすいのでスタミナは問われそうです。
前走1800m以上のレースを使って来た馬が4-4-5-49で有利となっています。
前走1600m以下で馬券になった2頭は朝日杯で2着になったマイネルロブストと7着(2番人気)のプレイアンドリアルの2頭だけとなっています。
しかもこの2頭には札幌2歳S(1800m)で3着以内に入った実績がありました。
これぐらいの馬でないと厳しいでしょう。
今年のメンバーではアドマイヤモラール、カミノライデン、ダイチラディウスの3頭は厳しいと言えます。
前走朝日杯FS4着で1800〜2000mで連対経験のあるダイチラディウスは一応圏内か。

タフなレースになりやすいのでどちらかといえば先行馬よりも差し馬有利の傾向となっています。
中団から差せる馬で前走上り2位以内という馬の好走率は高いです。
前走の上り2位以内だった馬の成績は4-3-3-26となっています。
3位以下で勝利したのはプレイアンドリアルのみです。
但し、差し馬有利といっても直線の短い中山なので直線のみで差しきるのは困難。
前走4コーナー10番手以下だった馬の成績は0-1-0-17となっています。

今年の出走メンバーでは
ウムブルフ、プロフェット
の2頭が有力候補。
前走4コーナー15番手のメートルダール、連続加速実績がないルネイション、前走上り3位以下だったユウチェンジが次点でしょう。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【京成杯 考察】(本命ドリパス)12.01.12
 弥生賞は3連単的中11.03.09
 ラップギア・プロスペクト 2209.09.15


 00:23

◆【フェアリーS 考察】(本命ドリパス)

人気競馬ブログ 『競馬』という名の推理小説 、本命ドリパスさんからの寄稿です。
ラップギアを介した競馬の見方、その参考になると思います。 (岡村)

-----

【フェアリーS 考察】

11年 34.0-23.1-36.6 =1.33.7 △2▼3△6 平坦戦
12年 35.7-24.6-35.2 =1.35.5 ▼3▼7±0 瞬発戦
13年 35.7-24.0-35.0 =1.34.7 ▼5▼2△9 瞬発戦
14年 36.1-24.3-35.9 =1.36.3 ▼1▼7△7 瞬発戦
15年 35.7-24.3-35.2 =1.35.2 ▼3▼2△8 平坦戦

3〜4コーナーで連続加速となりやすいので小回り適性が重要、かつレースの上りが35秒以上掛かるのでパワーも同時に必要というレース傾向だと思われます。
過去5年の勝ち馬のはファルブラヴ、ダイワメジャー、ネオユニヴァース、ヴァーミリアン、ロサードという産駒でディープインパクトやキングカメハメハ産駒は2着3着までという血統傾向からもそれがうかがえます。
連対馬10頭のこのレース以後の重賞での連対実績は
スピードリッパー クイーンS2着
ぐらいであまり出世レースとは言い難く3歳クラシックとは縁遠い状況です。
過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
ダンスファンタジア 【瞬2平0消0】▼10▼ 7△ 8 ▼8▼9△ 5
トーセンベニザクラ 【瞬4平0消0】▼15△ 5△ 5 ▼8▼2△ 2
クラウンロゼ    【瞬1平0消0】▼11▼ 8△ 3
オメガハートロック 【瞬1平0消0】▼ 6▼ 8△ 3
ノットフォーマル  【瞬0平2消0】± 0▼ 1△ 9 △6▼1△6
【2着馬】
スピードリッパー  【瞬2平1消0】△ 1▼ 3△ 4 ▼5▼8± 0 ▼6▼7△3 
マイネエポナ    【瞬1平0消0】▼ 7△ 2△ 4
ウキヨノカゼ    【瞬1平0消0】▼ 5▼ 4△ 3
ニシノアカツキ   【瞬1平0消0】▼ 7▼10△20
ローデッド     【瞬0平0消1】△ 2△ 4± 0

14年までは瞬発戦実績が重要でしたが昨年は瞬発戦実績なしの馬のワンツーで非常に難しいレース。
それまでのレース実績を見てみるとノットフォーマル以外は1600m以上のレースでの勝利経験がありノットフォーマルも1500m2着1800m3着という実績はありました。
1400m以下でしか実績のない馬は不利なレース傾向となっています。

1600m以上の距離実績があって桜花賞やオークスに縁遠いような血統の馬を狙うべきレースということでしょう。
連続加速での瞬発戦実績があればベターという感じ。
今年の出走馬では
コパノマリーン、ダイワドレッサー、レッドシルヴィ、ラブリーアモン、クードラパン、ルミナスティアラ、ハマヒルガオ
辺りが買いたい馬だが枠順を加味するとダイワドレッサーが面白そうです。
ただでさえ難解なレースなのに大混戦なメンバー構成で…。

(本命ドリパス)

 ブログ内 関連記事
 ◆【フェアリーS 考察】(本命ドリパス)13.01.12
 ■ 【フェアリーS 考察】(本命ドリパス)12.01.08
 ラップギア・プロスペクト 3710.01.13


 12:14

◆更新情報

中山11Rのポルックスステークスにはグロリアスノア(牡10歳)が出走。まだ現役だったんだ。前々走が5年以上前という記録的な間隔。2010年根岸Sでは◎単勝45.9倍で勝ってくれた思い出の馬なのだが、2年半前のひと叩き(笑)で どこまで変わってくるかな。

ついでに言うと、ポルックスステークス。これはシリウスやプロキオンと同じく恒星の名前。 「冬のダイヤモンド」 を構成する恒星はシリウス、プロキオン、アルデバラン、カペラ、リゲルの順にJRA競走名となり、15年の歳月をかけ、ついにこのポルックスで完成の運びとなった。

シリウス   1990年〜 (1997年に重賞昇格)
プロキオン  1991年〜 (1996年に重賞昇格)
アルデバラン 2007年〜
カペラ    2008年〜 (2015年に重賞昇格)
リゲル    2012年〜
ポルックス  2014年〜

それとは別に、シリウスとプロキオン、ベテルギウスで 「冬の大三角形」。こっちのほうが有名かな。

ベテルギウス 2000年〜


冬の大三角 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%AC%E3%81%AE%E5%A4%A7%E4%B8%89%E8%A7%92


 21:20

◆更新情報

競馬最強の法則WEBラップギアラップギア

2016/01/05(火) の ラップギアWEB を更新しました。

2014年の「京都、阪神の1600m重賞」はディープインパクトの産駒が席巻。11戦10勝という驚異的な成績を残していた。

20140125 京都金杯   エキストラエンド  ディープインパクト
20140112 シンザン記念 ミッキーアイル   ディープインパクト
20140125 京都牝馬S  ウリウリ      ディープインパクト
20140321 アーリントン ミッキーアイル   ディープインパクト
20140328 チューリップ ハープスター    ディープインパクト
20140413 桜花賞    ハープスター    ディープインパクト
20140427 マイラーズ  ワールドエース   ディープインパクト
20141115 デイリー杯  タガノエスプレッソ ブラックタイド
20141123 マイルCS  ダノンシャーク   ディープインパクト
20141214 阪神JF   ショウナンアデラ  ディープインパクト
20141221 朝日杯FS  ダノンプラチナ   ディープインパクト

唯一勝てなかったデイリー杯2歳Sはディープインパクト産駒の出走がゼロで、そのデイリー杯2歳Sを勝ったタガノエスプレッソの父・ブラックタイドは、ディープインパクトの全兄でもある。

ところが年が明けて2015年になると一転、結局ディープインパクトの産駒は「京都、阪神の1600m重賞」をひとつも勝てず、11戦0勝という成績に終わってしまった。

2014年の延べ25戦10勝から、2015年は延べ27戦0勝に。

いくらディープインパクトの産駒がこいうったコースに向くとは言っても11戦10勝は出来すぎで、これがデータの振り幅というモノなのか。11戦10勝が出来すぎだとするならば、データは適正な値に収束するために、逆の方向にバイアスがかかるはずなのだ。 「データの現在値」 だけで判断してはいけないという好例であり続きを読む


 22:34
ラップギアについて
LINE@

LINE ID : @keiba_jp

ラップギアに関する質問等にお答えします。ラップギアに限らず、競馬全般フリートークも大歓迎。メールでのお問い合わせ よりダンゼン気軽。まずは登録、友だちになろう!

LINEメニューの 「友だち追加」 で 「ID検索」 を選択して、 「 @keiba_jp 」 と入力して検索してください。

アット、競馬、アンダーバー、ジェーピー (最初の @ も忘れずに)。

もしくは 友だち追加 ボタン or QRコード にて
友だち追加数
スマートフォンでご覧の方は、「友だち」追加ボタンをタップして登録。
※スマホとかの無料LINEアプリ が必要です。たぶん。

※1対1トークは、他の人にトークの内容を見られることはありません。個人的な対応、1対1の個別チャットとなります。
Link Site
競馬最強の法則WEB
TARGET Diffusion
みんなのお金儲けアンテナ
競馬中毒者を救済します(゚Д゚)
海鳥屋
競馬ウォッチ
うまなり研究所
激アツ!2ch競馬
神競馬.com
[RBN] RACING BOOK.NET
当たる競馬予想アンテナ
単勝で89,500円稼いだ凡人
20年投資した予想師のまとめ
とりおやこ式「たのしくマジメに」
ハロン棒ch
あなた任せの競馬予想
穴馬と危険な人気馬
おかぴぃのおかぴな競馬予想
ターフの真ん中、日曜日!Blog
だいたい来るよー?
競馬総合まとめ速報
むらけん's blog 〜競馬予想〜
うまなみ競馬ニュース速報
激走!データ競馬ブログ
神競馬アンテナ
競馬予想まとめ
馬券で回収率120%を目指す
ガラスの競馬場
稀に的中?3代血統で重賞予想
ゆたぽんの日々是競馬
みんなのお金儲けアンテナ
アナコー 穴馬を攻略するブログ
うまちゃんねる
ギャン速2ch
依って件の如し
勝負師の競馬徒然草
競馬データによる必勝法
競馬ろまん亭
TAROの競馬
カツラギ.com(無)
逆神.com
たまごとみんなの競馬ブログ
神競馬2nd
TARGET競馬II
徒然競馬日記
にんじんch
伊吹雅也とビールを飲もう
破滅へのカウントダウン
血統フェスティバルblog
うまっけアンテナ
追い切り重視の競馬予想
はちまんの競馬と囲碁
ギャンブルまとめアンテナ
デジタル競馬ドットコム
打ち上げ花火
2ch的競馬ニュース
ガラスの競馬場
競馬@予想
オヤジカラノテガミ
競馬あんてな ∈・^ミ
『競馬』という名の推理小説
中央・地方・南関競馬予想
競馬SevenDays
なみだの砂けいばBLOG

おすすめサイトRSS(更新順)
Mail to
ラップギア☆ブログ および
ラップギアWEB
リンクフリーです。

okamura@japan.email.ne.jp
簡易メッセージを送信
ラップギア 定点観測
プログ内記事 Google検索
プロフィール